日本食を食べてすっきり健康になろう!

日本には伝統的な和食という文化があります。この日本食文化、実はとーっても健康と美容に効果的な食事メニューなのです!

view553

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本食はとっても健康に良い!

  • 理想的な食事とは、一日にとるエネルギーの比率が、タンパク質が15%、脂質は25%、炭水化物は60%となる食事のことです。
    出典 :理想的な食事&日本食☆理想的な食事=日本食のページ
     

    主菜と副菜、汁物にご飯といった日本食は、非常にこのバランスを満たしてくれるメニューなのです。だからこそ日本は長寿大国になったのかもしれません。

  • 「食事は腹八分目」「塩分や脂分を摂りすぎずに薄味に」……。これらは江戸時代の儒学者・貝原益軒によって編まれた書物『養生訓』に書かれている概念によるものだということを、ご存知でしょうか。
    出典 :江戸時代に愛された健康的な食生活の友とは?:Men's HOLOS
     

    日本食が体に良いというのは、こうした教えから来ているところもあるのですね。

  • 和食に欠かせない豆腐

  • 「ホトトギス 自由自在に聞く里は 酒屋に三里 豆腐屋に二里」と詠まれるほどに入手しやすく、日常食として欠かせない存在だったようです。
    出典 :江戸時代に愛された健康的な食生活の友とは?:Men's HOLOS
     

    江戸時代の人たちにとって、大豆から作る豆腐というのは非常に美味しく手軽で、しかも栄養価の高い食品として人気だったのです。

  • 和食が愛した野菜、大根

  • 江戸川川柳には「大根は いずれ世帯の 料理草」と詠まれています。江戸時代にも、一本丸々干した“たくあん”、ごま油(江戸時代ではメインの食用油)で揚げた“あげ大根”、葉の部分は味噌汁の具材として使ったりと、多様なレパートリーで余すところなく使われていました。
    出典 :江戸時代に愛された健康的な食生活の友とは?:Men's HOLOS
     

    もちろんここに玄米や米、魚なども加わってきます。

  • じゃあ、和食のどこが体に良いの!?

  • やはり四季がはっきりと変化するところでしょう。高温多湿の気候はお米が多く取れるとともに、季節ごとに、旬という新鮮な野菜や果物などの食材が手に入ります。
    出典 :理想的な食事&日本食☆理想的な食事=日本食のページ
     

    季節が移ろうということは毎シーズン色んな食材が旬を迎えるということ。旬の食べ物は美味しいだけでなく、栄養価も非常に高くなっています。そうした高い栄養を持つ食材を使うのも、日本食が体に良い理由の一つです。

  • 日本古来の自然の産物は、多量の食物繊維を含み、またカロリーも低いものが多いことがあげられます。なぜなら、心臓病、動脈硬化、高脂血症、糖尿病、胆石、大腸ガンの原因となるコレステロールや中性脂肪の増えすぎ、高血圧、便秘、肥満などが、食物繊維をとることで予防・治療に大きな効果があることが分かってきたからです。
    出典 :世界から注目される日本食|健康コラム|クロレラ、エゾウコギ、アガリクスならサン・クロレラ
     

    パンではなくお米、野菜と魚が多く肉が少なめの日本食は、欧米の食生活に馴染んできているがゆえの弊害、生活習慣病を未然に防いでくれます。

  • そんな和食にも注意点が

  • 「塩分」と「乳製品」
    出典 :食事の種類の「短所と長所」を知る事が重要です|巨べら専用へら浮 咲良工房
     

    和食の味付けは醤油や味噌を多く使います。減塩のものを使い、生活に必要な脂肪分も摂取するようにすれば、ますます日本食の栄養バランスが整えられますね。