ほんとイヤ!「あほ毛」を直す良い方法ってあるの?

分け目からピンと主張してくるアイツ。ワックスで抑えたりしてるけど・・・。
そう言えば、抜いてみたらうねってません?「あほ毛」「切れ毛」って、ただ単に「切れた短い毛」じゃないのかも。
発生のメカニズムを知って、根本から予防&根絶を!あぼ毛の直す方法教えます!

view12095

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「あほ毛」って方言なのに定着しましたよね

  • あ・・・何か思ってるのと違う。「あほ毛」がカワイイわけあるか!あほ毛の直す方法ってあるの?

  • 「髪の毛の表面にぴんぴん出てきてしまう短い毛」

     

    なんとかしたい「あほ毛」。
    特にトップにできる短い毛があほ毛となってしまうことが多いようです。でもあほという言葉が付いているのにちょっと抵抗があるような・・・
    違う呼び方って無いものなのでしょうか?

  • あほ毛という呼び方は意外と他の人も悩んでいる方が多いみたいです。でもほかに良い言葉が見つからないから、やっぱりあほ毛でいいのかな?
    美容用語では実は「面を作る」とも言うらしいです。
    一般的な言葉で表現すれば、「短い毛がぴょんぴょんハネて出てくる」みたいになっちゃうのかも。結局は良い表現方法はないみたいです。

    関西の人にしてみればあほ毛ですしね!

  • あほ毛には2種類あるらしい

  • 実はあほ毛には2種類あるのです。
    1つめは成長途中でまだ短い毛、2つ目は途中で切れてしまった短い毛です。どちらなのかによっても対処方法は異なってくるのでしょう。成長途中の毛ならこれからまだまだ伸びる可能性があるため、育てる必要があります。しかし一度切れた毛はその後成長しにくいこともあるため、この部分が収拾が付かなくなって悩んでいる元ですね!

    パヤ毛、ピン毛、いも毛などほかの名前で呼ばれることがあります。
    それは髪が短くてどうにもできず、まとめようが何しようがはねるからです。

  • その原因は?

     

    あほ毛ってなんでできるの?と疑問を持っている方も多いはず。実は髪の毛が生える根元に秘密があるらしいのです・・・

  • 美容師さんに教えてもらったのですが、あほ毛というのは髪の根元に秘密が隠されていて、その部分が改善できれば3ヶ月程度で治るのだとか。

    結論からいうと毛穴の詰まりです。頭皮の毛穴が詰まると、髪が真っ直ぐに生えてこれません。髪がちりちりの癖毛になったりしている方は、大抵この原因が隠されています。

    また毛穴が詰まっているのですから、当然ハゲることもあるのだとか。今はまだあほ毛で済んでいても、そのうち本当に薄毛になるかもしれません。

  • あほ毛がハゲの前兆・・・!?

     

    ←予言者N

  • あほ毛の原因「毛穴のつまり」を解消しよう!

  • シャンプーをする時の注意

     

    頭皮の詰まりを解消しようとして洗いすぎは逆効果になります。一番重要なのはシャンプー剤のすすぎ残しをなくすことです。シャンプーを付けすぎないようにし、手のひらでよく泡立てから洗います。最後は普段より長いと感じるくらいすすぎをしましょう。

  • シャンプー前のクレンジング

  • シャンプー前にはクレンジングをして頭皮をすっきりと落としましょう。

    ・クレンジング用のオイルを頭皮に馴染ませる
    ・指の腹を使ってよくマッサージ
    ・シャンプーで予洗いをする
    ・シャンプーをして良く洗い流す(場合によっては2回洗う)

  • 炭酸水を使って・・・

     

    炭酸水には、皮脂を溶かす働きや毛穴を引き締める効果があるのだとか!

    利用するのは市販の100円くらいで売っている炭酸水です。これを専用容器に入れて頭皮にふきかけ、指の腹を使ってよくマッサージしたら洗い流します。

    炭酸水でのヘッドスパが面倒だと感じたら、手持ちのシャンプーを直接炭酸水のなかにいれ、よくかき混ぜたら普通にシャンプーするだけでもOKなんです!

  • ドライヤーのあて方

     

    髪の根元が湿っていると、髪に癖がつきやすくなります。根元を中心によく乾かしましょう。
    また、頭皮に水分が残っているのは雑菌の繁殖にも繋がり、頭皮のコンディションが悪くなるため注意するようしっかりと乾かしてください。

  • 紫外線や乾燥をブロック

     

    紫外線のダメージも髪にはあまり良くありません。普段の生活では日傘を利用したり、UVタイプのスプレーで髪をガードしましょう。

  • 日々のケアで、さよなら「あほ毛」!

     

    頭皮のためにも睡眠・栄養・運動も忘れずに♪