この痛みは何??妊娠初期の足の付け根の痛み

妊娠初期の足の付け根の痛みはどうして起こるのでしょうか?多くの先輩ママが経験している妊娠初期の足の付け根の痛みについてご紹介しましょう。妊娠中の不安はひとつでも解消したいものですよね。妊娠初期の足の付け根の痛みについて勉強するのと同時に、痛み軽減の体操もご紹介します。

view36416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期のからだの変化

  • 妊娠中に足の付け根が痛くなることは、良くあることです。 妊娠4ヶ月から5ヶ月ぐらいの、少しお腹が目立ち始めたころから始まる人が多いようです。なぜこのころから足の付け根が痛くなってくるのかというと、まず一つ目は今までは平らだったおなかがだんだん大きくなってくる為,そのお腹を支えるために足や腰に負担がかかるためです。
    出典 :妊娠と足の付け根
  • 二つ目は、出産に向けて今まで正常位置にあった骨盤が少しずつ開いていく為です。女性は妊娠すると各骨盤を締めていた靭帯を緩めるホルモンが出始めます。このホルモンが出始めるのが妊娠3,4ヶ月ごろからなので、足の付け根が痛くなるのもそのころが多いのです。
    出典 :妊娠と足の付け根
     


  • なぜ足の付け根付近の痛みを感じるのでしょう?

  • 妊娠中の足の付け根の痛みについて

     

    妊娠中の足の付け根の痛みが起こる原因に骨盤のゆがみがあります。骨盤がゆがむと足の付け根にある股関節周りの筋肉や、靭帯に負担がかかってしまいます。すると、だんだん負担が強くなり、痛みが起こるようになります。

  • 骨盤が歪んでしまうと、なおさら骨盤内の血液循環は悪くなりますので大腰筋やまた足の付け根(ソケイ部)にあるソケイ靭帯などが硬く緊張しますので、不快な痛みを感じるのです。
    出典 :妊婦の足の付け根の痛み(ソケイ部の痛み)の原因とは
  • 子宮が大きくなることにより、子宮を支えている靭帯が引っ張られ痛みが生じます。ひきつるように痛むことが多いようです。体をひねるとどちらか片方の付け根に痛みを感じます。妊娠初期だけでなく期間中通して痛みが生じることがあります。
    出典 :【妊娠初期】下腹部痛の原因~体の変化に伴う痛み -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 妊娠初期の足の付け根の痛みの原因は骨盤のゆがみ

     

    妊娠初期の足の付け根の痛みは、骨盤のゆがみからくるということが分かりました。女性の骨盤は図のようになっているのですが、骨盤が広がった状態が、茶色の部分が大きくなることを言います。この部分が広がることによって、足の付け根に痛みを感じる妊婦さんが多くいらっしゃいます。

    赤ちゃんがお母さんのお腹から産道を通って、外の世界へ出るためには、骨盤の広がりが大切になります。骨盤が広がっていなければ、赤ちゃんは産まれることができません。出産のためには骨盤が広がることは大切なのですが、なるべく痛みを感じたくはありませんよね。そんなときには、骨盤のゆがみを調整するためのベルトがあるので、そちらを使ってみましょう。

  • 妊娠初期の足の付け根の痛みを緩和させるトコちゃんベルト

     

    妊娠初期の足の付け根の痛みの原因は、骨盤の開きからくるということをお伝えしましたが、その骨盤の開きを調整するためのものがトコちゃんベルトです。

    トコちゃんベルトをつけることによって、開いた骨盤をしめることができ、歩きやすくなります。

    妊娠初期の足の付け根の痛みを感じた妊婦さんは多くいらっしゃいますが、トコちゃんベルトをつけて痛みが軽減されたという方も多いようです。

    トコちゃんベルトは、産婦人科で取り扱っている場合もあるので、妊婦健診の際に医師に相談をしてみると良いでしょう。取扱いがない場合は、通信販売でも購入することができるので、そちらを利用してみましょう。

  • 妊娠中の足の付け根の体操

  • 妊娠中の足の付け根や腰の痛みには、簡単な体操が効果があります。
    足の付け根の体操は、まず横向きに寝そべって、床についているほうの側の腕で頭を支え、もう片方は胸の前に軽く着き体が前に倒れないようにしてください。
    出典 :妊娠と足の付け根
  • 上のほうの足をひざを曲げた状態にして、肩の方にゆっくりと引き寄せます。そしてゆっくりと元の位置に戻します。
    これを5回ずつ左右の足とも行います。 この体操は股関節をやわらかくし、足の付け根の痛みを和らげます。

    出典 :妊娠と足の付け根
  • 妊娠初期の足の付け根の痛みを軽減させる運動【ひざ倒し運動】

     

    妊娠初期の足の付け根の痛みを軽減させるために、足の付け根の運動をしましょう。運動をする場合は無理をせずに行うことが大切です。少しでも体調がおかしいなと感じたら、運動を中止しましょう。

    【妊娠初期の足の付け根の痛み軽減運動】
    ①図のように右足のひざを立てましょう。立てた右足の裏は床にぴったりとくっつけるようにして、左足は床にくっつけておきます。

    ②立てている右ひざを左足の方にゆっくりと倒していきましょう。

    ③左足の方まで倒すことができたら、今度はそのまま元の位置に戻すようにしましょう。

  • 妊娠初期の足の付け根の痛みを軽減させる運動【あぐら運動】

     

    では次に、妊娠初期の足の付け根の痛みを軽減させる運動である【あぐら運動】についてご紹介しましょう。

    ①まず、あぐらをかいて座ります。

    ②右足のひざの上に右手を、左足のひざの上に左手をおきましょう。

    ③両方の手で右ひざと左ひざを押すようにして、股関節を鍛えます。

    この運動も無理をしない程度に行ってください。

  • 妊娠初期の足の付け根の痛みを軽減させる運動【あぐら運動】

     

    骨盤の開きをよくする運動であるあぐら運動についてご紹介しましょう。

    ①まず、写真のようにあぐらをかいて、左ひざの上に右手を、右ひざの上には左手を置き、ばってんをつくります。

    ②次に、足は手の方向へ押し、逆に手は足の方へあらがうようにして押していきましょう。

    ③5秒程度押し合いをしたら、力をゆるめて5秒間リラックスします。

    この運動を数回繰り返し、骨盤の開きを良くしていきます。