冬の乾燥から守るためには?

冬は乾燥する季節です。手はカサカサ、ささくれ、足のかかとはガシガシ・・・。顔も乾燥してしわしわ・・・。乾燥は見た目年齢を挙げてしまうので、乾燥に負けないみずみずしい肌を目指しましょう!

  • pocca 更新日:2013/12/31

view218

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乾燥肌とはどういう状態か、またどうしてなるのか?

  •  

    乾燥すると肌はかゆくなってしまいます

  • 乾燥肌は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態

  • 顔も、足も、手も、唇も、全てに使えるスキンケア

  • ワセリン

     

    ワセリンは石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。

    大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)および脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)を含む。

    ワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す事が多い。

  • 生れてたての赤ちゃんも使えるワセリン

  • 白色ワセリンの大きな普及の最大の要因は、

    ●副作用症状が少ないという、医薬品としての安定性が大きな要因です。

  • 顔に

     

    水分を一切蒸発させないので、全てのスキンケアの後にワセリンでラップします。

  • 唇に

     

    リップとしてはもちろん、寝る前に薄く塗るだけで縦ジワが消えます。

  • 化粧直しに

     

    綿棒にとって、にじんだり、落ちてきたアイラインやマスカラを拭き取ってください。
    ビックリするくらい綺麗に取れます

  • 指先に

     

    指先に塗って、指先をしっとりさせましょう。
    ささくれ等が治ります。
    さらにラップで巻いたりすれば、効果がアップ

  • まつげに

     

    寝る前にワセリンをまつげに根元までつけて塗るだけです。
    まつげ美容液がわりとして使用します。
    まつげが伸びますよ。

  • ひじ・ひざ・かかとに

     

    粉吹いたりしている部分に塗ると次の日柔らかくなります。
    あまりにひどい時は、多めに塗って、ラップで保護してみましょう

  • ワセリンは、体に塗る前に皮膚を湿らせておくことと、手の平であたためると塗りやすい

  • ワセリンを塗って、ティッシュで軽く抑えるとべたべたは治まります