なぜ痒くなる!?蕁麻疹の原因と対処法

蕁麻疹の痒みのメカニズムを説明します。
原因と対処法を知れば、予防にみつながるでしょう。
あなたの蕁麻疹はどの分類なのでしょうか?

view4703

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蕁麻疹とは

  • 痒みから気づく蕁麻疹

     

    蕁麻疹を放っておく前に、原因を探りましょう。

  • 蕁麻疹(じんましん)は、急性皮膚病の一つ。元来は全てアレルギーが関与していると考えられていたが、必ずしもそうではないものも含まれる。蕁麻疹の一種に血管浮腫(クインケ浮腫ともいう)と呼ばれる病態がある。また、アナフィラキシーショックの一症状として蕁麻疹が出現することがある。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 症状

  • 蕁麻疹はみみず腫れとも呼ばれます。

  • 皮膚の灼熱感・かゆみを伴う発疹が生じる。数分〜数時間で消退するが、発作的に反復して発疹が起こる。
    発疹の特徴として、軽度の膨らみをもった「みみず腫れ」を特徴とし、医学用語では膨疹(ぼうしん)と表現する。
    気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死亡することもある。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 食べ物が原因になることもあります。

  • 食物性蕁麻疹

    原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。アレルギー性蕁麻疹の一つ。サバなどの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。食べ過ぎ・飲みすぎ・風邪による感染性胃腸炎などがあると、体にとって異物とみなされる不純物(抗原物質)が吸収され蕁麻疹が生じやすくなるということもあり、アレルギー反応だけでなく、何らかのプラスアルファの要因が加わって生じることも多いと考えられる。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 薬による蕁麻疹もあります。

  • 薬剤性蕁麻疹

    薬剤によるアレルギーである。薬剤摂取後30分以内に起こるのが通常。抗生剤・NSAIDの頻度が高い。
    2〜3年以上続く慢性蕁麻疹の中には、膠原病や内臓疾患を合併していることがある。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 暑かったり寒かったりも原因になります。

  • 物理性蕁麻疹

    機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などで誘発される場合がある。寒冷により生じる寒冷蕁麻疹もこの一つで、冷たい飲み物(ビール、ジュース、水)を一気に飲むと咽頭や喉頭に浮腫を生じ呼吸困難になりやすい。みみず腫れは接触による膨疹が線上に配列し融合することで生じる。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 日光

  • 日光蕁麻疹

    日光被曝により起こる蕁麻疹。膨疹は日光の当たった皮膚に限局して現れ、日光を避けると1〜2時間くらいで痕跡を残さず消えていくのが特徴である。波長の違いで6型に分類されている。光のエネルギーにより皮膚の成分が修飾されて構造が変化し、それが抗原となって即時型アレルギー反応が成立するという意見もあり、アレルギーの関与はまだ完全には否定できていない。なお、似た症状をもつ疾患として多形日光疹があり鑑別が必要である。多形日光疹は日光照射後数時間してから発疹が現れ,発疹が数日間持続するという違いがあるので、その臨床経過で鑑別が可能である。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • ストレスが原因の場合もあります。

     

    なるべくストレスを溜め込まず、発散させるように心掛けましょう。

  • コリン性蕁麻疹
    発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。一過性であり、汗をかくたびに生じる。発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でアセチルコリンが分泌され膨疹が生じるというものがある。また、心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。
    出典 :蕁麻疹 - Wikipedia
  • 蕁麻疹の対処法

  • じんましんが現れた場合、全身の皮膚が赤くなったり、血圧降下や呼吸困難などの症状が出た時には、急いで救急車を呼ぶなどの緊急の対処が必要です。

    また、緊急性はなくても日常生活を送る上で耐え難いほどのじんましんが現れることがあります。

    症状が30分以内で消える場合は、さしあたり様子を見るだけでいいでしょう。

    しかし、半日以上、特に1日以上継続するような場合はじんましん以外の病気も考えられるので、専門医に診てもらった方がいいでしょう。
    出典 :じんましんの正しい対処法
  • 対処法は人それぞれ

     

    自分の蕁麻疹に合わせて、対処法を見つけましょう。

  • 対処法としては、寒冷じんましんは患部を温めると治ります。

    それ以外のじんましんは患部を冷すとかゆみが和らぎます。

    なかにはシャワーを浴びると治まるという人もいます。

    いくつか試すなかで、自分にとって最もかゆみが納まる方法を見つけるといいでしょう。
    出典 :じんましんの正しい対処法