妊娠に備えて体を整えよう。巷で人気のマタニティヨガ

マタニティヨガは妊婦さんのためのヨガです。
無理なくできるのでオススメ。
DVDや本を見てはじめてみよう。

view565

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • マタニティヨガが大人気

  • ヨガの先生との話しでまた一つ目標が増えた♡子どもが出来たらマタニティ通って、生まれたらリカバリーで、キッズヨガ通わせる(^-^)自分の子どもと一緒に成長できるの楽しみだな〜( ´ ▽ ` )ノ必ず叶う!
     

    楽しそうですね

  • マタニティーヨガの教室などには通ったことはありません。
    が、DVD付きの本を見てほぼ毎日やってました。

    わたしには合っていたようです。
    1人目のときは散歩や自宅での踏み台昇降運動などしましたが、妊娠後期の足のむくみがひどく、臨月はかなり身体が辛かったんです。
    そして2人目妊娠中期、腰痛が出たときにマタニティーヨガを始めてみました。
    そうハードな運動ではないのですが、わたしには合っていたようで腰痛も治り、1人目のときに悩まされた足のむくみは全く出ませんでした。
    体力づくりというよりは、妊娠中滞りがちな血流が良くなる感じでしょうか。
    後は何と言っても呼吸法、リラックス法はお産の役に立ちました。
    無駄に力むことなく、リラックスして、なおかつ必要なところにはグっと力を入れることが出来るように自然となっていたみたいです。
    出典 :マタニティーヨガ効果は? : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    DVDを見ながらですね。無理なくできたそうです。

  • 大好評のようです。

  • マタニティヨガをしたらどうなるの?

  • その効果とは!

  • マタニティヨガをすることで、

    運動不足を解消し、体調が整うことで、身体が元気になります。
    骨盤が整い、股関節も柔軟になり、安産になります。
    体調が良くなり、心も安定して、妊娠生活を楽しく心地よく過ごせます。
    お産に対する不安や恐怖が和らぎます。
    安産のための呼吸法、リラックス法が身につきます。
    おなかの赤ちゃんとの絆が深まり、産後の子育てが楽しくなります。
    出典 :ビジョンヨガ公式ホームページ - マタニティヨガ
     

    なるほど!いたせりつくせりなんですね!

  • 注意点!大事な体は大切にしよう!

  • ・無理をしない。
    ・疲れたら中断する。
    ・お腹が張る時は控える。
    ・食前食後2時間は避ける。
    ・不安な時は担当医に相談してから。
    ・妊娠初期の体調が悪いときには控える。
    出典 :マタニティヨガとは
     

    何より体が大事。ちょっと無理するくらいならいったん休憩をしよう。

  • やる時期には気をつけよう

  • マタニティヨガはいつから、何時まで取り組めるのかというと、

    いつから
    ・・・安定以降(妊娠16週~)
    いつまで
    ・・・出産間近(お産直前)
    出典 :マタニティヨガに取り組める時期
     

    安定してからですね

  • マタニティ・ヨーガは、つわりの時期が治まった4ヶ月くらいから始めます。
    始める前に、医師に相談するとよいでしょう。
    朝起きたときや、夜寝る前など、リラックスできる時間に、
    静かな場所でゆったりと行います。
    体操の途中で気分が悪くなった場合には、すぐに横になって休みます。
    自分でからだの調子を見ながら、無理をしないようにしましょう。
    出典 :マタニティー・ヨーガ:babycom(ベビーコム)
     

    きちんと医者に相談しよう

  • ネコのポーズ

  • ポーズも紹介するよ

  • 1.よつんばいの姿勢になって、手とひざを肩幅に開きます。



    2.息を吐いて、次に吸いながら顔を天井に向け、背中を反らせていきます。

    このとき、意識的にヒップ・アップの要領でお尻を高く上げ、
    おヘソを床のほうへ落とすようにします。



    3.息を吐いて、こんどは頭を腕の中に入れて、背中を丸め上げます。
    ひじは曲げないように、腕や脚が床に垂直になっているか注意して下さい。
    背中全体がパラシュートを開いたときのように、
    丸く開くような感じまでもっていきます。
    出典 :マタニティ・ヨーガ/ねこのポーズ:babycom(ベビーコム)
     

    簡単だね

  • 休息のポーズ

  • ポーズとポーズの合間には、くつろぎであお向きになります。
    このときはお母さんはお腹の赤ちゃんにお話しをする時間です。お母さんがくつろいでいると赤ちゃんはお腹の中でたくさんたくさん動きます。小さな手が動いたり元気な足が動きます。
    お母さんがつらいポーズを作ると赤ちゃんは心配そうに動くのをやめます。

    一つのポーズが終わり、次のポーズを行う前や、ヨガの最後には休息のポーズをします。

    1.仰向けに寝て目を閉じます。
    手のひらは上向きで、楽に開いて身体から離して横に、足は肩幅くらいに開きます。

    2.ゆっくり腹式呼吸をします。
    出典 :マタニティヨガポーズ – マタニティヨガと妊婦の注意点 マタニティヨガガイド
     

    なんと休むこともヨガの一部だったのですね。

  • 本を手にとって挑戦しよう

  • やっぱりDVDは分かりやすい