心筋梗塞・高脂血症になる?コレステロール値を下げて病気を防ぐ方法。

コレステロールのひとつである「hdl」。様々な病気につながる原因を取り去って、健康に生きるための方法を模索しました。

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、みなさんはコレステロールの値に気をつけて生活していますか?

  •  

    油っこいものや甘いお菓子ばかり食べていると、健康を害しますよ?

  • 重大な病気、特に動脈硬化を防いでくれる物質のひとつに、「hdl」があります。

  • hdlとは、善玉コレステロールと呼ばれています。

  • HDLコレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。このことから「善玉コレステロール」と呼ばれています。
    一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    なるべく善玉コレステロールを摂取した方がいいでしょう。

  • この数値がどのくらいあるかで、病気になっているか・かかりやすいかがわかるそうです。

  • HDLコレステロールで何がわかるのか?
    この検査は、動脈硬化を防ぐ作用のあるHDLコレステロールが、どれ位あるかを調べる検査です。
    総コレステロール値が高くなくても、HDLコレステロール値が低いと、動脈硬化が進んで狭心症や心筋梗塞を引き起こしやすいことがわかっています。動脈硬化の危険度の指針として、総コレステロール値とともに、検診や人間ドックで欠かせない検査となっています。
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    病院で検査もできるので、気になっている人は一度受診した方がいいでしょう。

  •  

    メタボになりかけている人も、一度お医者さんに診てもらった方がいいかもしれません。

  • 基本的に、hdlの数値が低くても、不安になる必要はありません。

  • 異常があったらどうするか?
    HDLコレステロールは総コレステロールと関係しており、HDLコレステロールが低値でも、総コレステロールが低値であれば、問題はありません。逆に、HDLコレステロールが高値でも、総コレステロールが著しく高値の場合は運動や食事で改善することが必要です。
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    全体のバランスが正常ならば、問題はありませんよ。

  • 食生活を見なせば、hdlの値を正常に戻すことも可能です。

  • 食事は、エネルギーの摂取量を適正にするよう心がけましょう。脂肪のとり方にも注意が必要で、動物性脂肪を控え、その分は植物油(リノール酸、オレイン酸)や新鮮な魚の油(EPA、DHA)で補います。海草やキノコなどを積極的にとり、食物繊維の摂取量を増やすことも大切です。
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    DHAをとるといいと言う話はよく聞きますよね。

  •  

    貝類にも含まれているので、もう一度食生活を見直すのもいいかもしれません。

  • コレステロールの秘密がわかりましたか?

  •  

    健康な体を取り戻して、楽しい生活を送りましょう!