この時期は注意!【しもやけ】治し方!

子供も外で遊びます
もちろん雪がふれば雪で遊びますよね
しもやけは十分に注意したいです

view1564

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • しもやけって?

  • 冬の寒く乾燥した時期は、手や足の先が冷えることによって硬く腫れて、歩いている時や何もしていない状態でも、痛くて痒くなる症状があります。これがしもやけです。しもやけは別名凍瘡(とうそう)とも言い、寒さや冷えによって血行が悪くなって起こる炎症のひとつです。血行が悪くなりやすい手先足先などの末端部分や、露出度の高い頬や鼻先や耳たぶに起こりやすいのが特徴です。患部を温めるとむず痒くなったり、痛くなったり、熱いと感じるような感覚を引き起こします。大人よりも子供の方がなりやすく、また男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。

    ちなみに、しもやけの別名である凍瘡と聞くと、凍傷を思い浮かべる人もいるかと思います。凍傷という症状は聞いたことがある方も多いと思いますが、凍傷は症状など凍瘡とは格段に違う重い状態です。凍傷の場合、程度が著しく傷害がひどい時は、最悪の場合患部を切断しなければいけない事態まで発展することがあります。

    出典 :【しもやけマニュアル】~原因・予防・治療~
  •  

    子供も結構しもやけになるものです
    この時期は十分注意したいところになると思います

  • 原因は

  • しもやけは、簡単にいうと末端部の血行不良です。

    血管は冷やされると細くなり、温められると元に戻ります。

    動脈はすぐに元に戻りますが、
    静脈は少し戻りが遅いんですね。

    この時間差があるため、
    部分的に血液の流れが悪くなります。

    その結果、手足の指や耳など、
    体の末端部がしもやけになるんですね。
    出典 :しもやけの治し方!即効性あり!美容効果もある予防法とは? | ほほう知恵袋
  •  

    暖房にあたって温めたいですよね

    温めすぎても危ないですけど
    鍋に猫はやめましょうね

  • 予防と治療

  • しもやけの予防は簡単です。まず第一に、「体を長時間冷やさないこと」です。冷えることで血行が悪くなり、しもやけの症状が進行していくからです。寒冷期に外出するときは、マスクや手袋を着けたりや厚手の靴下を履くなどして、特に末端部分を冷やさないよう心がけましょう。
    また栄養面でも注意したいことがあります。ビタミンEが足りていない人は体が冷えやすい傾向にあります。ビタミンEは心臓を助け血行をよくする働きがある為、しもやけ予防には最適の栄養素と言えるでしょう。ビタミンEが多く含まれる食材は、たらこやうなぎ、小麦やアーモンド、ホウレン草やモロヘイヤなどが挙げられます。また、ビタミンCも同時に摂ることでビタミンEの効果をアップしてくれるのでお勧めです。
    出典 :【しもやけマニュアル】~原因・予防・治療~
     

    末端は簡単に冷えますよね
    指先とか特に

  • 「患部に温湿布を貼る」

    あまり知られていませんが、
    温湿布はしもやけに効くんですよ。

    温湿布には血行促進の効用があります。

    しもやけを治すには、
    血行を促進してやればいいので、
    温湿布が有効なんですね。

    本当に効くので、
    騙されたと思って試してみてくださいね。
    出典 :しもやけの治し方!即効性あり!美容効果もある予防法とは? | ほほう知恵袋
     

    その場しのぎの必殺技です!

  • 1.40度程度のお湯と冷水を用意する
    2.お湯と冷水に20秒ずつ、患部を交互につける
    3.「温めて冷やす」を5回ほど繰り返す

    患部がジンジンしてきたら成功です。

    血行が促進されている証拠なので。

    コツは、患部を温めきる(冷やしきる)という点です。

    中途半端に繰り返すのではなくて、

    「しっかりと温めきってから、しっかりと冷やす」

    これを繰り返してくださいね。

    お風呂のついでにやるといいですよ。
    出典 :しもやけの治し方!即効性あり!美容効果もある予防法とは? | ほほう知恵袋
     

    即効性抜群ですよ

  • 「軽いマッサージ」や「ステロイド軟膏を患部に塗る」などがあります。マッサージによって血行の流れを良くしたり、ステロイド軟膏を塗ることで患部の炎症を抑え痒みや痛みを軽減させます。

    それでもなかなか治らない、痒みや痛みが我慢できないという方は、最終手段である「皮膚科へ行く」ということをお勧めいたします。しもやけは放っておいて悪化すると、細胞が壊死する危険性もあります。ぜひともお早めに治療してください。

    出典 :【しもやけマニュアル】~原因・予防・治療~
  • しもやけとあかぎれ

  • しもやけの原因もあかぎれの原因も非常によく似ていて、寒くて乾燥している状況下で生じやすい症状です。他にも肌質などの個人が持つ遺伝情報も関係しているようで、しもやけになりやすい人、あかぎれを起こしやすい人、どちらにもなりやすい人など居るようです。
    対処法としても、どちらも日頃から防寒具などを着込んで寒さを避け、保温保湿を心がけることが重要となります。水に濡れた後はしっかりと拭き取り、乾燥を防ぐための保湿クリームを塗ったりするのも効果的です。しもやけの場合は、血行を良くするためにマッサージをするのも良いでしょう。

    寒い時期はとにかく体の末端部分を冷やさないよう努めましょう。冷えている時間が長いほど、また温度差が激しいほど、しもやけは出来やすくなってしまいます。しもやけから身を守るために常日頃から予防を心がけて、しもやけの痒みや痛みで悩まされる日々とサヨナラしちゃいましょう!
    出典 :【しもやけマニュアル】~原因・予防・治療~
  • 正しいスクワット

     

    血行促進にはスクワット!

  •  

    血行促進には、足浴や半身浴もオススメです!


    今年の冬のしもやけ、あかぎれは
    気を付けて過ごしましょうね