緑内障の症状と原因、治療法と予防

日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっています。その症状と原因、治療法と予防を調べてみました。

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 緑内障とは?

  • 緑内障は眼圧により視神経が慢性的に圧迫されることで、視神経の障害を生じ、放置すると視野欠損を生じ、重症例では失明する可能性のある目の病気です。緑内障は視神経の病気で、その自覚症状は視野が欠けて狭くなります。
    ごく一部の患者の方では急激に眼圧が上昇し、一時的に吐き気や頭痛、眼の痛み、目のかすみを自覚することがあります。
    出典 :緑内障とは | 緑内障 眼圧 治療
  • 初期に自覚がない

     

    痛みや充血といった症状が全くなしに進行し、視力の低下も、病気の最終段階まで現われません。このため病気であることを認識できず、治療開始が遅れることが多々ある眼病です。

  • 緑内障の症状

  • 症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。
    出典 :緑内障の症状|緑内障|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 緑内障の原因

  • その原因はまだはっきりとはわかっていませんが、視神経の血の巡りが悪いことや、視神経が圧力に弱いことが原因ではないかと言われています。
    出典 :緑内障の原因・症状と自宅で出来る治療法
  • 緑内障の種類

     

    緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。
    原発開放隅角緑内障:房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。
    正常眼圧緑内障:眼圧が正常範囲にも関わらず緑内障になる人がいます。近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約7割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いことがわかりました。
    原発閉塞隅角緑内障:隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります
    発達緑内障:生まれつき眼内の水の流れ路が未発達であることから起こる緑内障です。
    続発緑内障:外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

  • 緑内障の検査

  • 緑内障の進行はとてもゆっくりなため、発病から失明するまで30年ほどかかると言われています。原発緑内障のうち、閉塞隅角緑内障は進行も遅く、症状も緑内障と気付きづらく自覚症状もないため、気づいた頃には症状がかなり進行・悪化し、視力を失っている場合があります。したがって、緑内障の予防には、定期的な検査が必要です。
    出典 :緑内障
  • 眼圧検査

     

    眼圧計を使った眼圧検査をおこないます。機械で直接目に触れて測定する機器、目に圧縮した空気を吹き込んで測定する機器があります。
    眼圧は血圧のように、一日の中で変化があるので、繰り返しの検査が必要となります。

  • 眼底検査

     

    視神経の障害の程度を判定します。検眼鏡、生体顕微鏡、眼底カメラ、画像解析装置などで検査します。

  • 視野検査

     

    光の見え方で、見える範囲を調べます。緑内障の進行具合を判断するための最も重要な検査です。視野が正常か異常か、また病気の進行状態を調べます。

  • 隅角検査

     

    緑内障の種類を検査します。検査には専用のコンタクトレンズを用います。特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて隅角を観察して診断します。

  • 緑内障の治療

  • 病気が進行して損なわれた視神経を回復することはできません。したがって緑内障の治療とは、病気の進行を遅らせたり、それ以上進まないようにすることで、失明を防ぐことです。
    (1)点眼薬による治療
    多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本です。現在では、緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方されます。点眼薬は、低濃度から高濃度など複数の種類があります。複数の目薬を組み合わせて処方される場合もあります。目薬は病状を維持するためのものです。症状が改善しないからといってやめてしまわず、長期的に根気よく続けていくことが重要です。
    (2)レーザー治療
    点眼薬による治療で効果がない場合、レーザー治療をおこないます。どのタイプの緑内障でできるものではないので、眼科医と相談します。メスを使わず、レーザー光を用いるので、眼球を切開せずに済みます。
    (2)手術治療
    点眼やレーザー治療でも効果がみられない場合は、手術をおこないます。手術は眼球を切開して房水の流れをつくります。
    出典 :緑内障
  • 緑内障の予防

  • 緑内障は、早期発見が大事ですので、眼科での定期的な検査(緑内障ドック)が一番の予防法といえます。緑内障は、眼圧測定だけではわからないため、眼底検査、視野検査などが必要となる。
    また、緑内障は、ぶつかって眼圧が上昇する場合や生まれつき(隅角が未発達)でない場合には、生活習慣(糖分の摂りすぎ、血液がドロドロ、眼精疲労、ストレス、運動不足など)と何らかの関係があるのではないかと考えられています。
    緑内障の治療・予防には、栄養補助食品(ルテイン・カシス等)や生活習慣の見直しなどによる日頃からのケアが重要です。
    出典 :緑内障|緑内障の症状・緑内障とは・治療・原因 - 目の病気・症状 チェック
     

    ルテインとは、カロテノイドという野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種。ルテインは、目の健康補助食品・サプリメントとして注目されています。
    カシスは、ヨーロッパからアジアにかけて、寒冷地に広く生育するユキノシタ科の落葉低木性の果樹で、6~8月に濃い紫色の果実をつけます。