ダイエットが失敗してしまう3つの原因

ダイエットが失敗してしまう原因になる3つのポイントについて解説していきます。

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ①運動不足

  • ダイエットというと必ずといっていいほど運動の話が出て来ます。運動嫌いの人はなんとか食事制限だけで、脂肪を落としたいと思います。そして食事制限もしたくない人は、飲むだけで痩せるとか、食事制限も運動も必要ないダイエット、なんて広告の説明を熱心に読んだりします。 確かに運動なしでも体重は落ちます。へたに運動すると、よけいに腹が減るから運動はしない、なんて人もいます。
    出典 :ダイエットと運動
  • 運動は始めに内蔵脂肪を燃焼させる

  • 運動をすると、まず血液中にだぶついている脂肪が燃えます。そして次に内蔵脂肪が燃えだします。これはたいへん健康に良い事です。血液中の脂肪は血液をドロドロにして、心臓に負担をかけますし、血管の内側にへばりついて血管を細くもろくしてしまいます。内蔵脂肪は、だぶつくと成人病にかかる確率が非常に高くなってしまいます。運動をする事でこの2つが解決できるんですから、これはやるべきです。そしてさらに運動を続けると、よーやく皮下脂肪が燃えだします。
    出典 :ダイエットと運動
  • 内蔵脂肪がたっぷりついている人は、ダイエットと運動を並行して行っても皮下脂肪が燃えだすまでにはかなりの日数が必要だと言う事になります。ここで問題がおきるんです。ダイエットを始めて1ヶ月経過、かなり頑張ったので3キロも落とす事ができました。自分で自分をほめてあげたい気分です。お腹もかなりひっこみました。そしておもむろに自分の部屋に鍵をかけ、裸になって体のチェックをします。(べつに裸でなくてもいいんですけど)体のチェックをして唖然とします。「エーッ、ウッソー! 」彼女の体はダイエット前と何ら変わりなく見えたからです。
    出典 :ダイエットと運動
  • 3キロも体重を落としたのに、お腹もおしりも全く脂肪が落ちた形跡が見当たらない。たいがいは、ここでいやんなります。「あほらし、やーめた!」となってしまうのがおちです。「いいんです、それでいいんです。」とアドバイスしてくれる人がいなければ・・。彼女の場合、マラソンでいえば折り返し地点に差しかかっているのに、これからドンドン皮下脂肪が燃えだすというのに、自分ではスタート地点を走っているような気分なんです。
    出典 :ダイエットと運動
  • ②過度な食事制限

  •  

    「運動が苦手だから食事でカロリー制限しよう」と過度な食事制限をすることによって、空腹感に耐えられずにストレスが発生。そして反動でドカ食いしてしまう……という、悪いスパイラルにハマってしまう人も。

  • リバウンド

  • 食事制限のもう一つの問題として「リバウンド」があります。

    リバウンドとは、ダイエット後に体重が元の値に戻るかそれ以上に達してしまうことです。このリバウンドが生じやすいのが、無理な食事制限をした時です。無理なダイエットをすると反動で食べ過ぎてしまうことがよくあります。その結果、体重がすぐに増えていってしまうのです。
    出典 :過度な食事制限によるダイエットは限界あり すぐにリバウンドする
  • ③モチベーションがキープできない

  • 「マイナス○kgダイエットする!」と強い意志を持つものの、なかなか結果が出て来ない焦りから挫折してしまいがちに。逆に、明確な目標がないためやる気が続かないケースもあります。
    出典 :あなたのそれがダメ!ダイエットに失敗する3つのやりがちな原因 - Ameba News [アメーバニュース]
  •  

    摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、体重が減るのは周知の事実ですが、ただいきなり運動量を増やしたり、食事量を減らしたりすることは人間の本能に逆らうことになり、減量できたとしてもリバウンドしやすい身体になってしまいます。

  • ダイエットで大切なのは、まずは日常の中で自分ができることから始めること。食事や運動を今よりも少し意識するだけで大丈夫です。それらを習慣化することがまずはスタートライン。
    出典 :あなたのそれがダメ!ダイエットに失敗する3つのやりがちな原因 - Ameba News [アメーバニュース]
  • まとめ

  • ①運動不足
    ②過度な食事制限
    ③モチベーションがキープできない
    以上、3つのポイントであるダイエットの失敗となる原因を挙げました。
    この3つを注意してダイエットを始めて見てください。