見逃してない!?保険診療で治せる症状一覧。肌荒れから肥満まで。それ、もしかして保険の効く病気かも!?

憂鬱な健康に関するお悩み、身体に関するお悩み…。
すっきりしたいけど、解決するにはきっと莫大なお金と時間がかかるのでしょうね…。
ちょっと待って!
あなたのお悩み、実は保険診療で治療できる病気かも!?
あざ、肥満、禁煙…見逃しがちな保険診療で治療できるかもしれない症状をまとめてみました。

view1215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ご注意

  • ※条件、治療内容、治療方法によっては自費診療になることもあります※
    ※2014年1月現在です。保険診療対象になる条件や、治療法は変更になることがあります※

  • あざ・シミ

  • 保険診療の適用となる病気: Qスイッチアレキサンドライトレーザー:太田母斑、異所性蒙古斑(青あざ)、外傷性色素沈着症 色素レーザー:単純性血管腫、苺状血管腫、病的な毛細血管拡張症
    出典 :レーザー療法 | 皮膚科 | 受診案内 | 関東病院 | NTT東日本
     

    生まれつきのあざや、病的な赤ら顔、
    怪我によってごみなどが入って刺青になってしまったものは
    保険診療でレーザー治療が可能です。

  • シミの一種・肝斑(レーザー治療が出来ないシミです)に対しては内服剤が保険で処方可能です。

    美容外科などでシミに効くと処方している内服剤(抗プラスミン剤)は1か月分・90錠360円です。
    また、キズがキレイに治る?と説明し処方しているケロイド治療の内服剤(トラニラスト)は1か月分・90カプセル1980円です(初診料などは除きます)。

    病的なアザのレーザー治療も黒あざ(色素性母斑)以外は現在、保険適応があります。

    40歳代以降の女性にできることがある、遅発性太田母斑様色素沈着症(シミと勘違いしている方がとても多いようですが、アザの一種です)も、病的な場合は、レーザー治療が保険で出来ます。

    老人性色素斑、ソバカスは『病気』と認められていません。
    出典 :保険診療について|しみ、にきび、タトゥー・刺青除去の事なら高崎メディカルクリニック|
     

    シミも中には、保険診療になる病気もあります。
    いわゆる一般の老人性のシミは治療するなら自費となりますが、自分で見分けるのは難しいので
    一度観てもらってはいかがでしょうか。

  • 肝斑に対する治療はビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸の飲み薬(内服療法)と、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、トレチノインといった塗り薬(外用療法)の2本立てになります。
    この内服療法とハイドロキノン、ビタミンC誘導体の使用により、半年で約50%以上の方に効果が出ると言われています。

    近年、市販薬でも肝斑に効く内服薬が出ておりますが、市販でされているものは内容量に不足がありかつ高価なものですが、肝斑は皮膚疾患として認められておりますのでこれらのお薬は保険が適応になります。
    出典 :肝斑の治療|三鷹 武蔵野 皮膚科 土日診療 アレルギー科 脱毛 武蔵野皮フ科クリニック
  • 脱毛症・薄毛

  • 円形の脱毛斑を1~数個生じる病気です。重症な場合には、頭髪が全部抜けてしまうこともあります。症状にあわせ、SADBE、DPCPによる局所免疫療法やステロイド局注療法、ステロイド外用療法を行っています。
    局所免疫療法は、週に1~2回の受診が必要になります。
    ステロイド局注療法とステロイド外用療法は保険診療で行うことができますが、局所免疫療法は保険外(自費)になります。
    出典 :板橋中央総合病院 皮膚科・形成外科 脱毛症外来
  • 全頭脱毛症の治療では、漢方薬の3週間投与(すべて保険適用)を開始


     全頭脱毛症は、治療が最も難しい皮膚病のひとつです。皮膚科の教科書に記載されている治療法を行っても、なかなか 症状は改善してこないのが現実です。しかし、全頭脱毛症は治療が不可能な病気ではありません。 漢方薬を用いて、うまく治療すれば治る場合もあります。ただし、その場合でも、髪の毛は徐々にしかはえてきませんので、 治療には数か月~3年と長い年月を必要とします。従って、当院では、愛知県外(場合によっては名古屋市外)の患者さん の場合にかぎり、漢方薬の3週間投与を開始しました。なお、治療はすべて保険適用で、自費治療はありません。
    出典 :全頭脱毛症の治療では、漢方薬の3週間投与(すべて保険適用)を開始
  • 白癬菌が頭部の皮膚深部に侵入して炎症を起こした場合、脱毛症を引き起こすことがあります。男子学童の間で流行する頭部白癬症には「シラクモ」という名称がついています。
    この「シラクモ」(頭部白癬症)を放置すると症状が酷くなり、この菌が頭部の毛穴から皮膚内部まで侵入してしまいます。皮膚内部にまで感染すると「ケルズス禿瘡(とくそう)」と呼ばれる広範囲な脱毛を引き起こす病気となります。
    出典 :ふくずみ形成外科:大阪・天満橋駅すぐ。「レーザー治療」「アンチエイジング」「痩身」美容外科・美容皮膚科・形成外科
     

    白癬菌による脱毛も保険で治療できる薄毛のひとつです。

  • 尚、男性型脱毛症や女性型脱毛症は保険がきかず、自費診療になりますが、
    こういった脱毛症を扱う病院ならたいてい行っています。

  • わきが

  • わきが(腋臭)とはわきの下の汗が原因で体臭が気になる病気です。わきが(腋臭)を美容上の問題と捉えれば、病気扱いしなくてよいと考える人も多いと思います。患者さん自身も病気と考えている方は少ないようです。しかしわきが(腋臭)は厚生労働省にも病気として認められており、健康保険の対象となっています。

    費用について当院では健康保険で手術を行っています。外来で片側の治療を行った場合の自己負担は、3割負担の方で2万前後です。入院して両側の手術を受けても、3割負担の場合、入院費を含めて6~10万円くらいです。美容外科等で保険が適応されない場合、片側25~40万位が多いようです。
    出典 :ワキガ(腋臭)とは、手術(保険適応)について 足立東部病院
     

    わきが手術は保険を使うとこんなにリーズナブルになるのですね。

  • 当院では、わきが・多汗症(腋臭症)の手術を保険適応で行っております。

    根治を望むならアポクリン汗腺を取り除く汗腺剪除手術を行います。
    手術は局所麻酔で行います。
    ワキの中央部1ヵ所約2.5~3センチの切開から皮膚を翻転して直視下に確実に汗腺を除去します。
    術後は創部の安静が必要です。上肢の挙上制限等の運動の制約があります。1週間後に抜糸します。
    出典 :ワキガ,わきが,多汗症(腋臭症)❘神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科
  • 肥満

  • Porträt eines dicken Herrn, des sogen. Feldhauptmanns Alessandro del Borro

  • 当院の肥満外来では、食事療法を中心に減量のサポートを行っています。

    患者様が無理しすぎず継続できることを一番に、ひとりひとりに合った減量プランの作成を管理栄養士がお手伝い致します。

    減量が健康的に計画的に進んでいるか、医師の診察と管理栄養士による栄養相談で確認しながら、治療をすすめていきます。

    ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

    ※尚、高度肥満(BMI30以上)の方は保険診療となりますが、BMI30未満の肥満については現在の保険診療では栄養指導が認められていないため自費での診療となりますのでご了承ください。
    出典 :肥満外来 | 糖尿病内科・内分泌内科 あそうクリニック
     

    BMI30以上だと栄養指導が保険で受けられます。

  • この食欲低下剤(サノレックス)は、脳に働いて食欲を抑えることで体重減少の手助けをします。
    通常1錠から開始し、最大で1日3錠まで内服できます。食欲を抑える薬ですので、食前に内服します。
    1錠だけ飲まれる場合、普通は昼ご飯の前に内服します。すると昼ご飯を減らしてもあまり空腹感がないため、ダイエットが成功しやすくなります。1錠でも夕食時まで効果が持続することもよくあります。

    BMI35以上の高度肥満の方の場合、おおよそ3ヶ月で平均的には10~20kgほどが見込まれます(もちろん本人の減量努力にもよります)。
    この食欲低下剤による肥満治療を保険診療するためには、BMI35以上という制限があります。
    出典 :生活習慣病- 京都 内科・消化器科・糖尿病専門医のますぎクリニック
     

    BMI35の場合、食欲低下剤が保険で処方されるそうです。

  • ダイエット治療の一環として、7泊8日の入院を皆様にしていただいております。外来通院のみで行って欲しいとの希望もあったのですが、肥満症克服には患者さんご本人の学習も非常に大切であり1週間の集中学習期間として皆様に入院していただいております。
    入院後、食事療法、運動療法、行動療法、薬物療法の4つの柱に従って減量していただきます。減量目標は患者さんそれぞれで異なるため、主治医の先生との相談の上で決めさせていただきます。
    出典 :ダイエット科|診療科のご案内|診療科・部門紹介|新潟労災病院
     

    ダイエット入院というものまで保険で!
    (肥満症の方に限ります。美容目的ではいけないそうです)

  • まぶたが重い・目の開きが悪い

  • 眼瞼下垂症

    眼瞼下垂とは何らかの原因でまぶたが開きづらい状態の眼のことをいいます。このため無意識に額の筋肉を使用するため、午後くらいになると頭痛や肩こりなどの症状が発生することがあります。
    近年コンタクト装用者による腱膜性眼瞼下垂が増加しております。
    治療としては原因によって異なりますが、(1)かぶっている重い皮膚の切除、(2)まぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜の修復に分けられ(1)と(2)を併用するケースもあります。
    眼瞼下垂症はまず、正しい診断が求められるのと同時に高度な手術手技も要求されます。繊細な眼の構造を壊すことなく、正しい手術手技で治療することが重要です。
    出典 :保険診療・目瞼下垂・眼の悩み|形成外科・美容外科・美容皮膚科 よだ形成外科クリニック
     

    美容外科など、健康保険を適応していない病院もあります。
    (美容外科でも保険診療しているところもあります)

  • 逆さまつげ

  • 逆まつげ(眼瞼内反症)とは?

    逆まつげ(眼瞼内反症=がんけんないはんしょう)は、まつげ(睫毛)が眼球に触れてしまい、角膜炎・結膜炎をおこします。上瞼のまつげで起こる場合と、下瞼のまつげで起こる場合があります。この治療法として、手術が有効です。保険診療で受けることができます。
    出典 :逆まつげ手術(上・下眼瞼内反症、保険診療) | 大阪府大阪市北区梅田 ヴィヴェンシアクリニック
  • 本来、外向きに生えるべきまつ毛が内向きとなり、角膜(黒目)や結膜(白目)の部分に接触している状態をいわゆる逆さまつ毛と呼びます。
    まつ毛がこれらの眼球の表面にあたると眼球の表面にびらん・潰瘍を生じ、長期的には角膜の混濁や乱視などの視力の障害につながる可能性があります。
    まつ毛が内側を向いてしまう原因には、大きく分けてまぶたの内側へのまくれ込みによる眼瞼内反(がんけんないはん)とまつ毛の生え方が原因で起こる睫毛乱生(しょうもうらんせい)があります。
    出典 :逆さまつげ | 山梨 美容外科 目のくま手術 脂肪吸引 脱毛|甲府昭和形成外科クリニック
  • にきび

  • にきび、治りづらい大人にきび、にきびあとの治療・予防
    まずは現在できているにきびを治して、新しいにきびをできにくい肌質に変えて行きます。
    毛穴のつまりを防ぐ特効薬も保険適応になりました。
    また、普段のお手入れの方法をちょっと工夫していただくだけで、肌質が改善することもあります。
    漢方薬を使った全身の体質改善が必要な場合もあります。
    にきびに悩んでいる方は、いじったり潰したりせず、まずはご相談下さい。
    出典 :品川区【さくら皮フ科】皮膚科・形成外科・美容皮膚科|アンチエイジング
     

    保険診療で出るニキビ薬はとても良くなったそうです。

  • 肌荒れ

  • 肌あれビタミン剤、外用薬の処方肌のかさつきビタミン剤、外用薬の処方化粧かぶれ内服、ビタミン剤、外用薬の処方日焼け内服、外用薬の処方
    出典 :一般保険診療 | 新宿南口皮膚科
     

    肌荒れやかぶれも、内容によっては保険診療の適応になります。
    化粧品だけで治らない場合は検討してみて!

  • 生理前のイライラ

  • PMS(月経前症候群)について
    月経前症候群PMSとは. 排卵後から月経が始まるまでの間(基礎体温が高い時期)に、胸のはり・腰痛・肩こり・むくみ・便秘・下痢・頭痛・吹き出物・眠気・疲労感など身体の変化や、イライラ・憂鬱・過食・無気力・集中力低下など心の変化の波が起こること
    出典 :いけした女性クリニック銀座(旧池下レディースクリニック銀座) 女医 池下育子 婦人科・ココロの相談・美容(レーザー脱毛・ピーリング)女性の身体に関するお悩み全てのご相談をお受けします。 - クリニックQ&A - PMS(月経前症候群)について
  • 禁煙

  • 鳥居清長の版画 : 美南見十二候 九月 (漁火).

  • 現在、健康保険等※1を使って禁煙治療が受けられるようになりました。

    禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で12,000円~19,000円程度※2です。
    1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくは医療機関にお問い合わせください。)
    出典 :健康保険等の適用と禁煙治療にかかる費用|保険適用について|すぐ禁煙.jp
     

    ただし、ニコチン依存症と診断された方で、初回か、前回の治療から1年以上経過した方だけです。

  • 巻き爪

  • 陥入爪(巻き爪)とは
    陥入爪(かんにゅうそう)とは、いわゆる巻き爪と言われているように、爪が内側に巻いてしまう状態のことです。
    具体的には、爪の横の部分(爪縁)が皮膚に食い込んでしまう状態を言います。
    主に、足の第Ⅰ趾に生じますが、他の足の趾や手の指にできることもあります。
    出典 :巻き爪の手術(陥入爪手術) | 内科・皮膚科・形成外科・美容外科のことならJR本千葉駅徒歩1分のHSクリニック(千葉)
  • 以前は、爪の横の皮膚を切り取って縫い合わせる手術が一般的でしたが、車椅子に乗って1週間入院するほど痛みが強く、現在では、フェノール法という薬剤で爪の根本を焼く治療が一般的です。

    フェノール法は、痛みも少なく短時間の外来手術で終わる、歩いて帰れるなど優れた利点を持つ方法で、保険治療で行われる巻き爪治療のスタンダードとなっています。
    出典 :巻き爪 陥入爪 治療方法 保険対応 なでしこクリニック