子供の風邪!小児科に行くか、耳鼻科に行くか?

子供の発熱、鼻水、咳・・・さて、小児科に行くべきか?耳鼻科に行くべきか?
皆さんどうしてますか?

  • nacco 更新日:2013/10/07

view6532

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 小児科の基礎知識

  • 診察対象の年齢は?
    →生まれてすぐの新生児から、中学卒業までが目安です。
     
    診察する病気は?
    →「小児科」は、子どもを全体的に診る科です。
     外傷以外の全ての疾患を総合的に診察します。子どもの病気で、何科にかかるか迷ったら、まず小児科に来てください。診察の上、必要なら適切な病院に紹介します。
     小児皮膚科とか、小児アレルギー科などの科は、標榜できる科として存在しません。これらは「小児科」の中に含まれます。特に子どもの場合、発疹などの皮膚の病気は、川崎病や溶連菌感染症や紫斑病等々、全身的な病気の一つの症状として現れている事も多くあります。子どもの皮膚病は、まず小児科へ受診される事をお勧めします。
    出典 :小児科とは
     

    皮膚病は小児科が基本とのこと

  • 耳鼻科の基礎知識

  • 耳鼻咽喉科の守備範囲とは
    →耳鼻咽喉科というのは、文字通り耳と鼻と咽喉(いんこう;すなわちノドのこと。咽と喉は各々違う部位を指すのですが、その話はまた今度。)を診療する科ということになります。
     実はその他にもみる範囲は意外に広く、おおよそ鎖骨から上、眉毛よりも下の範囲は耳鼻科の範疇ということになります。耳、鼻、ノド以外で、具体的には顔面から頸部表面に近い部分や、舌などの口の中(ただし歯は除く)、気管や食道の上部も耳鼻咽喉科の守備範囲です。また脳神経のトラブルとして、めまいや顔面神経麻痺といった病気があるのですが、これも耳鼻咽喉科の守備範囲です。
    出典 :耳鼻咽喉科の守備範囲とは? : 耳鼻科医の診療日記
     

    結構広い、耳鼻科の範囲

  • みんなどうしてる?

  • 基本、小児科だけです。
    中耳炎になったら耳鼻科です。
    耳鼻科の方が鼻水が早く治るような事はありません。都市伝説のようなものですね・・・・。
    あと、耳鼻科は余計な抗生剤が出てくる事が多いです。
    出典 :小児科か耳鼻科の受診の選択について小児科か耳鼻科のどちらを受診するべきか迷... - Yahoo!知恵袋
     

    「とにかく小児科!」派

  • うちは、熱が出たら小児科。その後鼻のみになったら耳鼻科に行きます。

    耳鼻科へ行くと鼻を吸ってくれるし(その時は号泣しますけど後はしばらくいい感じのようです)。やっぱり餅は餅屋かなと。
    出典 :小児科か耳鼻科の受診の選択について小児科か耳鼻科のどちらを受診するべきか迷... - Yahoo!知恵袋
     

    「ますは小児科、おさまってきたら耳鼻科」派

  • 私の周りには、耳鼻科の薬の方がよく効く・・・と言う人が多いですね。(多分、小児科は総合的な薬で耳鼻科はピンポイント的なのかな?と思ってますが・・・。)
    また、熱が高ければ耳鼻科でもそれに応じた薬を処方してくださいます。
    鼻がすぐつまる、出るとなかなか治らない、直ぐ耳にくる・・・と言うお子さんは、「耳鼻科に直行」の方が速く治るんじゃないかなと思います。
    出典 :小児科?耳鼻科?どっちに行くべき? | 妊娠のQ&A【OKWave】
     

    「とにかく耳鼻科!」派

  • 咳・鼻水なら耳鼻科、熱があるなら小児科を受診します。

    咳メインは気管支炎やマイコプラズマなどの可能性もあるので
    小児科の方が安心です。
    出典 :小児科か耳鼻科の受診の選択について小児科か耳鼻科のどちらを受診するべきか迷... - Yahoo!知恵袋
     

    「熱の有無で判断」派

  • うちは熱も伴う場合は小児科ですが、耳鼻科が多いです。
    薬がきついので耳鼻科だとすぐに治りますよね。早くよくなってほしいので、どうしても耳鼻科につれてってしまいます。
    出典 :耳鼻科と小児科の違い。 子育ての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    こちらも「熱の有無で判断」派

  • 我が家では、
    鼻水・鼻づまり・痰による咳は耳鼻科。
    発熱を伴うものや咳のみの場合、小児科に行っています。
    出典 :耳鼻科と小児科の違い。 子育ての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    こちらも「熱の有無で判断」派

  • 熱の有無で判断されるご家庭が多いようです。
    そのほか、
    鼻炎体質の子供は熱があっても耳鼻科。
    迷ったら小児科。
    という考えでよさそうです。