【意外と多い?】顎骨折をしてしまった時のリハビリ法

顎を骨折するのはスポーツ選手だけではなく、交通事故でもかなり多く日常にも危険が潜んでいるようです。あまりないと思いがちな顎骨折ですが、手術後のリハビリや食事はどうなるのか・・・?退院までの道のりをまとめました♪

  • choco 更新日:2014/05/15

view9808

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • スポーツ選手の接触プレー、そして交通事故にも多い顎骨折

  • アゴの骨折はプロスポーツの選手だけのことではありません。
    アゴの骨折は、歯科口腔外科という診療科で診断と治療を行います。
    多くの場合、転んだり、殴られたり、スポーツ事故、自転車・自動車事故などで何かに強く打ち付けた時に発生します。高齢者では、何もしなくても顎骨が自然に折れてしまうこともまれにあります。
    出典 :怖いコワい、アゴの骨折
  • あごが骨折部位を中心にずれることがあり、かみ合わせを重視した機能回復が重要となります。口腔外科での受診が大切だと思われます。
    出典 :口腔外科相談室 あごを骨折した
  • すぐに治療・手術をする事が大切

  • 骨折や外傷によって、のどが腫れたり、血の塊がのどの奥にたまったり、舌が奥に入ってしまうことがあるので、気道の確保には注意が必要ですが、死に至るケガではありません。
    出典 :夢ナビ
  • リハビリをしないと口が開かなくなり、ご飯が食べられないなんてことも・・・

  • ただ、食べ物をかめない、会話ができない、見栄えがよくないなど日常生活に大きな影響があるので、できるだけ早く、きれいに治療することが大切です。
    出典 :夢ナビ
  • 1週間前にその固定も外れたのですが、全くと言っていいほど口が開きません。少しずつ開ける練習をしていますが、朝起きると前日と変わらない状態になり、また一からといった感じです。1週間過ぎた今はやっと指1本入る程度です。
    出典 :下顎骨折についての良いリハビリ方法があれば教えてください。 - Yahoo!知恵袋
     

    口が開かないなんておそろしい > <
    きちんとリハビリをすることが大切なようです

  • ~顎骨折の時のリハビリ~

  • 回復までの道のりは「整復(元に戻す)」→「固定」→「リハビリテーション」の3段階

  • 骨折治療の基本は、体のどの部分も同じで、「整復(元に戻す)」→「固定」→「リハビリテーション」の3段階ですが、顎の骨折の場合は整復と固定が手や足のように簡単にはいきません。まず、微妙にずれただけで違和感がある歯のかみ合わせを元の状態に戻し、それから骨を固定します。骨を固定してから元に戻るまでにかかる時間は、だいたい6週間程度。
    骨を接合するプレートを埋め込む手術が一般的になっています。
    出典 :夢ナビ
  • プレートで固定している間はストローで食事を・・・

  • この間、患者は食事はできず、ストローを使って液体だけを飲むことになります。その他の治療法として顎骨骨折の多くは、骨折した両側の骨を金属プレートでねじ止めする手術で修復できます。プレート使用後の数日間はあごを動かせませんが、その後数週間は軟らかい食品を食べるようにします。
    出典 :顎骨骨折: 緊急治療が必要な口と歯のトラブル: メルクマニュアル 家庭版
  • そして口を開くリハビリをスタート!

  • 口が全然開かない。指一本くらいしか開かない。
    顎の筋肉が固まってしまったみたいです。
    また、噛む力も無くなっていました。

    今度は口を開けて物を噛むリハビリが始まりました。
    リハビリというか、もはや無理やり口をこじ開けるようにしなければなりませんでした。
    固定が外れてから2日程は相変わらずの流動食。
    その後、お粥・五分粥を経て刻み食を食べれるようになっていきました。
    その頃になると噛む力は弱いものの、口も指3本分開く様になり、退院の話も出てくるようになりました。
    指4本分開く様になったら退院にしようと医者に言われたので、頑張ってこじ開ける日々
    出典 :顔面骨折の為のぺーじ
  • とにかく手を使って口を開ける・・・

  • 手術で両顎の骨折をさせプレートで固定しリハビリしました。
    ひたすら涙を流しながら顎を手で開けるリハビリの繰り返しです。
    それを怠ると口が一生開かなくなります。(筋肉が膠着しますから)
    だから、指が4本入るまでリハビリです。
    出典 :下顎骨折についての良いリハビリ方法があれば教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • そして退院♪

     

    人によってケースは異なると思いますが、下の方は退院から半年後に口周りのチタンプレートを取る手術をされたそうです

  • やっと開く様になったのは固定を外してから2週間弱だったとお思います。
    病院食はまだ刻み食を食べていましたし、大きいものや硬いものは食べれない状態でしたが、家でも食べ物を小さく切ったり裂いたりすれば食べるのも困らないだろうという事で退院。
    事故から2ヶ月後の事です。
    出典 :顔面骨折の為のぺーじ
  • 以上が骨折からリハビリ、そして退院までの道のりです。大きな事故に遭わないよう注意したいですね・・・