【動画あり】つら~い肩こりをトレーニングで解消しよう!

肩こりにはインナーマッスルを鍛えるトレーニングが効く!健康管理・予防に最適な肩のトレーニング方法教えます。

view420

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肩こりはなぜ起こる?

  • 人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。
    肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩こりを引き起こします 。
    出典 :肩こりの原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 私たちの体はそもそも肩に負担がかかる作りになっている、ということなのでしょうか。

  • 同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。 それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。 ≪つまり、肩こりの原因は筋肉が疲れて硬くなり、血の巡りが悪くなり、筋肉の内部にたまった老廃物(疲労物質)のせいなのです。≫
    出典 :『肩こりはつらいですね 原因や対策を調べた』|RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイト
  • 血の巡り、老廃物の除去を効果的に行えば、肩こりを予防することができそうですね。

  • まだある肩こりの原因

  • 原因が複数重なって肩こりになる人が増えている!

  • デジタル化によりさまざまな場面で利便性は増してますが、パソコンで業務を行う人間にはそれが肩こりの大きな原因となります。

  • 肩こりの原因は数十種類もあって、人によってさまざまです。そのなかで多くみられるのが、「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス」によるもので、4大原因とされています
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|肩こり…5つの原因と予防策|オムロン ヘルスケア
  • インナーマッスルを鍛えるトレーニングが肩こりに効く!

  • 体の内側にある筋肉を鍛える

     

    カーヴィーダンスはまさに“インナーマッスル”のトレーニング!
    くびれやダイエット効果にばかり注目されがちですが、健康管理にもいいトレーニングと言われています。

  • 目に見えている表面の筋肉ではなく、体の中・内臓付近など体の内側にある目には見えていない筋肉を鍛えることで肩こりを予防できます。

  • 肩こり解消!インナーマッスルトレーニング

  • 1分間でできる肩こり解消ストレッチ体操(インナーマッスル) - YouTube

  • 1分でできるというのは手軽!仕事の途中でも簡単にできそうですよね。

  • 肩のインナーマッスルトレーニング(ダンベル 複合)大阪市阿倍野区 - YouTube

  • 仕事中にダンベルを使うのは難しいでしょうけど、自宅で行うにはちょうどいい運動になりそうです。

  • 【肩こり・四十肩に】肩のインナーマッスルストレッチ - YouTube

  • 横になってできるトレーニングは、就寝前などを利用してできそうですね。

  • 日ごろのちょっとしたトレーニングで肩こりを予防!

  • 肩こりになってしまったら解消するしかありませんが、日ごろからのちょっとした心がけで予防することはできます。

  • パソコンなどで長時間、目を酷使していませんか?

  • 目を酷使することが肩こりの原因になることは先に挙げました。
    目の疲れをとるには以下の方法が効果的です。

  • 手のケアをするとイライラも同時に解消!?

  • パソコンを毎日のように使用していると、その操作に使われている筋肉が疲労しやすくなります。キーボードで文字を打つとき、マウスを使う時など、指の関節を曲げた状態にしていると思います。たいして気にすることなくとっている指のポーズですが、ここからの手・腕の疲労が肩こりにつながることも多いのです。そのため手・腕の筋肉も血行良くしておく必要があります。

    そして、手にはイライラに効果的なツボもあります。ツボ押しは、ツボを特定することが難しくてうまくできない、という声も聞きますが、手のひらをなるべくくまなくマッサージしてみるだけでもイライラからの緊張がほぐれたり、肩こりが楽になったりすることがあります。「ツボを見つけなくては!」と真剣になり過ぎずに、気持ち良い程度に手のひらをほぐしてみましょう。
    出典 :パソコン「肩こりイライラ症」予防は手のケアから! [肩こり] All About
  • 肩と手にこんな相関があるとは思いもしませんでした。
    私も気をつけていきたいと思います。

  • 簡単ストレッチケア(肩こり編) - YouTube

  • こちらはほとんど体を動かさずにできるトレーニングなので、狭いオフィスや自分の席でもこまめにできそうですよね。