シミのケアに馬油が効くってホント?!

馬油は、古くから「火傷や切傷」「水虫やひこうしん」などの治療に万能薬として使用されてきました。
現在では、「しみ・そばかすの除去」「育毛・養毛」などの顔・体・髪など全身に使えるスキンケアとして幅広く使用されています。

view2707

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 馬油とは?

     

    その名の通り「馬の油」で、尾のつけね/馬のたてがみ/皮下脂肪
    または、これらを混合したものを圧力を加えて搾ったり、火にかけて煮立たせたり
    して得られた油分のことを馬油と言います。

    約400年前、中国大陸から日本に渡来した唐の名僧が、九州に拡めたのが最初だと伝えられています。

  • 馬油の特徴

  • 一番の特徴は、強力な浸透力です。人間の皮脂と似た成分のため、肌の角質層にまで浸透します。皮脂には、細菌を肌の奥にまで入り込ませないようなバリア機能があるため、肌荒れを起こしにくくなります。塗ったときはべたつきますが、3分くらいすると皮膚の奥に浸透するので表面はサラサラになりますよ。

    血行促進効果もあります。馬油を塗ったところは血流がよくなるので新陳代謝もよくなります。顔に塗れば、肌がワントーン明るくなりますし、シミをとる効果もあるそうですよ。筋肉痛を起こしている部分に塗ると治りも早いです。

    熱を取り去り、炎症を鎮める効果があるので、馬油はもともとやけどの傷や傷痕にとても効果を発揮するものとして有名でした。こういった作用から、やけど以外でも、傷やかゆみなどの炎症にとても効くそうです。また、薬と違って副作用がないので、誰でも使用することができます。
    出典 :シミが消えちゃう!?万能な馬油の効果 | 美人生活
  • 馬油の効果は?

  • 馬油は先ほども言いましたが浸透力がとても強いです。普通の化粧品などは肌の奥にまでは入っていかないのですが、馬油は角質層まで浸透していきます。つまり、馬油を塗ると角質層までの道すじができるので、次につけた化粧品が肌の奥にまで入っていってくれるのです。普通化粧品を肌の奥にまで浸透させるには、美顔器や超音波などでやる必要があるのですが、馬油はただつけるだけで同じ効果を発揮してくれます。

    血行促進作用から、馬油を塗った部分の皮膚の新陳代謝があがります。シミのあるところに少し多めにつけて、マッサージすると3週間ほどでシミが薄くなったという声もあります。肌のターンオーバーが早まれば、ニキビ跡などの傷跡が消えるのも早くなりますし、目元のくすみなどにも有効です。血行が悪いためにおこる肩こりなどにも効きます。

    シミがとれて美肌効果もあり、肩こりにも効くなんてほんと万能ですよね!次は、馬油の使い方です。
    出典 :シミが消えちゃう!?万能な馬油の効果 | 美人生活
  • 使用方法

  • 化粧品の浸透力を高めるため、基本的には洗顔後すぐの肌に塗り、そのあと化粧水から始まる普段のスキンケアをします。とても伸びがいいので少し濡れた肌に米粒2粒くらいで大丈夫です。3,4分すると浸透して肌表面がサラサラになってきますので、そうなってからスキンケアを始めましょう。

    スペシャルケアとして、顔にさくらんぼ大くらいの馬油をたっぷりぬり、湯船につかるとかなりプルプルの肌になります。その後洗顔しても突っ張ることがないので、乾燥知らずです。ほかにも、たっぷり馬油を塗りスチーマーをあてるとか、ホットタオルをのせてもうるうるの肌になりますよ。

    私は、洗顔後にたっぷり馬油を塗り、軽くマッサージをしてからティッシュで押さえ、その後にスキンケアを開始します。これをするようになってから、目に見えて肌がきれいになりました。友達やお客さんからも、化粧品何使ってるの?とよく聞かれるので、馬油ですって言うんですが、おばあちゃんみたいと絶対言われてしまいます(笑)でも効くんですよ!!
    出典 :シミが消えちゃう!?万能な馬油の効果 | 美人生活
  • 馬油製品

  •  

    ■ソンバーユ
    最も有名な馬油製品。

  • 【動画HowTo】馬油パックのやりかた - YouTube

     

    ソンバーユを使ったマッサージ方法の動画

  •  

    ■馬油100%
    その名の通り、100%馬油!

  •  

    ■北海道精製純馬油ピュアホワイト

    薬品などの化学物質は一切使用せずに精製した無香料の馬油で、匂いが気にならない。

  •  

    ■馬油100

    たてがみ下のこうねをたっぷり配合した馬油。

  • 【おまけ】シワだけじゃない馬油の効果

  • <まつ毛美容>

    朝・晩の2回、綿棒や歯間ブラシなどを使ってまつげの根元から全体に広げるようにぬります。

    (注意点)まつ毛だけでなく、顔のうぶ毛も元気になってしまう可能性があるようです。