とても気になる口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスってすごく気になりますよね。なんといって唇にできるので、人と会うのが億劫になってしまうほどです。どうしてそうなるのか、どうやったら治るのかなどについてまとめてみます。

view898

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、そもそも口唇ヘルペスとは?

  • くちびるの周りに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みが気になる・・・。疲れやストレスがたまって体が弱っているときに決まって繰り返す・・・。これが口唇ヘルペスの一般的な症状です。早めの治療で、気になる症状も早くよくなります。うまく対処するために、口唇ヘルペスがどんな病気であるか、治療法、日常生活の注意点を知っておきましょう。
    出典 :口唇ヘルペスとは?|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト


  • 日本人では10人に1人が口唇ヘルペスにかかったことがあると推計されています。しかし、症状は出ていなくても原因である単純ヘルペスウイルスに感染しているという人はもっと多く、20代~30代で感染している人は約半数、年齢が高くなるにつれその感染率も高まり、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。中には自分が感染していることに気づいていない人もいるでしょう。
    昔は、子どものうちに誰もが知らずに口唇ヘルペスに感染して免疫を持っていました。単純ヘルペスウイルスに感染して免疫ができると、発症しても軽症ですみます。逆に、大人になってからはじめて感染すると(これを初感染と言います)、症状が重症化することがあります。しかし最近では、衛生状態の改善や核家族化の影響により、特に若い人の感染率が減り、免疫を持っていない人も増えてきています。
    出典 :口唇ヘルペスってどんな病気?|口唇ヘルペスとは?|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
  • 原因はウイルスなのです!

  • 口唇ヘルペスの病原体は「単純ヘルペスウイルス」です。ウイルスというのは、1ミリの1万分の1くらいの大きさ(150nm)で、核酸(DNAまたはRNA)とタンパク質だけでできています。この最も小さな生き物たちは、自分では子孫をつくることさえできません。そこで、他の生き物の細胞の中に入り込んで、その細胞の材料を拝借しながら自分の子孫(コピー)をつくり出します。これが感染です。誕生した多くのコピーウイルスたちは、やがて細胞を出て、次々と新しい細胞に感染していくのです。
    はじめて単純ヘルペスウイルスに感染しても、小児の場合、明らかな症状が出るケースは多くありませんが、新生児、幼児、思春期以降では症状が出ます。ヘルペスウイルスは、一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れ潜んでしまうのです。これがヘルペスウイルスの特徴である「潜伏感染」です。ウイルスが神経細胞の中でじっと潜伏している間は、ヘルペスの症状は出てきません。ところが、体の抵抗力が衰えているときなどに、急に出てきて暴れ出すのです。
    出典 :原因はウイルスです|口唇ヘルペスとは?|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
  • こちらテレビにも頻繁に出演しているあの先生が、口唇ヘルペスについて解説している動画です。

  • 「口唇ヘルペス」【吉田たかよし】90秒でわかる 医学解説その17

  • 他人との接触で感染する可能性があります。

  • 症状が出ている時期はウイルスを大量に排泄しています。この時期に患者に接触した人で、単純ヘルペスウイルスの抗体を持っていない人や、持っていても抵抗力が落ちている人は感染する率が高くなります。感染した場合、接触した日から3~7日の潜伏期間を経て発症します。自分自身の患部に触れた場合、きちんと手洗いをしなければ、数時間は感染する可能性があります。なお、アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリアー機能が低下しているので、症状が重症化することがありますので注意が必要です。
    出典 :口唇ヘルペスってどんな病気? ~ティーペック健康ニュース
  • 201310 1 314健康講座 口唇ヘルペスはキスでうつるの?

  • 治療方法について

  • ひどいときには病院に行くのが一番です

  • 口唇ヘルペスにかかるとかゆいのは勿論ですが、
    女性の場合 見た目も気になってお化粧で隠そうとしても症状が却って悪くなるので、だいたい2週間くらいで治るとわかっていても薬で一日も早く治療したいかたも多いと思います。

    感染力が強いウィルスなので、早く治さないと他に感染するとこわいですよね。
    そのためにも専門家の皮膚科に行くことをお勧めします。

    病院に行くと 治療法としては抗ウィルス薬の投与や二次感染予防のために抗生物質を用いる場合があります。

    でも病院に行く時間の無い方には市販薬のテレビCMでお馴染みのアクチビア軟膏もあります。

    このアクチビア軟膏は、アイクロビルという医療用成分が含まれててウィルスの増殖を抑えてくれる強い味方です。

    また初めて口唇ヘルペスになった方に市販で買える漢方薬「銀翹散」も良いそうです。
    でもやはり的確な診断をしてもらったほうが安心ですね。

    予防法としては、なんと言ってもストレスを抱えて体力や抵抗力を落とさないようにしてバランスの良い食事と十分な睡眠が一番です。

    口唇ヘルペスは、感染力が強く家族間でもタオルなど一緒に使うことはしないで、洗濯したら出来る限り日光に当てましょう。

    コップも要注意です。食器は、きちんと洗剤で洗いましょう!

    患部は、清潔にして水ぶくれは破らないことです。
    破ると痕が残ったりするので気を付けましょう。
    出典 :口唇ヘルペスの原因と症状:治療法
  • gsk TVCM「口唇ヘルペスの再発治療薬:アクチビア軟膏」

  • 予防するには?

  • それでは再発を防ぐために、どんな予防方法があるのでしょうか?

  • 口唇ヘルペスは免疫力が落ちているときに再発します。再発する頻度は平均すると1年に2回。感染している人はまず、日常生活を見直して自分がどんなときに再発するかを思い起こし、その状況をできる限り避けることが大切です。免疫力を低下させないために次のような生活を習慣にしてください。

    ●1日3食、栄養バランスのとれた食事を心がける。免疫力を高める効果のあるビタミンA・C・B1・B6を積極的に摂る。
    ●ストレス、過労を避ける。十分な休養をとり、趣味や運動など自分なりのストレス解消法を持つ。
    ●かぜをひかないよう注意する。かぜをひいたら早めに休息をとり、熱が出ないようにする。
    ●強い紫外線を避ける。海水浴やスキーなどに行く際は、UVカットの化粧品を塗ったり、帽子などでしっかり紫外線対策をとる。
    出典 :ヘルペス | 再発を予防するためにはどうすればいいの? : 病気・症状- セルフドクターネット
  • 生活習慣自体を見直すことが予防につながります。

  • 口唇ヘルペスは、体の免疫力が低下したり、ストレスによる精神的な疲労がたまったりした時に再発しやすくなります。

    そのため、常日頃から体調を万全にしておくように生活習慣の改善が勧められます。 食事は忙しい時でも1日3食食べるようにして、栄養バランスもしっかりと整えましょう。

    ストレスは意識をしていても勝手に発生してしまうものなので、溜めない様にするために休息を十分に取る必要があります。 夜更かしはしないで適度な睡眠時間を確保するのはもちろんですが、趣味や運動で積極的な気分転換も行うのも効果的です。

    口唇ヘルペスは強い紫外線を浴びた場合でも再発の危険性が高まりますので、スキーや海水浴に行く際は紫外線対策を行うのを忘れないようにしましょう。
    出典 :口唇ヘルペスの予防と対策