【アレキシサイミア】感情を言語化できない・ストレスを感じない...失感情症

view1634

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 失感情症(アレキシサイミア)とは内面の感情や感覚の気付きが低下して、感情を伝えることも障害されている状態をいいます。

  • アレキシサイミアとは

  •  
  •  
  •  
  •  
  • こんな人、周りにいませんか?

  •  
     

    ・生気が感じられない。ボーとしている。
    ・話し方が変わっている(事実しか話さない、感情がない)

  •  
  • アレキシサイミアの人は...

  • ストレスをストレスと感じない

  • しんどい、つらい、疲れた、腹が立つなどの感情をうまく言い表すことができない

     
  • 腹が立った、胸がドキドキした、涙がでるような思いがしたなどの事が理解できない

     
  • 小さい時から自分の感情を表現せず、自己主張しない。

     
     

    実際は忙しくて残業続きなのに、周囲には「特に問題ありません」「万事うまくいっています」など、八方美人的に振る舞ったりしているとなりやすいと指摘されている。

  • 空想、想像が苦手

     
  • 自分の微妙な感情の変化に気づき、言葉にしていくことは心の健康維持に大切です

  •  
  • 自分の感情を表現する練習「日記」

     
     

    不快な感情をいつも心の奥にしまい込んでいないかチェックしてみよう。もしそうなら、自分の感情(喜怒哀楽)を表現する練習を始める。

    例えば、毎日、1日の出来事とそれに伴う感情を日記風に書いてみる。自分を客観的に第3者の目で眺めることが、心の中の叫びに気づくことにつながる。

  • アレキシサイミアの人はまず自分の感情に気づき、表現する練習が必要なのですね