脳卒中には、何らかの前兆があります。その前兆とは?

view438

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳卒中は突然、起こることが多いのですが、それ以前に危険因子や発症原因となる何らかの「前兆」があります。

  • 脳卒中の前兆

  •  
  • 脳卒中危険度チェック

  • 脳卒中とはどんな病気

  •  
     

    「脳卒中」「脳血管障害」は一般的につかわれる用語で、専門的には「脳血管疾患」といいます。

  • 2つの脳血管障害

  • 詰まる場合と出血する場合

     
     

    脳の血液が詰まって流れなくなることは「脳梗塞(のうこうそく)」、脳の血管が破れて出血したりすることは「脳出血」と呼ばれています。

  • 脳梗塞

  •  
  • 脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞・ラクナ梗塞

     
     

    脳の細かい血管が狭くなり、詰まるのがラクナ梗塞です。日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧によって起こります。ラクナは「小さなくぼみ」という意味です。

  • 脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞・アテローム血栓性脳梗塞

     
     

    動脈硬化で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因です。

  • 脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞・心原性脳塞栓症

     
     

    心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。長嶋茂雄さんは、このタイプの脳梗塞です。

  • 脳出血

  •  
  • くも膜下出血

     
     

    脳出血で最も怖いのが、くも膜下出血です。脳の表面をおおう膜のひとつである「くも膜」の下に出血がある状態をいいます。原因は、「脳動脈瘤」の破裂によることがほとんどです。

  • 脳卒中の予防