痛みがないので放置。実は大変なことになる歯肉炎【まとめ】

「歯磨きをした時に血が出る…」。もしそんな症状があるならば、歯肉炎を疑ってみた方がいいかもしれません。痛みがないからといってそのままにしておくと、こわ~い歯周病になる可能性があります。早めに対応しましょう。

  • lips 更新日:2013/09/26

view698

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎って?

  • 歯肉炎とは、歯周病の中でも初期の段階で、歯ぐきに炎症が起きている状態をいいます。歯ぐきが腫れたり、歯磨きのときに血が出たりという症状が見られます。

    この段階では痛みがほとんどないため、症状に気がつかなかったり、「たいしたことはないだろう」と放置したりする人も多いようです。しかし、放っておけば症状はどんどん進んでしまうので、初期段階でしっかりケアすることが大切です。
    出典 :歯肉炎とは?|歯周病 予防ナビ
  •  

    歯茎に炎症が・・・

  • 歯肉炎になる原因

  • 歯肉炎は、普段から口の中に存在する細菌が原因で起こります。口内環境をしっかりと清潔に保てている時は大丈夫ですが、歯磨きが不十分な状態が続くと、口の中の常在菌が歯と歯肉(歯茎)の境目周辺に付着し、増殖。これは歯垢として目で見ても確認することができ、時には歯周病と同じように、歯石ができることもあります。

    歯肉の表面に付着した細菌は、歯肉の内部に侵入しようとしますが、これを防御する際に炎症が起こります。この炎症が歯肉のみにとどまっている状態が「歯肉炎」です。
    出典 :歯肉炎の原因・症状  [歯周病] All About
  • 歯肉炎の状態を放置しておくと、やがて骨の一部が溶けていく「歯周病」になります。

  • 予防方法は?

  • 歯磨きが一番の予防法ですが、磨き方にコツがあります。

  • 歯周病予防に効果的なブラッシング方法:歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45度の角度にあて、細かく(5mm程度)横に動かしてみがく。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
  • シャカシャカ歯みがき - YouTube

  •  

    せっかく歯磨きをしても、正しい磨き方でないと
    歯茎を傷つけてしまうことになります。

  • 歯肉炎の治療方法は?

  • 治療の原則は、プラークコントロールを基盤とした早期発見、早期治療です。学校歯科医やかかりつけ歯科医のもとで、早めに適正な口腔清掃指導や生活習慣を改善するための指導を受けたり、歯石がある場合は取ってもらいましょう。
    出典 :歯肉炎 治療方法 - goo ヘルスケア