リラックス効果がスゴイ!「陰ヨガ」って知ってる?

「陰ヨガ」のリラックス効果がスゴイ!

最近はヨガやってる人、多くなりましたね!
色んな種類があって、難しさも色々。
そんな中で今話題なのは「陰ヨガ」!
って・・・どんなものなのでしょうか?
まとめてみました♪

view3143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 陰ヨガってどんなヨガ?

  •  

    一つのポーズを長く取る事で
    経絡を活性化させる、静寂系ヨガ

    動的な動きのヨガ(陽ヨガ)の対になる関係にある静的な動きのヨガです。ダイナミックな動きを伴うヨガとは異なり、アーサナを3分~10分くらいキープしていく事で関節や筋膜を伸ばし、筋肉の柔軟性を高めていきます。また、自分自身の内観を深めて、心身を解放させる効果があります。アーサナをとりながら、深いリラックス効果を実感したい人におすすめ。

    引用)http://www.yogaroom.jp/category/category28.html

  • 筋肉をほぐし、心身に深い癒しをもたらす

     

    座位のポーズが中心で、ひとつひとつのポーズを長い時間保持するのが特徴。筋肉を緩めながら、体の奥にある骨や関節をつなぐ結合組織に意識を向け、気の通り道である経絡を刺激する。アラインメントは気にせず、自分が気持ちいいと思うところで静止して保持する。

    引用)http://yogajo.jp/category/detail/17.html

  • 座ってできるポーズが多いようです。

  • 一般的にハタヨガと呼ばれるアシュタンガ、ヴィンヤサ、パワーヨガなどのダイナミックなヨガは筋肉の緊張と弛緩を繰り返すものですが、陰ヨガは関節を中心にアプローチするため、筋肉を使って運動量をあげていくヨガとは全く異なるものになります。陰ヨガはじっくりと時間をかけて、関節の周囲にある筋膜と呼ばれる部分を伸ばして骨と骨の間に空間を作って筋肉も緩めていきます。
    出典 :町田市JR成瀬駅前 ヨーガ教室 ヨガ教室
     

    関節を伸ばしてあげることが目的なんですね~。

  • アサナ(ポーズ)の特徴

     

    筋肉の緊張によって硬くなりがちな腰、背中、骨盤まわりの結合組織に働きかけることで、カラダだけではなく、ココロも緩ませリラックス効果が期待できるヨガです。自分の意識を筋肉よりもさらに深部の骨のあたりに向けることで、より深いリラックスと解放感をもたらします。陰ヨガのプラクティスは、アサナを長くたもつことで自分自身の内面を観察し、心身を解放させていく時間にもなります。心身ともに緊張をほぐしたい方に、特にオススメのヨガです。

    引用)http://www.yoga-gene.com/workshop/yinyoga/feature#content

  • 自分の“内面”をみつめ、心身を開放する・・・ストレスを抱えやすい現代に合ってるヨガって感じがしますね。

  • 東洋医学に基づいた動きで未病を予防

  •  

    陰ヨガが大切にしているのは、第一にリラックスすること。体の緊張や滞りをほぐしながら、深い呼吸とともに気の流れをスムーズにしていくので、副交感神経を優位にし、深い安堵感が得られます。一度クラスを受けてもらえば、すぐに体と心が芯から緩んでいくのが実感できるはず。さらに、上級者向けともいえる経絡ヨガでは、肝、心、肺、腎、脾の5つの臓腑につながる経絡(エネルギーの通り道)を刺激しながらポーズを行なうことで、あらゆる健康トラブルの緩和や、未病の予防に役立ちます。また、ふだん陽ヨガを行なっている人や、サッカーやテニス、マラソンなどの激しい運動を習慣にしている人にもとっても、筋肉疲労を和らげ、関節の柔軟力を高める陰ヨガは効果的なプラクティスです。陰ヨガで体を緩めたあとは、アクティブなヨガやエクササイズの質がさらに深まっていくでしょう。

    引用)http://www.junostyle.jp/blog/yinyoga.html

  • エネルギーの経路を意識して行うことが、病気にならない体を作るってことでしょうか?

  • このヨガはチャクラでいうと第一、第二チャクラを中心に活性化します。腰周辺の6つの経路(膀胱、胃、すい臓、脾臓、肝臓、腎臓)を活性化することでリンパ腺も活性化されます。骨盤・股関節の周りを中心にゆっくりと自分の体重と時間をかけて筋を伸ばしていきます。単純な一つのポーズを大体5分程度(これは先生によっては15分という方もいます)保ちます。そうすることで、自ずと身体の声を聞き、内面と向き合って行くようになるのです。
    出典 :陰ヨガ : セラピスト万葉NYを行く
     

    リンパの流れも良くなる。激しいヨガではないのもあり、女性にとってはトライしやすいのでは?

  • やってみよう!陰ヨガベーシック 第1回バタフライ - YouTube

     

    股関節が硬い人でもやりやすいポーズだそうです。

  • 陰ヨガ ドラゴン(片脚立ち)シリーズ Yogalogサンプル - YouTube

     

    気持ち良さそう♪

  • 陰ヨガ カエルシリーズ 鼠蹊部、内転筋 Yogalogサンプル - YouTube

     

    自分の内面を見つめながら・・・なんとなく分かる気がしますね。