女性は要注意!「膀胱炎」に気をつけよう

膀胱炎とはどんな症状が出るのかなど、知っておいた方が良い事は多いのです

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱炎とは

  • 膀胱炎は、女性がなりやすい病気です。一度発症してしまうと、繰り返すことが多い病気なので、なったことのある人は再発しないように、その他の方は予防をしっかりとしておくことが大切です。
    出典 :膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    予防はしっかりしておくのが正解です

  • 膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。
    出典 :膀胱炎とは | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    女性は気をつけなければならない事がわかるでしょうか

  • 女性が気をつける理由

  • 細菌のいる腟や肛門と尿道との距離が近いということなどが挙げられます。性交が膀胱炎の原因になることもあります。これは性交をした時の動きによって尿道が傷ついてしまうと、細菌が尿道を登ってしまい膀胱に侵入しやすくなるからです。
    出典 :膀胱炎とは | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    女性はリスクがとても高いのです

  • 妊娠している時も危ない

     

    妊娠した状態では膀胱を空にしにくくなりますので、妊婦は特に膀胱炎を起こしやすい状態になりますので注意が必要です。圧迫されて頻尿になりますが、空になり難いので大変なのです

  • 種類

  • 単純性膀胱炎は、機能的・形態的に尿路に異常のない人の膀胱炎です。 単純性膀胱炎は、女性では尿意を我慢したり、冷えや月経が原因で起きることがあります。 また妊娠や便秘、性交渉などが誘因となって起こります。 単純性膀胱炎の症状には、頻尿や残尿感などです。
    出典 :膀胱炎とはどんな病気?|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
     

    これが基本的な膀胱炎ですね

  • 複雑性膀胱炎は、尿路に尿停滞、異物、持続的細菌源、あるいは全身的抵抗力の低下などの基礎疾患を有する慢性膀胱炎です。 複雑性膀胱炎は、これら基礎疾患を除去しなければ感染症は治癒しないことが多いといわれています。 また、複雑性膀胱炎には、しばしば複数菌感染がみられます。
    出典 :膀胱炎とはどんな病気?|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
     

    細菌の感染を起こすと他の病気のリスクも高くなります

  • 間質性膀胱炎は、何らかの原因で膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起き、筋肉が萎縮する病気です。通常、膀胱には200~400mlの尿が溜まると尿意を覚えますが、この間質性膀胱炎になると膀胱が膨らまないため、100ml以下で一杯になります。
    出典 :膀胱炎とはどんな病気?|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
     

    尿が溜まると痛みが出てトイレに行く回数がかなり増えます

  • 〈嚢胞性膀胱炎〉嚢胞性膀胱炎は、膀胱粘膜に袋状の病変が発生します。〈真菌性膀胱炎〉真菌性膀胱炎は、真菌(かび)の感染によって膀胱が炎症を起こすものです。
    出典 :膀胱炎とはどんな病気?|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
     

    他にもこのような症状が出てしまうのです

  • 主症状を覚えておきましょう

  • •「トイレが近くなる」
    •「おしっこをすると痛い」
    •「尿をしたあともすっきりしない」
    •「尿が濁ったり、血が混じる」
    出典 :膀胱炎|きつかわクリニック 港区 田町 三田
     

    これらがあるのです

  • 膀胱炎の初期症状は、トイレに行く回数の増加です。1回量が少なくなります。 進行して症状の強い時は、10分間隔でトイレに行くことも少なくありません。そして排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。
    出典 :膀胱炎|きつかわクリニック 港区 田町 三田
     

    尿が白く濁る&血が混じるという事があるのです

  • 膀胱炎での受診は

     

    内科、泌尿器科、産婦人科で受診することをお勧めします。