食べて痩せる!食材特集

痩せたい!でも食べたい!遠慮なく食べて痩せられる食材をあつめてみました。

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青魚

  • 青魚を食べれば、血液中の中性脂肪値やコレステロール値が下がります。
    そのうえ必須アミノ酸のヒスチジンの作用で、食欲が抑制されたり、内臓脂肪も減少します。まさにダイエット向きの食材といえるでしょう。ダイエットで痩せたい女性は、ヘルシーな青魚を毎晩食べてみてはいかがでしょうか?ただしアレルギーのある人はヒスチジンを摂れないので、控えたほうがよいかもしれません。
    その場合は、EPAやDHAをサプリメントから摂取するという方法もあります。

    青魚の栄養素・EPAやDHAは、油分に含まれる成分。油が失われやすい焼き魚より、そのままで食べる刺身のほうがよいでしょう。焼き魚にすると、脂肪が10~20パーセント失われるからです。そのほか、煮汁ごと食べられる煮魚という方法もあります。調理が面倒という人は、いわしやさんまの缶詰でもいいと思います。たまに回転寿司を利用すれば、料理の手間もないですし、鮮度のいい青魚を食べれるので、いいですよ^^
    出典 :青魚の栄養素~DHAやEPA、タウリン、ヒスチジン | ダイエットで痩せる方法とコツ
  • 新鮮な青魚はお刺身でも美味しいですよね。もちろん、過剰に食べ過ぎれば太りますからほどほどに。

  • りんご

  • りんごダイエットが一時期流行りましたよね。挑戦された方もいらっしゃるのではないでしょうか?なぜりんごは食べてもやせるのでしょうか?それはリンゴ自体のカロリーよりもりんごを消化・吸収する為に、必要なカロリーの方が上回るため、食べても痩せる食材といえます。

    また、整腸効果もあります。食前に食べると脂肪の燃焼を助けてくれます。
    出典 :食べるだけで簡単に痩せる方法!7つの食材と食べるタイミング
  • ダイエット中の前菜はリンゴで決まり?!

  • ピスタチオ

  • ピスタチオってもっとカロリーが高いかと思っていました。意外と低めなんですね。おつまみもピーナツよりピスタチオが良いかもしれません。

  • 鮭はウエストに効きます。鮭に含まれるオメガ3脂肪酸は血糖値の上昇を抑制し筋肉を増やす効果があるのでお腹周りの脂肪を減らす効果があります。鮭を食べて運動し、効果的に体を整えましょう。
    出典 :知らなかった新常識!これを食べなければ太る食品 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 大人も子供も好きな人が多い鮭なら、ダイエット中の食卓に挙げてもクレームは出ないはず。

  • 「タマゴを食べるとコレステロール値が上がる」と気にする人も多いでしょう。むしろ、タマゴは脂肪を燃やすための栄養が豊富に含まれている最高のダイエット食材です。

      特に酵素がとれる生がお勧め。「1週間で7個」までを目安にとるようにしましょう。
    出典 :食べたい物を食べて痩せるダイエット
  • やっぱり卵かけごはんが一番でしょうか。美味しい卵じゃないと、美味しく頂けませんが…。