妊娠中期の風邪…どうする?

妊娠中の病気って、普段より不安ですよね?
受診は、内科?産科?
薬は飲んでいいの?
食欲ないけど…
熱が高いけど、赤ちゃんは大丈夫?

また、妊婦さんだけじゃなく、看病する側も、どうしたらいいの?

と、挙げたらきりがないですね。

対処方法などをお話していきたいと思います。

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 風邪?!病院受診の目安は?

  •  

    これぐらいで受診していいの?と思われる方もいるでしょう。
    でも、症状が出始めたらできるだけ早く受診しましょう。
    対症療法をとって様子を見ているうちに、症状が悪化して、結果的に長引いてしまった…という方も少なくありません。

  • どこに受診しよう???

  • 基本は産婦人科がよいでしょう。
    妊婦の対応はやはり産婦人科が一番安心です。
    ただ、鼻づまりが激しく、吸引してほしい…など、症状の緩和のための処置であれば、耳鼻科など、かかりつけの病院に行くこともいいでしょう。必ず妊娠中ということを伝えましょう。

  • 薬は飲んでも大丈夫?

  •  

    もちろん受診をして処方をしてもらった薬は大丈夫です。
    最近では、漢方を処方してくれる病院も増えているので、心配であれば漢方の処方をお願いしましょう。
    市販の薬はやめておきましょう。インドメタシンなどの成分は赤ちゃんの血流が悪くなることがあります。

  • 熱が高いけど、赤ちゃんは大丈夫?

  • 妊娠すると、妊婦の身体は免疫が低下し、普段であれば大丈夫なちょっとした菌やウイルスにも負けて、発熱などを起こすことがあります。

    このことは、当然胎児にも影響します。胎児の体温に影響を与える因子は、母体体温、胎児自身の代謝活性、子宮血流量などがありますが、胎児に対して最も大きな影響を与える因子は母体の体温です。胎児の体温は、常に0.5℃程度母体よりも高く維持されています。

    また、胎児は常に代謝熱を産生しており、この代謝熱は臍帯や胎児の皮膚から、胎盤を通じて母体や羊水などに放射され、胎児体温を調節しています。もし、母体が発熱した場合、羊水温もあがりますので、胎児は熱を放射できなくなり、胎児体内に熱が蓄積してしまいます。母体の発熱は少しであれば問題はない、といわれていますが、何日も熱が続いた場合には、胎児にも影響が出るのではないかといわれています。38℃以上の熱が出た場合には、早めに受診しましょう。
    出典 :妊娠中期熱 赤すぐ|妊娠中期の熱についての説明や妊婦さんの体験談
     

    妊娠によって自己免疫が低下しているのは、赤ちゃんを攻撃対象としないための防衛機能だそうです。
    なので、免疫が低下しているのも、熱が出てしまったのも、仕方のないことです。
    私のせいで…と、悩まず、安静にして少しでも早く熱を下げてあげることがママの仕事ですよ!

  • 食欲がないけど、赤ちゃんのために食べた方がいいよね?!

  • 食欲が無い場合は、無理に食事をすることはむしろマイナスです。水分のみ補給して、しっかりと眠ってください。(ぐっすりと眠れなくても布団 に入ってうつらうつらするだけで違います)
    出典 :妊娠と風邪 - Dr.池谷の『案ずるより産むが易し?』
     

    水分が取れていれば大丈夫です。しっかり水分を取りましょう。
    しかし、水分も取れない場合や、食事ができない日が何日も続く場合には受診してください。

  • 家でできる手当て法

  • 家庭でできる手当て法をご紹介します。まず第一に足湯をします。鼻水や悪寒が楽になり熱が下がりやすくなります。充分に足が温まってから次の手当てをしてみます。


    ■発熱

    38度以下ならキャベツ湿布(硬い芯を取り除き薄い布に包んで枕の上に置く。あるいは頭を包む。)をする。これはインターナショナルな手当て法です。もっと高熱ならば豆腐湿布(豆腐を水切りし厚みを2分の1か3分の1にしてペーパータオルにくるみ、バスタオルを折りたたんだ上において枕にする。)をします。

    ■咳

    レンコン(中ぐらいのもの5センチほど)をすりおろし、しぼって汁だけを利用します。レンコンの汁に葛粉少々を入れ、熱湯100〜150ccをいれてかき混ぜる。とろみがつかないときには弱火にかける。充分加熱されとろみがついたらショウガのおろし汁を2〜3滴入れ、塩か醤油で好みの味にして飲みます。

    ■喉の痛み

    里芋湿布(里芋にかぶれる方はやめてください。ただし肌にオイルを塗って使用するとかぶれないこともあります。)が有効です。これは粉末の里芋粉として自然食品店に売っています。水を入れて良くこねるだけで使え便利ですが、かぶれ予防の為に、硬め(軟膏状)に作る事がポイントです。良くこねたものを布かペーパータオルに細長く塗り、上からも布かペーパータオルをかぶせ首に巻いて使用します。乾いてしまったら新しいものと取り替えます。緑茶や番茶でうがいするのも良いでしょう。

    出典 :妊娠中の冷え対策・風邪対策 - コンビタウン
     

    早く治したい、症状をとりたい、という人は試してみる価値がありそうですね。

  • 重症化させないために

  • ①とにかく寝る

     風邪をひいた時は、とにかく寝ることだ。睡眠をたっぷりと取ることによって、免疫力を作動させやすくし、自分が睡眠中に自動的に風邪を処理してもらえばいいのだ。風邪をこじらせてしまう人たちは、風邪をひいたのに、寝込まずに動き回っていたからこそ、風邪を悪化させてしまったのである。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
     

    どうしても、仕事や家事・育児で動かなくては!ってなってしまいますよね。ここは勇気をもって、しっかり休みましょう。

  • ②温かい飲み物

     風邪をひいて寝込む前に、温かい飲み物を飲んでから寝ることだ。風邪の際にお勧めなのは、「ローズヒップティー」である。お茶の中で最大量のビタミンCが含まれているので、これを飲めば風邪は治っていくのだ。それ以外に「葛根湯」や「ココア」も体を温める飲み物なので、風邪の際には効果がある。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
     

    冷えは大敵です。体の芯から温めるよう心掛けてください。

  • ③お腹がすいたら、温かい食べ物を食べる

     風邪をひいた際は、食欲がないのだから、お腹がすくまで飯を食べないことだ。人間は食べなければ、食物の消化吸収にエネルギーを取られなくて済むので、食べなければ体温は上昇していくのだ。体温が高くなれば、免疫力は作動し易くなり、風邪のウィルスを撃退してくれるのだ。この「お腹がすくまで、飯くうな」をスローガンに掲げていると、お腹がすく頃には、もう風邪は治っているのだ。風邪が治ったら、温かい食べ物を食べればいいのだ。鍋料理などは、風邪が治った後の料理としては、最適な料理である。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  • ④フルーツや野菜を大量に食べる

     風邪が治り始めたら、フルーツや野菜をナマのまま大量に食べることだ。ビタミンCが不足していることが原因なので、ビタミンCを大量に摂取していけば、風邪は治っていくのだ。ビタミンCは加熱すると壊れてしまうので、野菜などは加熱せずに、ナマで食べることだ。糠漬けの量を増やすとか、サラダの量を増やすとかして、ナマの野菜を多く取る食事に変えていけばいい。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  • ⑤体が重たくなったら、無理をしない習慣をつける

     人間は1年に1ヵ月ぐらいは、どうしても免疫力が下がってしまう。そのため、免疫力が下がってくると、体が重たくなるのだ。そういう時は、決して無理をしないことだ。通常のように動いても、体がついていかないので、どうしてもミスが多くなるし、精神的にも怒りっぽくなるのだ。体が重いと感じている時点で、もう風邪のウィルスは体内に侵入していて、まだ風邪はひいていないけど、すでに風邪の初期症状が出始めているのだ。こういう時は、無理をせず、家事も仕事も早目に切り上げて休むことだ。
    出典 :妊娠中の風邪は実は必要な病気: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  •  

    早く治りますように