脳梗塞のリスクを減らすためには?

脳梗塞は誰にでも起こる可能性がある病気です。ですがなりにくくすることもできます。今回は脳梗塞のリスクを下げる方法をまとめてみました。

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧は脳梗塞にいたる動脈硬化をきたす重大な危険因子です。1日の食事の塩分摂取量を10グラム以下に控え、適度な運動(歩くことが望ましく、量より継続が重要)が血圧を下げる効果があります。
    出典 :脳梗塞/予防にはまず日常生活の改善を
     

    運動はどんな病気の予防にもなりますね。

  •  

    軽い運動をするだけでも、かなりのリスク軽減になります。

  • 脳梗塞を予防するには、血中コレステロールを低下させ血流をよくする栄養成分を有効に取り入れることが大切です。代表的な栄養成分として、不飽和脂肪酸、タウリン、硫化アリル、食物繊維などが挙げられます。また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓予防効果が強力なので、日常的に取り入れたい食品です。
    出典 :旬の食材・健康レシピ - 脳梗塞を予防する食べ物
     

    血栓ができないように食事にも気を付けた方がよいのですね。

  •  

    納豆は他の病気の予防にもなりますが、取り過ぎはダメです。適量を守ってください。

  • 梅干やレモンなどのすっぱい食べ物に含まれるクエン酸は血液をサラサラにして脳梗塞を予防する効果がある。
    出典 :脳梗塞の予防法とは?/脳神経外科 山本クリニック 大阪市住吉区
     

    すっぱいものですかぁ、個人的に苦手なんですよねえ。

  •  

    梅干しの場合は、塩分もかなりありますので、やはり適量を守ってください。

  • 脳梗塞の原因となる動脈硬化を予防するには、食物繊維のペクチンを摂取するとよいといわれています。リンゴ、桃、いちじく、イチゴ、キウイなどにはペクチンが豊富に含まれているのでおすすめです。
    出典 :果物と健康 脳梗塞
     

    果物も予防になるのですね。

  • ネギ類は血液をサラサラにします。長ネギ、玉ねぎ、にんにくなど・・・。犬にネギ類を食べさせると、あっというまに貧血を起こして死んでしまいます。これは血液がサラサラになり過ぎて血圧が下がってしまうことのようです。
    出典 :脳梗塞予防について教えて下さい。 - Yahoo!知恵袋
     

    ネギ類も予防になるのですね。

  •  

    犬や猫には害ですが、人間には益をもらたします。

  • 肥満と喫煙は脳卒中の危険因子です。太り過ぎに注意すること、タバコと縁を切る生活を心がけることが大切です
    出典 :脳梗塞/予防にはまず日常生活の改善を
     

    タバコは健康に悪いとはわかっていてもなかなか止められないのですよねえ。

  •  

    脳梗塞が怖い方は絶対に止めた方がいいみたいです。

  • 会社勤めをしている人であれば、毎年健康診断があるでしょう。健康診断には血液検査がつきものですが、この数値を見て、高脂血症や糖尿病、高血圧などが分かります。将来脳卒中や脳梗塞を防ぐためにも、健康診断の結果で再検査と通知がきたら、そのままにせずに1度専門の医者の診察を受けましょう。治療開始が早ければ症状がなくなることもありますし、使われる薬も少ないものや弱いもので済む場合があります。治療開始が遅くなればなるほど、症状の改善が難しくなります。
    出典 :【予防】 - ストレスと生活習慣・健康診断の特集
     

    怪しいとこがないか健診するのがリスク軽減につながりますね。

  •  

    健康診断は正直面倒ですけど、リスク軽減を考えた場合は必ず受けておきたいですね。

  • 脳梗塞については水分補給を怠らないよう、
    寝る前、朝一番など必ず水分補給をしましょう。
    出典 :脳梗塞の予防として気をつけたら良い事を教えて下さい。 - Yahoo!知恵袋
     

    これは簡単にできますね。

  •  

    これなら毎日続けることができると思います。

  • 脳梗塞の最大の危険因子は高血圧。次に高脂血症(血液中のコレステロールが高い)、糖尿病。このような病気にかかっていないか時々チエックして、早めに治しておくことが、脳梗塞の予防に一番、大切。
    出典 :脳梗塞の予防法とは?/脳神経外科 山本クリニック 大阪市住吉区
     

    他の病気の治療が、脳梗塞の予防に繋がるのですね。