私の頬のしこりや痛みは何が原因で何かを受診したらいい?病名・治療法・予防法は?

頬のしこりや痛み があり何科を受診し治療などの対策を調べました。奥歯が噛むと痛みが起こり、食事しないときは痛くありません。頬のしこりは粉瘤などの皮膚の病気・歯の病気が原因などいろいろあるようです。病名・治療法・予防法は?

view261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 頬のしこりや痛みがあり何科を受診したらいいか、また治療方法はどういうものがあるか、なを調べました。
    調べたことが少しでもお役に立てれば幸いです。
    本やインターネットを使って、いろいろ調べていきました。そして知り合いに歯科医院の先生もいましたので、そのお聞きした内容です。

  • 相談

  • ◇私の状態

    「噛むと奥歯が痛みましたが、食事しないときは痛くありません。頬のしこりや痛みがあり頬を外側から押せば歯茎が痛い状態です。
    口の中から歯茎や頬の裏を確認しても特に症状は見つかりません。歯の治療を最近しましたが何も言われませんでした。

    この状態の時は、歯科もしくは口腔外科のどっちに行けばいいですか?
    また、しこりは3日前ぐらいに気がつきました。顔を洗っている時に痛みがあるのに気が付きましたが、この症状が悪化した時に癌になる可能性はありますか?」

    ◇先生の答えは
    「頬の内側に腫瘍、のう胞、ガンなど考えられます。虫歯が悪化して菌が増え、歯茎など歯の骨に根尖病変が起こると食事をとった時に神経が痛むことがあります。

    この根尖病変が悪くなってしこりができている可能性も考えられます。
    虫歯による原因なのかを突き止めるために一度、歯科を受診することが良いと思います。」という答えが返ってきました。


    ◇書籍などで調べた内容
    頬のしこりは粉瘤(ふんりゅう)などの皮膚の病気によるものと歯の病気が原因による場合など考えられます。

  • 粉瘤(ふんりゅう)とは

  • 粉瘤(ふんりゅう)とは皮膚の下にできる腫瘍のひとつでアテローム・アテローマなどと言います。

    めずらしい腫瘍(できもの)では無く、誰しも一度はなる病気のようです。よく起こる皮膚の病気で、また癌に進行するものではないとのことです。

    ◇症状
    粉瘤(ふんりゅう)は、体のどの箇所にも発症する可能性があるものです。特に顔や首など皮膚が薄い部分に多くみられる傾向です。

    皮膚に数mm~数cmのしこりができ、痛みは無いことが多いようです。細菌に感染するとしこりが大きくなり、痛みが出る場合があります。皮膚にできた袋から粥状の物が出ると独特の匂いを出すということです。

    ◇治療法
    粉瘤(ふんりゅう)の治療は、皮膚にできた袋を切除する手術をします。もし袋を取り除かなければ再発する場合があります。
    長い間そのままにしておくとコブシの大きさになるケースもあるようです。手術で取り除いた後は傷跡が目立つので、腫瘍が悪化する前に治療するのがベスト。
    もし、顔や背中などの皮膚にしこりを見つけた時は皮膚科や形成外科などを受診したほうが良い。

  •  

    頬しこり

  • アテロームと粉瘤の押し出し治療

     

    粉瘤の治療法

  • 親知らずの抜歯後にできるしこりができる場合

  • ◇抜歯後のケアを怠ると
    「骨炎(こつえん)」「急性歯槽骨炎」などの病気になり頬、歯茎に腫れができる場合があります。これらの病気にならないようにすることが大切で、抜歯後にドライソケットという状態にならいようケアをする必要があるということ。


    ◇ドライソケットとは
    歯の親知らずを抜いた後に起こりやすく、抜歯した後に穴がしっかり塞がらずに骨が、口の中にむき出しになっている状態。

    ◇症状
    抜歯後の2~3日間で痛みが出てくる。
    激しく痛むこと。
    痛みが長く続いて引かない。
    食事をとっている時に激しく痛む。

    ◇原因
    うがいを何度もしてしまう。
    何かを吸う動作をする。
    喫煙をする。
    なども考えられま

  • ◇痛みを取る方法
    痛み止めの薬を飲む方法。
    ぬるめの食塩水で抜歯後の穴を洗ってから薬を詰める方法。

    ◇悪化すると危険
    細菌感染して「骨炎(こつえん)」になる危険性がある。
    「急性歯槽骨炎」という、炎症を起こす病気になる可能性があります。骨炎になった場合は抗生物質を長期間服用することになるケースも。
    「骨壊死(こつえし)」になる危険性もあり。骨炎が悪化すると組織が腐り骨の一部を手術で取り除く場合があるということです。

    ◇予防法
    抜歯後の注意を守る。
    抜いた直後に痛みがなくても油断せずに、注意が必要。簡単に抜歯が終わった時でも油断しないようにしましょう。

  •  

    骨炎

  • まとめ

  • 頬のしこりや痛みの原因は自分で思っているよりもたくさんの可能性があることがわかりました。自分で病気を決めつけずにまず病院を受診するのが得策だということですね。気をつけようと思います。