いちじくの栄養と美容の効果

皆さんもいちじくを食べよう!

いちじくを食べて美しくなれます!
今回は効果をまとめてみました!!

view2365

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  いちじくに含まれる栄養素 

  • 【 いちじくに含まれる栄養素 】
    ●アントシアニン
    イチジクの赤っぽい色は、抗酸化物質ポリフェノールの一つのアントシアニンです。細胞の老化を予防するため美容にいいとされています。

    ●カリウム
    神経や筋肉の機能を正常に保つのに役立ちます。血圧を下げる効果があり高血圧や動脈硬化などを予防する効果があるといわれています。夏バテ防止にも効果的です。

    ●フィシン
    たんぱく質分解酵素です。肉と一緒に煮込めば肉を柔らかくしますし、食後のデザートに食べれば、消化を促進し、コレステロールを分解してくれます。お酒の後に食べれば二日酔い予防にも効果があります。

    ●食物繊維
    コレステロールの吸収を抑えて、糖尿病、高血圧を予防します。腸の中をきれいにして消化促進、便秘予防にも効果が期待されます。

    未熟ないちじくは胃を痛めることがあるので要注意です。ドライフルーツのいちじくもあり、生いちじくの味の良いところを残し、噛むほどに甘味を感じます。それに干すことによってビタミンCが豊富になり、上記の栄養成分を手軽にとることができます。1日に2~3個がいいようですよ。

    このようにさまざまな栄養素が含まれているいちじく。小腹がすいたときなどの栄養補給に召し上がってみてはいかがでしょうか。
    ●アントシアニン
    イチジクの赤っぽい色は、抗酸化物質ポリフェノールの一つのアントシアニンです。細胞の老化を予防するため美容にいいとされています。

    ●カリウム
    神経や筋肉の機能を正常に保つのに役立ちます。血圧を下げる効果があり高血圧や動脈硬化などを予防する効果があるといわれています。夏バテ防止にも効果的です。

    ●フィシン
    たんぱく質分解酵素です。肉と一緒に煮込めば肉を柔らかくしますし、食後のデザートに食べれば、消化を促進し、コレステロールを分解してくれます。お酒の後に食べれば二日酔い予防にも効果があります。

    ●食物繊維
    コレステロールの吸収を抑えて、糖尿病、高血圧を予防します。腸の中をきれいにして消化促進、便秘予防にも効果が期待されます。
    出典 :あすけん - いちじくにはどのような栄養がありますか?
  • いちじくの効能!



  • ★便秘によい
    食物繊維(ペクチン)が多量に含まれているので、健胃、整腸、潤腸作用の効果があります。

    ★痔によい
    芽茎を折ると粘りのある乳汁(タンパク質分解酵素)がでます。
    この液は皮膚や筋肉を和らげたり、スベスベにしたり、イボ取りや痔に効果があります。

    ★二日酔いを防ぐ
    タンパク質分解酵素(フィシン)で、食べ過ぎやお酒を飲んだ後に服用すると、
    消化促進作用や二日酔いを防ぐ効果があります。

    ★咳を鎮める効果
    完熟は風邪の予防に利用されます。

    ★美肌作用の効果
    果汁を荒れた皮膚や、角質化した肘、膝、かかとに塗ると、皮膚に潤いが出ます。
    乾燥肌の予防や美肌作用の効果があると言われ、自然と肌が綺麗になっていきます。

    ★糖尿病、高脂血症、高血圧、大腸ガン、の予防
    水溶性食物繊維で代謝性疾患は予防、改善に有効があると言われています。
    不溶性食物繊維は大腸ガン、に有効とされています
    出典 :いちじくについていちじくの健康及び美容にはどのような効果(効能)があるのでし... - Yahoo!知恵袋
  • いちじくの栄養・効果

  • いちじくは、不老長寿の果物と言われるほど、いちじく栄養価や薬効が高い果物です。
    ペクチンという食物繊維を含んでいて、腸の働きを活発にするため、便秘に効果があるのは有名です。
    よく熟した実を1日に2~3個食べれば、効果が得られます。
    しかし、未熟な実を食べると、効果が無いだけでなく、胃が荒れますので、注意が必要です。
    いちじくの実には酵素が含まれていて、消化作用を促進させるので、お酒を飲んだ後に食べると、二日酔いになりにくいようです。
    いちじくはアルカリ性食品ですので、健康と美容を気を使う方に特に好まれています。 その他、炎症などを抑える働きもあり、喉の痛みを抑えたり、黄疸の治療にも有効とされているようです。
    出典 :いちじくの栄養・効果、利用法、食べ方、調理、選び方
  • イチジクは高血圧や動脈硬化などの防止に効果がある?

     

    いちじくに含まれるクマリン類のベルガプテン、プソラレンという成分は血圧降下作用があると日本薬学会で発表されていて、比較的多く含まれるカリウムとともに、血圧降下作用を期待できるといわれています。

  • イチジクの食べ方は?

     



    いちじくは果物としてそのまま食べる以外に、ドライイチジクや、イチジクジャムとしたり、甘露煮にしたり、パン、ケーキ、ビスケットなどに練りこんだり、スープやソースの材料に、ワインや酢の醸造用に、ほかにはペースト、濃縮果汁、パウダー、冷凍品などに加工して売られています。イチジクの赤ワイン煮でさらに脳・血管・肌が若返るといわれています。イチジク酢で免疫力向上・疲労回復がはかられるといわれています。

    イチジクの実を酢につけることで免疫力向上、疲労回復、便秘解消、ストレス解消、食欲増進などの健康効果が高められます。リカーに浸けたいちじく酒は手軽に作れる美容健康酒で、便秘予防と解消・整腸・貧血予防に効果があります。

  •  

    いちじくは二日酔いも防ぎます。

  • いちじくに関する声

  • 今日は「無花果(いちじく)」の紹介です。アル カリ性食品のため、健康と美容に気を使う方には ぴったりの果実です。
  • 今日は「無花果(いちじく)」の紹介です。アル カリ性食品のため、健康と美容に気を使う方には ぴったりの果実です。
  • RT @afgv24oolibe: 今日は「無花果(いちじく)」の紹介です。アル カリ性食品のため、健康と美容に気を使う方には ぴったりの果実です。
  •  

    いちじくの旬は3~5月と8~10月です。

  • いちじくの美味しい食べ方

  • いちじくジャムの作り方(レシピ)-02 - YouTube

  • いちじくラッシーの作り方 Fig yogurt smoothie - YouTube