40代から減ってしまう!?体にとって大切なヒアルロン酸の効果とは?

ヒアルロン酸は体のあらゆる部分に存在し、美しく健康な体を維持するために必要な物質です。ヒアルロン酸の効果を詳しく知ることで、健康と美容維持に役立てましょう。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヒアルロン酸ってどんなもの??

  • ヒアルロン酸は主に皮膚・軟骨・目・脳・関節液などに多く含まれる成分で、私たちがより良く生活していくために必要不可欠であると言えます。
    出典 :ヒアルロン酸の効果
     

    ヒアルロン酸は体内で年齢を重ねるにつれて減少していくため、加齢によりヒアルロン酸が失われると体の機能が低下する要因にもなります。

  • 体の様々なところで活躍中♪

  • 皮膚の水分を保持してくれます

  • ヒアルロン酸は高い保水力があるため、皮膚の真皮で潤いを維持する働きをします、加齢によりヒアルロン酸が減少すると、肌の潤いを保てなくなり、しわなどの原因になります。

  • 関節のクッション材に

  • 関節液、関節軟骨などに多く含まれ、潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする働きをしています。
    出典 :おしえてヒアルロン酸「ヒアルロン酸の役割」|生化学工業株式会社
     

    治療に使われることでもお分かりのように、加齢と共に関節液の中のヒアルロン酸が減少してしまうために、関節痛を発症しやすくなります。

  • 目の健康維持します

     

    眼科手術の保持材としてもヒアルロン酸は使われています。

  • 硝子体に多く含まれ、緩衝作用や組織形状の維持(目の形を保つ)などの働きをしています。
    出典 :おしえてヒアルロン酸「ヒアルロン酸の役割」|生化学工業株式会社
     

    眼球の硝子体という部位に水分が十分保持されていることで目がいきいきとします。ヒアルロン酸が十分に硝子体に含まれていると目の病気の予防にも効果があります。

  • ヒアルロン酸を体に取り入れよう!

  • 元々のヒアルロン酸は非常に分子量が大きく、そのままでは体内に取り込んだとしても全く意味がないのです。


    出典 :ヒアルロン酸を経口摂取しても効果がないの?
     

    現在では、経口摂取するに当たって様々な改良がなされ、吸収しやすいようになっているため、全くというと語弊がありますが、できるだけヒアルロン酸の多く含まれたものを効率よく摂取することがカギになりそうです。

  • ヒアルロン酸は、鶏・豚・牛・魚といった動物性食品の皮・骨・軟骨・腱・目などに含まれていますが、中でも鶏冠・魚の目玉・フカヒレなどに豊富に含まれています。
    出典 :【上手なヒアルロン酸の摂取方法】
     

    ただし、これらの食品を毎日食べ続けるのはかなり難しいように思います。

  • サプリメントで摂取する

     

    各メーカーが様々な技術を駆使し、できるだけ効率よく摂取できるよう昨今では低分子のヒアルロン酸なども開発されているようです。

  • 化粧水や美容液として利用する

     

    高い保湿力から、美容に効果があると期待されており様々な化粧品に取り入れられています。肌の水分を補うことを目的として利用されます。

  • タイミングも大事です

     

    お肌のゴールデンタイムといわれる夜10時以降に摂取することで効果を高められそうです。就寝時間を調整し、寝る前にサプリメントなどは飲むようにしましょう。

  • 体に効率よく取り入れることが、まだまだ簡単ではないヒアルロン酸ではありますが、上手に利用し、健康と美容維持に活用しましょう。