妊婦必見!!妊娠中にインフルエンザになったらどうするの??タミフルは??気になるまとめ☆☆

インフルエンザ流行期がすぐそこまで来ています!!
妊娠中にインフルエンザになってしまったらどうしたら良いの??
タミフルは飲んでも平気なの??
気になる情報をまとめてみました!!

view18563

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦でもインフルエンザワクチンって受けられるの??

  • 妊娠中は、ワクチンを投与することにより、その病原体の影響が
    胎児にも影響すると考えている方が多いようです。
    しかし、インフルエンザで使用しているワクチンは、
    不活化ワクチンであり、インフルエンザのウイルスそのものは
    死滅しているので、ウイルスが増殖するおそれはありません。
    出典 :インフルエンザの予防接種!妊婦さんは時期に注意!副作用はある? | 知り大将
     

    妊娠中でもインフルエンザワクチンの接種は可能です!!

  • 妊婦の場合、インフルエンザの予防接種は時期が重要

     

    赤ちゃんに影響があるのでは心配してる人も多いかと思います!!

  • 一般的に、注意するのは、妊娠16週目までの初期の時期です。
    16週目までは、まだ赤ちゃんの器官等もまだ発達している最中ですので
    なるべくその時期を避けるのが一般的のようです。
    しかし、16週目以降の安定期に入ってからは、予防接種をする方が
    良いとされています。
    特に米国では、妊婦の予防接種は老人や子どもと同じように
    予防接種を積極的に進めているようです。
    出典 :インフルエンザの予防接種!妊婦さんは時期に注意!副作用はある? | 知り大将
     

    16週以降はインフルエンザワクチンの接種が推奨されているようです!!

  • 妊娠中にインフルエンザになる方が危険!

     

    薬が飲めないなど妊婦には色々制限があるのでインフルエンザになる方がよっぽど良くないのです!!

  • 妊娠中は、内服薬は控えるのが一般的です。
    当然の事ながら、インフルエンザの治療薬であるタミフルも使用できません。

    母体が高熱で数日過ごすことによって、
    胎児に脳性まひなど後遺症が残ることも考えられます。

    また、妊娠中の母体は、通常より免疫力の低下があるため、
    かえって感染のおそれが大きいことも言われています。

    さらには、妊娠中は胎児の影響から、血液の循環が通常の1.5倍にも増加し
    心臓に負担をかかえるなどして、病人とおなじぐらいの弱った状態だと言えます。
    出典 :インフルエンザの予防接種!妊婦さんは時期に注意!副作用はある? | 知り大将
  • もしも妊娠中にインフルエンザになってしまったらどうしたら良いの????

  • インフルエンザの症状が出た場合、早めに病院へ連絡し受診するようにしましょう。インフルエンザ発症から48時間以内だと抗インフルエンザ薬(タミフル)が重症化防止に最も効果があります。病院を受診する場合は、いつも受診している産婦人科は避け一般病院へ受診するようにしましょう。産婦人科へ受診してしまうと他の妊婦さんへうつしてしまう可能性があります。あらかじめ、感染してしまった事を想定して受診する病院を決めておく事が大切です。もしも、一般病院へ受診が出来ない場合は、かかりつけの産婦人科へ事前に電話をしてから受診するようにしましょう。電話をすることで、他の妊婦さんへの感染を防ぐ事が出来ます。
    出典 :妊娠中のインフルエンザについて詳しく解説-赤ちゃんの部屋
     

    早目に病院を受診しましょう!!

  • 妊娠中にインフルエンザにかかりました。しかも予防接種も受けていませんでした。病院には行きましたが、もちろん母体安全の為、タミフルは処方されませんでした。ひたすら高熱のまま3日寝て、栄養をとってました。私の場合高熱でも、食欲は減らなかったので。生まれてくるまで心配でしたが、産婦人科の先生も安定期に入ってるから大丈夫だと話していましたし、うちの娘も健康に生まれて育っています
    出典 :★妊婦がインフルエンザに感染したらどうなるか?★妊婦インフルエンザ接種は大丈夫... - Yahoo!知恵袋
  • 抗インフルエンザ薬(タミフル)は、お腹の赤ちゃんに影響はないの?

     

    タミフルを飲むのに抵抗がある妊婦さんは多いのではないでしょうか???

  • 日本産科婦人科学会の調査の結果、お腹の赤ちゃんに有害な副作用はないと発表されています。催奇形性(薬が奇形の原因になること)に関しても、タミフルは安全である事が報告されています。
    出典 :妊娠中のインフルエンザについて詳しく解説-赤ちゃんの部屋
  • 薬を飲まないほうが危険です!!

  • 新型(季節性)インフルエンザで亡くなる妊婦さんは、抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)の投与が遅れ、重症化してしまった事が原因だと言われています。妊婦さんは、妊娠していない一般の方よりもインフルエンザに感染した際に集中治療室に入る率が10倍も高いそうです。どれだけ妊婦さんにとって新型(季節性)インフルエンザに感染する事は大変な事なのかをものがたっていますね。この時期は家族にも協力してもらい、家族みんなでインフルエンザワクチンを受けるようにし、 もしも感染してしまったら48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用する事が大切です。
    出典 :妊娠中のインフルエンザについて詳しく解説-赤ちゃんの部屋
     

    お腹の中の赤ちゃんを守るためにも薬を飲んで早目に熱を下げることが大切です!!

  • 妊娠14週の妊婦です。1/31の夜中、私もまさかのインフルエンザにかかりました。タミフルとカロナ-ルが処方されましたよ。医師から指示がありませんでしたか?タミフルは自己判断で服用を辞めてはいけません。処方された分(5日分かな?)は必ず最後まで飲みきります。カロナ-ルは解熱鎮痛剤なので、熱や頭痛がなかったりすれば飲まなくても良いとの事でした。タミフルは、妊娠中でも授乳中でも服用して大丈夫な薬だと証明されているそうです。
    出典 :妊婦(妊娠3ヵ月)です。インフルエンザにかかってしまい、タミフルと解熱剤を処方さ... - Yahoo!知恵袋
  • まずはインフルエンザワクチンの接種をして予防をすることから始めましょう!!