中毒は危険!アルコールは控えるべし

アルコール中毒は意識レベルの低下を引き起こします
適度なアルコールが良いのです
中毒についてをご紹介

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一気飲みなんかするから

  • 急性アルコール中毒では、体内のアルコール濃度が高まって、意識レベルが低下し、嘔吐、血圧低下、呼吸数低下などを来します。短時間に大量摂取する時に発症しやすく、その典型例が一気飲みで、死に至ることもあります。若者をはじめとして年長者もその危険を知り、一気飲みしない・させないことが必要です。
    出典 :急性アルコール中毒|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 急性アルコール中毒とは、アルコール飲料としてエタノールを短時間に多量に摂取したために通常の酔った状態を超えて、運動失調や意識障害、さらには昏睡(こんすい)、呼吸抑制、血圧低下といった状態が生じることです。重症の場合には死亡することも多く、決して軽視できません。
    出典 :急性アルコール中毒 - goo ヘルスケア
  • 症状は

  • 二日酔いよりも怖いことで、生命の危険もある中毒症状です。少しでも兆候を見つけたら、直ちに病院へ搬送し、医師の処置を受けてください。
    出典 :急性アルコール中毒
  • 急性アルコール中毒の症状とは、 ●自力で立てない●声をかけたり、顔をたたいても反応が鈍い●酔いつぶれたまま嘔吐している●飲み始めから短時間(1時間程度)で酔い潰れている
    出典 :急性アルコール中毒
  • 原因も分かっている

  • 普段酒に強いと思っている人でも、たとえば日本酒1升やウイスキーボトル1本を30分以内で飲むといった短時間での多量摂取は、しばしば昏睡や死亡につながります。その半分の量やスピードでも、急性アルコール中毒は起こります。
    出典 :急性アルコール中毒 - goo ヘルスケア
  • 摂取されたエタノールは、アルコール脱水素酵素などによりアセトアルデヒドに代謝され、さらにアセトアルデヒド変換酵素により酢酸になりますが、日本人には遺伝的にこのアセトアルデヒド変換酵素のはたらきが比較的弱い、あるいはほとんどはたらかない人が大勢います。
    出典 :急性アルコール中毒 - goo ヘルスケア
  • 救急車を呼ぶ例

  • ●いびきをかき、強くつねっても反応がない。
    ●倒れて、口から泡をふいている。
    ●体温が下がって全身が冷たい。
    出典 :急性アルコール中毒
  • ●呼吸がゆっくりで、時々しか息をしていない。
    ●呼吸が異常に早くて浅い。
    ●飲み始めてすぐ酔いつぶれる。
    出典 :急性アルコール中毒
  • 訓練すればアルコールは強くなるのか

     

    アルコールの分解については、遺伝的に持っているアルコールを分解する酵素の種類によって、分解できる能力が決まってくるという話をしました。つまり、日本人の約1割と言われる「下戸」の人は、まったくアルコールを受け付けませんので、いくら「訓練」してもアルコールに強くなるということはまったくありません。

  • 治療はしておきましょう

  • 重症例で昏睡の場合には、気管内挿管を行い、必要に応じて人工呼吸を行います。鼻から胃に管を挿入して、大量の微温湯で胃を洗浄して胃のなかのアルコールを取り除き、同時に下剤を投与します。また、輸液によってアルコールの排泄を促進させますが、血液透析が必要になることもあります。
    出典 :急性アルコール中毒 - goo ヘルスケア
     

    こうなる前に飲まない!

  • 色々な症状に注意

     

    そのほか、症状・程度に応じて、脱水、低体温、低血圧、低血糖、呼吸抑制、代謝性アシドーシス、興奮・不安などの対処を行います。また、嘔吐による窒息(ちっそく)に注意します。