マッサージは間違えると逆効果になることも!

マッサージをすれば、たるみのないきれいな肌になると思って、実際には逆効果をやってる人が多いですね。
では、どうしたらきれいになれるマッサージができるの?

  • eve 更新日:2014/01/08

view257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マッサージの方向ってあるの?

  • オイルか、クリームをおでこ、鼻、ほっぺ、あごに乗せたら、
    力を入れないで、
    下から上
    内側から外へ
    指の腹を使って軽く軽くマッサージをするのが基本です。

  • リンパに添ってやさしくマッサージ

  • リンパは、一定方向へ流れているので、方向を正しくしてあげると効果が出ます。
    リンパは、老廃物を出す働きもしてくれます。

  • 食べものも大事です。

  • 血流が悪くならないように、水分補給
    朝起きた時、お風呂に入る前、入った後には、コップ1杯のお水を飲むと良いです。
    または、農薬などが入っていないハーブティーなどでミネラルも一緒に摂りましょう。

  • 睡眠はたっぷりと規則的に

  • 睡眠時間も美肌には欠かせません。
    地球の自転に合わせて22時から6時が理想的。

    旧いお肌が新しく入れ替わる時間と思って、質の良い睡眠を取りましょう。

  • マッサージの時間について

  • お風呂上がり、毛穴が開いている時間が良いでしょう。
    リラックスした時間の中で、お肌もゆったりと、睡眠前に入れ替わる準備ができます。

    好きな音楽、香りを添えてマッサージも良い気分になれます。

    30秒から3分以内で十分です。

  • 顔だけでは落とし穴になるかも?頭皮のマッサージが顔にはもっと良い

  • 首から上をよく鏡に映してみましょう。
    顔より頭が大きくありませんか?

    顔だけ一生懸命マッサージするより、もっと効果的なのが、頭皮のマッサージ。

    頭がかつら?と思えるくらい動くんです。
    効果的なトニックをつけて軽く内から外へ、下から上へマッサージしましょう。

    マッサージをする前と、後では、顔の輪郭まで変わってきます。

  • 何のためにマッサージするの?

  • 化粧品業界では、マッサージを一日さぼれば、一年年を取るなんて言うことも!
    それだけ、リンパや表情を大切にしましょうと言う意味です。
    サボれば、それだけ、肌もサボって行くので、老化してしまいます。
    張りを保ち、たるみがない肌へ
    力を入れずに、自分の肌のコンディションを聞きながら、毎日楽しく続けて行きましょう。

  • 百合の花のように美しく♪