気になる!30代お肌について

30代は20代と比べ肌質が変わり、また悩みも変わる年齢です。

また、老化現象が肌表面に現れはじめ、肌の衰えを感じやすくなり真皮層では

肌の弾力成分であるコラーゲンの生成力が衰え、シワやたるみが起こりやすくなります。

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 30代の肌の現状 

  • 30代ケアするかで40代の肌が決まります

  • 以前は「25歳はお肌の曲がり角」と言われていましたが、最近では生活環境の変化で曲がり角は20歳から始まっているとも言われています。

    20代のお手入れで30歳からの素肌に差が出ると言う佐伯さん。また、30代は“言い訳世代”とも。仕事や子育てを言い訳にして、肌のお手入れを怠っている30代が少なくないと言います。
    出典 :30代からでも遅くない!佐伯チズ流スキンケア術・洗顔法 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
  • 早寝早起きをしよう。

  • お肌を美しくしてくれるホルモンは、午後10時から午前2時の間にたっぷり分泌されます。そこで、この時刻には、ベッドの中でぐっすり眠りたいもの。

    寝ることにより、このホルモンはたっぷり分泌されるのです。日頃お忙しい女性のみなさん、生活時間を改善して、この時間は眠るようにしましょう。
    出典 :30代からのお肌のお手入れ術 | nanapi [ナナピ]
  • 規則正しい生活をしましょう。

  • どんなに正しいスキンケアをしてもストレスによってホルモンバランス崩し

    ニキビや肌荒れをおこしてしまっては、全て水の泡。

    ストレスは上手に解消し、睡眠や栄養もしっかり摂る事も

    大事なケアとなるので、体の状態もきちんとみましょう。



    肌力が徐々に衰えてきて、肌の曲がり角とも言われる30代。

    潤いの足りない肌は、「しみ」「しわ」「毛穴トラブル」と

    あらゆる肌トラブル・肌老化の原因になってしまいますので

    しっかり水分を与えることを忘れずにケアを行ってください。

    また、30代からは中から肌質がどんどん変わっていくので

    後々の肌の状態を維持したままいくには大事な年齢となります。

    なので、しっかり整えていきましょう。
    出典 :30代のお手入れ方法-お肌の手入れ方法なら!「肌ケアCOM」
  • 毎日お肌を手入れすること!

  • 口元・目元など部分ごとにカサつきを感じるのは年齢を問わず

    皮脂線が少ないからですが30代はまだまだ皮脂の分泌も活発です。

    顔全体に毎朝同じ量の化粧水と美容液のケアをしても

    逆にトラブルを招いてしまうかもしれません。
    出典 :30代のお手入れ方法-お肌の手入れ方法なら!「肌ケアCOM」
  • 紫外線予防は忘れずに!

  • しっかり紫外線予防して外に出ましょう!

  • 20代でも紫外線予防は欠かさずしないといけないのですが

    もちろん30代も大事になってきます。特に30代は乾燥が1番の敵。

    紫外線は、肌を乾燥させたり敏感肌にしてしまいます。

    そうなるとシワが深くなったり皮膚の抵抗力や代謝機能が衰え

    シミもできやすくなり肌の状態をいっそう悪くしてしまいます。

    なので紫外線予防は年間通して欠かさず行いましょう。
    出典 :30代のお手入れ方法-お肌の手入れ方法なら!「肌ケアCOM」
  • パッティングがオススメ・・

  • パッティングには肌を冷やし、ほてりを押さたり毛穴の閉まり

    皮脂の分泌を少しですが押さえる効果があります。

    ですが毎日繰り返すことが必要です。
    出典 :30代のお手入れ方法-お肌の手入れ方法なら!「肌ケアCOM」
  • うるおい補給を心がける!

  • 30代のお肌について

     

    化粧水、乳液でのケアもお忘れなく!

  • 洗顔後、保湿効果の高い化粧水、乳液などで、肌を内部からしっとり潤わせる事。

    水分と脂分を整えることで肌のバリア機能が高まりトラブルを回避させます。

    また目もとなど部分的には、美容液をプラスしてケアすると尚良いでしょう。
    出典 :30代のお手入れ方法-お肌の手入れ方法なら!「肌ケアCOM」
  • 30代のおはだについて・・・

     

    便秘はお肌のトラブルとも言われるとおり、大敵!大腸の中をいつもきれいな状態を保つことにより、それがお肌にも影響を与えるのです。

    そこで、私は、便秘なしの体作りが美容に大変重要だと考えます。

    便秘の防止には、様々な方法がありますが、特に私は、「プルーン」と「寝起きの1杯の水」をお勧めします。

    「プルーン」は食べ過ぎてはいけません。1日につき3個までがいいでしょう。それ以上食べると、下痢になるおそれがあります。

    また、「寝起きの1杯の水」は習慣化されることが大切です。胃に水が入ることにより、内臓活動が活発になり、排便をもたらします。毎日続けましょう。