多重人格障害について知ろう

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多重人格障害は、現在推奨される診断名では「解離性同一性障害」と言います。日本において、潜在的な患者数は5,000人にのぼるのではないかと言われています。

  • 実際にあった多重人格障害(解離性同一性障害)の例

  • ビリー・ミリガン

     
     

    実際の事件を基にしたノンフィクション作品。

  •  
  •  
  •  
  •  
     

    現在は名前を変え、カリフォルニアで生活しているとの噂です。

  •  
     

    4人の人格を持つ妻について、夫が執筆。

  •  
  •  
  •  
     

    現在も治療継続中とのことです。

  • なぜ、多くの人格が創り出されるのか?

  •  
  •  
  • 多重人格は精神的な障害によるもの

     
     

    うつ病や統合失調症は、脳内物質の分泌とも深いかかわりがあります。この点、多重人格(解離性同一性障害)は違います。

  •  
     

    上記の「4人の人格を持つ」女性の例です。

  •  
     

    催眠療法を行う専門家が「きっと虐待のせいだろう」と思い込んでいると、患者がその暗示にかかってしまうことがあるそうです。