眼精疲労にはこの対策!4つのポイント!

つらい眼精疲労からおさらばするために必要な
4つのポイントをご紹介します!
今すぐ出来る疲れ目対策もありますよ!

view261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼精疲労対策その1!


  • 病気が隠れてないかチェック!
    眼精疲労の背後になにか病気が・・・
     まず最初に大切なことは、眼精疲労の背後になにか病気が隠れていないかチェックすることです。視力や眼圧、眼底、視野、眼球運動などの検査を受けて、病気がみつかったら、その治療をします。原因を特定できない場合にも、ビタミンB製剤(細胞の新陳代謝を助けます)の点眼で、症状が改善することがよくあります。
    出典 :眼精疲労
  •  

    眼精疲労の背後には病気があるかもしれません!
    その原因を取り除く事で改善される場合があるのです!

  • ●近視・乱視・老眼など
     視力が悪かったり、メガネやコンタクトレンズが合っていないと眼精疲労が起こることがあります。ものが見えづらいため、目を凝らしたり、首を前に出す姿勢となり、その結果、目が疲れたり、首筋や肩が凝ったりします。
     また、老眼は40代半ばから60歳ぐらいの間に急速に進むのですが、この年齢は眼精疲労の患者さんの年齢層のピークと一致しており、老眼が眼精疲労の大きな原因となっていることが分かります。

    ●ドライアイ
     眼球の表面(角膜や結膜)が乾燥する病気です。目を酷使する人がなりやすく、眼精疲労を伴うことがあります。
     パソコンや携帯電話使用時には、まばたきが極端に減るため、ドライアイになりやすくなります。

    ●緑内障・白内障・眼位異常など
     緑内障は進行すると視野障害や視力低下を起こします。また、一部のタイプの緑内障では急に眼圧が上昇して眼痛・頭痛を起こすことがあります。
     白内障も進行するとまぶしさや視力の低下が生じ、眼精疲労を起こすことがあります。
     両眼の視線が外側にずれている間歇性外斜視(かんけつせいがいしゃし)などでは、ものを見るときに左右の視線を合わせるのに努力を強いられ、眼精疲労を起こすことがあります。
    出典 :第9回 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を | 頑張るシニア応援サイト「おとなの安心倶楽部」
  • 眼精疲労対策その2!


  • メガネがあっているかチェック!

     メガネやコンタクトレンズを使用している人では、それらが目にあっているかのチェックも重要です。なるべくなら、使用状況にあわせてメガネをいくつか作って使い分け、目の負担を軽くしてあげましょう。
    出典 :眼精疲労
  •  

    眼鏡やコンタクトがあっているかをチェックしましょう
    しかも、この場合は何種類か用途に分けて持つと改善の余地ありです♪

  • 眼精疲労対策その3!

  • 視環境’や‘視生活’をチェック!

     作業時の照明の明るさ、姿勢をチェックしてみましょう。パソコンを使うのであれば、その位置も重要です。パソコン作業中はこまめに休憩をとって目を休め、軽い体操をしてください。
     室内が乾燥したり空調の風が目にあたるとドライアイを引き起こします。また、眼精疲労の意外な原因として、周囲の人のたばこの煙もあげられます。これらについては職場に相談して調整してもらいましょう。
     そして、睡眠を十分とりましょう。寝不足のときには、目を使う時間が長くなる一方で目を休める時間が減るのですから、目が疲れて当然です。
    出典 :眼精疲労
  •  

    目を休める時間が大切です
    周囲の人のタバコも注意しておきましょう!

    目に優しい生活をココロがける事が大切です!

  • 細かいものが見えにくい、目がかすむなどと感じることはありませんか? そんなあなたは、眼精疲労かもしれません。眼精疲労とは、一般にいう疲れ目のことです。その原因は、目に異常があるか、体の状態が悪いか、精神的な要因によるものか、目にも体にも異常がないけれどメガネやコンタクトレンズが合わないか、目を酷使しているかなどが挙げられます。もし、目に異常を感じたら、原因をきちんと調べ、病気があるときは早急に治療をしなくてはいけません。また、睡眠不足、食生活の乱れなど、生活習慣に原因があって目が不調なときは、生活を改善する必要があります。また、室内の照明などをチェックする必要があります。
    さて、あなたの目は健康を保っているでしょうか。チェック項目を調べて確認してみてください。
    出典 :セルフドクターネット
  • 眼精疲労対策その4!

  • ストレス発散!

     趣味や散歩、スポーツなどで、ストレスを解消しましょう。ただ、ストレスがいくつも重なったり長期間続くと、ストレスを解消しようとする意欲までなくなることもあります。そんなときは医師に相談し、治療やアドバイスを受けてください。
    出典 :眼精疲労
  • ”良い診察を受けるための患者のテクニック紹介”


  • よい診察を受けるための患者テクニック
    ~次のことを医師に伝えましょう~
    □ 具体的な症状(目やからだの症状をできるだけ詳しく)
    □ いつから気になりだしたか
    □ 最近、以前と変わったことを始めたり、生活環境が変わらなかったか
    □ どんなときに症状がひどくなり、どんなときによくなるのか
    □ 目の病気をしたことはあるか
    □ 持病はあるか
    □ メガネやコンタクトをしている人は、いつからかけ始め、一番最後に作ったのはいつか


    出典 :眼精疲労
  • 上記の事を医師に伝えるだけでも全然違います。
    必要な情報を医師に提示するだけで、長い病院の待ち時間が短縮されるなど
    メリットも豊富にあります!

  • 今スグ出来る疲れ目対策!

  • 目の体操
    両目を見開いて、上下左右に大きく回します。
    右回りと左回りを数回ずつ行ったら、目を閉じて少し休みます。

    ツボ・マッサージ

    目の周りの骨を指で抑え、気持ちいいと感じるところを見つけて少し強く押してください。
    ただし、眼球を抑えつけないように注意してください。

    温める

    温かいタオルをまぶたの上にのせます


    出典 :眼精疲労
     

    まぶたの上に暖かいシャワーを数分当てるだけでも効果がありますよ♪

    いかがでしたか?
    パソコンを使う時間が長い方は要チェックしてくださいね♪