第7の栄養素「ファイトケミカル(フィトケミカル)」

生命維持に必要な栄養ではないけれど、健康維持やアンチエイジング、ダイエットにありがたい栄養イソフラボン・ポリフェノール・カテキンにルチン、みーんなファイトケミカル。
そもそも「ファイトケミカル」ってどういうものなの?また、効果的な摂り方は?

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 第七の栄養素【ファイトケミカル】とは

  • *食物の5大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルであり、近年、食物繊維が第6の栄養素として注目を集めました。
    そして、今まで食物繊維同様、栄養素と考えられていなかった「色」「香り」「苦味」等の植物性食品の成分のフィトケミカルが第7の栄養素として取り上げられるようになりました。
    出典 :フィトケミカル|フィトケミカルの種類・食品 - 食品の栄養成分
  • 植物・科学

  • ファイトケミカルとは、植物が強い紫外線を浴びたときに発生する活性酸素や害虫による危害から身を守る為に作り出す機能性成分のことです。

    ファイトケミカル(phytochemical)のファイト(phyto)とは、ギリシャ語で【植物】を、ケミカル(chemical)は【化学】を意味しています。

    ファイトケミカルは主に植物に含まれています。野菜や果物は、強い紫外線や害虫にさらされた時、動物のように日陰に移動したり、害虫を払い除けたりする事はできません。
    その為、野菜や果物は大量のファイトケミカルを作り、身を守っているのです。



    出典 :ファイトケミカル食革命|麻布医院【ファイトケミカルスープ】|東京都港区麻布十番
  • 代表的なファイトケミカルとその種類

  • 代表的なものは5種類

  • ・ポリフェノール
    代表的なのには、赤ワインに含まれるポリフェノールですが、緑茶やウーロン茶のカテキンや大豆のイソフラボン、ウコンの色素クルクミン、ブドウやブルーベリーの色素アントシアニン、ゴマなどのセサミン等があります。
    ・カロチノイド
    緑黄色野菜や海草の色素成分であるカロテノイドは、β-カロテンやα-カロテンが知られています。
    にんじんの色素カロテンやトマト、柿などの色素リコピン、トウモロコシなどの色素ルテイン等があります。
    ・イオウ化合物
    ニンニクや玉ねぎの香り成分のアホエンやアリシン、キャベツやカリフラワー、わさび、だいこんなどのイソチオシアナート等があります。
    ・テルペン類
    テルペン類はおもにローズマリーなどのハーブなどの香り成分、レモンやカボスなどの柑橘類、イチョウ葉などに含まれます。
    ・グルカン類
    グルカンは、アガリクス、舞茸、なめこなどのキノコ類やパン酵母や黒酵母などの酵母に含まれています。
    出典 :ファイトケミカル | 成分情報 | わかさの秘密
  • ファイトケミカルの健康効果

  • 生命活動に必須ではないが、高い健康効果が

  • ファイトケミカルの健康効果
    ◎視機能を改善する効果<アントシアニン>
    ◎老化を防ぐ効果<レスベラトロール>
    ◎更年期障害の症状を改善する効果<イソフラボン、リグナン>
    ◎血流を改善する効果<ヘスペリジン、リコピン、ギンコライド、葉緑素(クロロフィル)>
    ◎肝機能を高める効果<クルクミン>
    ◎生活習慣病の予防・改善効果<カテキン>
    ◎美肌効果<タンニン(タンニン酸)、スルフォラファン>
    ◎眼精疲労を予防する効果<アスタキサンチン>
    ◎眼病を予防する効果<ルテイン・ゼアキサンチン>
    ◎ダイエット効果<ラズベリーケトン、カプサイシン>
    ◎疲労回復効果<アリイン、アリシン>
    ◎冷えを改善する効果<ジンゲロール(ショウガオール)>
    ◎血栓症を予防する効果<ナットウキナーゼ>
    ◎リラックス効果<GABA(ギャバ)、テアニン>
    ◎免疫力を高める効果<β-グルカン、フコイダン>
    出典 :ファイトケミカル | 成分情報 | わかさの秘密
  • ファイトケミカルが注目される理由

  • フィトケミカルが最も注目されている理由が、活性酸素から体を守る抗酸化作用です。
    また、フィトケミカルは、「セラミド不足を解消・再生し、肌の内側からうるおいをキープし、肌を若返らせる」として注目を集めています。


    出典 :フィトケミカル|フィトケミカルの種類・食品 - 食品の栄養成分
  • ファイトケミカルの上手な摂り方

  • ビタミンとは違って

  • ・加熱調理した方が効果を発揮するものも
    ビタミンCなどは、加熱すると栄養が損なわれてしまいますが、ファイトケミカルの抗酸化作用は、加熱による損失がないと言われています。
    火を通すことで、細胞の構造が崩れ、抗酸化物質が効率よく出て、作用を発揮します。

    ・さまざまな食品からとりましょう。
    食べ物には、1つの成分だけが含まれてるいるのではなく、さまざまな成分が入っていてお互いに助け合ったり、効果を高めたり、絡み合った関係をなしています。
    サプリメントなどで単一の成分をとるよりも、様々な食品からとりたいものです。

    出典 :3/3 第7の栄養素 ファイトケミカルって何? [食と健康] All About
  • phytoってホント優秀なんですね!