え?「わさび」で若さをキープ?アーリーアンチエイジング効果がスゴイ!

あのお寿司やお刺身に欠かせない「わさび」に、
なんと老化を抑制する効果、アーリーアンチエイジング効果があるそうです!
今まで何気なく食べていた「わさび」・・・
もう一度、見直してみましょう!

view567

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「わさび」の色々な効能

     




       そもそも「わさび」ってどのくらい体に良いの?

  • 抗菌・抗カビ効果

     



    わさびや西洋わさびには種々の芥子油類が含まれています。これらの芥子油類には抗菌活性があることがわかっています。 これらの成分のうち、多く含まれているアリル芥子油(辛味成分)は揮発した状態で抗菌活性が強く、食中毒菌である腸炎ビブリオ、サルモネラ、O-157などに増殖抑制効果があります。 また食中毒菌だけでなく、酵母やカビに対する作用も強いことが証明されています。

    引用)http://www.kinjirushi.co.jp/dictionary/kounou/kounou.html

  • お寿司やお刺身と一緒に食べられていた理由が、ここにあるんですね。

  • 食欲増進作用 

    わさびの辛味成分であるアリルからし油が魚の生臭さを分解し、食欲を増進させる作用があります。また、独特の香りと辛味が胃を刺激して食欲と消化をサポートしてくれます。
    出典 :わさびの効果・効能 < 独鈷沢わさび園 >
     

    確かにあの香りは食欲を増してくれますね!

  • 抗ガン作用 

    6-メチルスルフィニヘキルシからし油が、ヒト胃ガン患者のリンパ節転移由来細胞の増殖を抑制したという結果が報告されています。

    出典 :わさびの効果・効能 < 独鈷沢わさび園 >
     

    抗癌作用まで!

  • その他にも、こんなに色々な効果が!

  • ・血栓予防作用 血液凝固を防ぎ、血管が詰まるのを予防できます。
    ・骨増強作用 わさび抽出物の成分で骨量増進作用を有することが動物実験で報告されています。
    ・下痢止め作用 腸管粘膜下における塩素イオン分泌を抑制するため、下痢止めの作用が期待されています。
    ・防カビ 空気中には充満したわさびの揮発性ガスがその繁殖を抑え、目に見えない胞子やカビの根までしっかり退治します。
    ・抗虫作用 わさびの揮発性の刺激が虫の諸感覚にダメージを与え防虫効果が期待できます。客室、クローゼット、リネン室など 効果的に防虫できます。
    ・リウマチや神経痛など すりおろしたわさびを布に薄く伸ばして患部に10分くらい貼るとよいです。

    出典 :わさびの効果・効能 < 独鈷沢わさび園 >
     

    防虫効果まで!さまざま効果があってビックリですね!

  •  





        「わさび」で“アーリーアンチエイジング”

  • ■本わさびだけに含まれる高い抗酸化効果のスルフィニル

    わさびにはアリルイソチオシアネートの他にスルフィニルという高い抗酸化力がある成分が含まれています。スルフィニルとは、本わさびの根茎に多く含まれる成分で、含有量は微量ではあるものの、大変貴重且つ、非常に強力な抗酸化力があるのです。スルフィニルの抗酸化力は少し変わっています。既に活性酸素が発生したものを取り除く効果が期待されるポリフェノールなどと異なり、活性酸素の発生自体を抑制してくれるため、スルフィニルはアーリーアンチエイジングという点においても大きく期待出来るのです。
    出典 :使わないなんて損!わさびでアーリーアンチエイジング | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    活性酸素の発生自体を抑制って、スゴイ!これこそ、アーリーアンチエイジングですね!貴重な成分らしいので、是非積極的に摂りたいですね。

  • イソサポナリン

     


    本わさび葉に機能性を発見=肌細胞のコラーゲン産生促進作用

    ヒトの皮膚細胞に本わさび葉抽出物を作用させ、産生されるコラーゲンの量を測定したところ、コラーゲン産生が約20%促進されました。皮膚細胞が生産するタンパク質のうちのコラーゲンを、コラーゲン量(ng/μg protein)として表しました。

    引用)http://www.wasabi-labo.jp/function/leaf/

  • わさびで反射神経年齢が若返る

    わさびに含まれる辛味成分イソチオシアネートが味覚を刺激して脳の血流が向上し、脳細胞が活性化し脳の反応速度が向上する。また、イソチオシアネートは血小板の固まりを溶かし、血液の流れをサラサラにする効果もある。
    出典 :わさびの若返り効果: 新科学と健康と雑学
     

    脳にまで効果が!反射神経って、年を取ると衰えますからね~・・・これは嬉しいです!

  • スルフィニルが抗酸化物質GSTを活性化

    人間の体にはもともと抗酸化力をもつ物質が備わっている。その一つがGST(グルタチオン-S-トランスフェラーゼ)である。GSTは、1つ1つの細胞の核から生まれるため、全身に存在している。GSTは、活性酸素をはじめとする毒素が現れると発生し、活性酸素や毒素を無毒化し尿や汗とともに体外へ排出される。GSTは、加齢とともに働きにくくなり、活性酸素の除去能力が低下する。わさびを摂ると、スルフィニルが小腸から吸収され、およそ24時間体内を巡り続ける。スルフィニルが細胞にやって来ると、毒素と勘違いをしてGSTが発生する。活性酸素が発生する前にGSTが存在するため、活性酸素が発生しても、すぐにGSTが活性酸素を除去し、細胞が傷つけられるのを未然に防ぐことができる。肝臓では特に多くのGSTが発生し、活性酸素や有害ミネラルなどの毒素を無毒化している。スルフィニルは本わさびの細胞の中にブドウ糖と結合した形で存在している。本わさびをスルことで細胞が壊れ、別の細胞にあった分解酵素がスルフィニルとブドウ糖の結合を断ち切り、スルフィニルが外に出てくる。
    出典 :わさびの若返り効果: 新科学と健康と雑学
     

    わさびが活性酸素を抑える機能を目覚めさせるってわけ?しかも、本ワサビをスルこと自体にも意味があるとは・・・どこまで良くできているのでしょうか・・・まさに神秘的な自然の力!