不眠症の種類と改善法

4種類もある「不眠症」
あなたは当てはまりますか?
一度確認を!

  • S 更新日:2013/12/12

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症には4種類のパターンがあります。
    より良い快眠を求めている方は、以下に当てはまらないかどうか、一度チェックしてみてください。

  • 不眠症の種類

  • それぞれのパターンと、その改善法を記載しました。
    あなたはどのタイプでしょうか?

  • ・入眠障害
    なかなか寝付くことができない人の症状です。
    睡眠不足で悩む方の多くが、この入眠障害になります。

  •  

    眠れないのは一番困る症状です。
    思い切って睡眠導入剤を使用するのも手です。

  • ・中途覚醒
    夜中に目が覚めることを言います。
    該当者の殆どの場合、眠りについてから3~4時間後に覚醒しているのです。

  •  

    寝る直前に、念のためトイレに行く事で解決する人もいます。
    途中覚醒してしまうからには、体が起きるためのサイン出しているわけですから、「寝る準備」もしっかり必要です。

  • ・早朝覚醒
    朝早くに目覚めてしまうことです。
    聞こえは「早起き」と思われがちですが、朝は朝でもまだ深夜に等しい時間帯にあたります。

  •  

    いつも早朝起きる人はそれでも良いかもしれませんが、予定よりも2~3時間早く目覚めてしまった人にとっては困りものです。
    睡眠時間が減るという意味では、中途覚醒に似ています。

  • ・熟眠障害
    ぐっすり眠った気がしないといった症状です。
    快眠を妨げているのは、寝ているときの体勢に原因がある可能性があります。

  •  

    首を傾げたり、左右どちらかに向いて寝ていたり、少し違った眠り方をしていませんか?
    首に負担がかかった寝方をしていると、きちんとした睡眠も思うようにとれません。

  • 体験談

  • 以下は、不眠症を克服した体験者による言葉です。

  • 私の不眠症が良くなり始めたのは、出来ないと思っていたことを嫌々ながらでもやってみた時からです。

    例えば全く興味がなかった庭の草刈り、花の手入れ、庭木の剪定など。

    つまり体を動かして、少しずつでも行動するということです。
    出典 :私の不眠症体験談 - ★純な心を求めて★ - Yahoo!ブログ
  • 実際、体を動かして健康的な生活習慣を身につける事で、不眠症も改善される方もいます。
    良い睡眠を得るには、健康的な生活を。ということですね!