磨いても磨いてもキレイにならない…【自宅で歯の黄ばみを落とす方法】

自宅で歯の黄ばみを落とす方法を実践して、歯を真っ白で美しい状態にしましょう。
歯科医で定期的にメンテナンスをすることが一番ですが、なかなかマメに通えない…。
そんな時に家庭で簡単に歯の黄ばみを薄くする方法をまとめました。

  • VP 更新日:2014/11/27

view28915

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 重曹を使って歯を白くする

  • 重曹はベーキングソーダとよばれている物質であり、天然に存在するもののため口の中に入れたとしても大丈夫です。
    この重曹は弱アルカリ性となっているため、歯の臭いを消したり、研磨効果を持っています。
    歯の表面にはさまざまな汚れがついているのですが、重曹を使うことによって、歯にこびりついた頑固な汚れを取り除くことができます。
    時間をかけて長期間重曹を使い続けることによって、最終的には歯についたヤニを落とすことも可能です。
    自宅で歯の黄ばみを落とすためにおすすめの方法です。

  • 重曹をそのまま歯につけるのはとても大変です。
    そこでペースト状にすることによって、歯にこすりつけやすくします。
    重曹は水につけることによって、固くなる性質があります。
    ペースト状になると少し固くなりますが、唾液によって柔らかくなるため、歯を磨きやすくなります。
    特に汚れが気になっている歯に注目して、その歯に重曹のペーストをこすりつけてキレイにしましょう。
    すぐに洗い流すのではなくて、少しの間放置しておくことが大切です。

  • 重曹を使って歯を磨こう

     

    歯を白くするための必需品となります。

  • 食事の最後に歯をキレイにできるものを食べましょう

  • 歯を白くするためには、できるだけ歯について汚れを早く落とすことが大切です。
    したがって、食事の後にすぐ歯磨きをするのが最も効果的な方法となります。
    しかし、さまざまな事情により歯をみがくことができない場面は多いです。
    その際には、食事の最後に食べるものに気をつけましょう。
    セロリや人参などの硬めの野菜を食べることによって、歯についた食べかすを取り除くことができます。
    野菜というのは、歯を掃除する役割も果たすため、食事の際には必ず食べるようにしましょう。

  • 野菜はおすすめ

     

    どのような野菜でもいいため、歯をキレイにするために食べましょう。

  • お酢でうがいをしましょう

     

    食事の後にやってもらいたいこととして、お酢でうがいをするとよいでしょう。
    お酢には殺菌作用があり、歯を白くするための成分も含まれています。
    歯のケアのためにはとても適した性質を備えているのがお酢なのです。
    最近は飲みやすいタイプのお酢も登場しているため、食事の後にぜひとも試してみましょう。

  • 口紅の色に気を使う

  • 直接歯を白くする以外の方法として、視覚的な効果を利用することができます。
    たとえば、女性の方は口紅の色に気をつけましょう。
    明るい赤を用いたり、ミディアムコーラルカラーを使うことによって、口紅の色によって歯の白さを引き立てることができます。
    注意点として、はっきりとした色ではない口紅を使ってしまうと、逆に黄ばみが目立ってしまう結果となります。
    口紅を選ぶ際には、歯が白く見えるのかという点に注目しましょう。

  • 自宅で簡単に行える方法

  • ホームホワイトニングを用いる方法があります。
    歯科医院でマウスピースを作ってもらい、そこに薬剤を入れることによって、歯の色素を抜いていくことができます。
    2週間程度使用することによって、1年から2年程度は効果が持続するため、手軽に歯を白くできる方法となっています。
    ただし、お金はある程度かかってしまうのが欠点となります。

  • マニキュアを塗るという方法もあります。
    市販で売られている商品を利用して、上手く塗ることによって歯をとてもキレイにできます。
    ただし、ムラができてしまわないように慎重に塗りましょう。
    一度、自宅で何度か練習をしておくとよいでしょう。