ナルコレプシーという病気について

突然眠気が襲って着きて、何度も居眠りを繰り返すナルコレプシーという病気について解説します。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 反復する日中の居眠り

  • ナルコレプシーの主症状は、日中に何度も繰り返す居眠りが、ほとんど毎日何年間にもわたって継続することです。正常の人でも、眠くなるような場面では容易に眠り込んでしまいます。例えば・・・
    出典 :�i���R���v�V�[�̏Ǐ�
  • 食後の午後の授業

  • ご飯を食べた後に眠くなる場合

  • 発現回数の少ない退屈な会議

  • 人の発言を聞くだけで、単調な会議

  • 暖房の効いたバスや電車の中で、席に座ったとき

  • 環境によって、眠くなる場合

  • 単調作業を続けているとき

  • 単調作業などで、眠くなる場合

  • 小説を読んでいるとき

  • 読んでいても集中できずに眠くなる場合

  • 一度目が覚めても2~3時間程度経過すると、再び眠気に襲われます。一度眠気を感じると、体を動かしたり、意識的に緊張したり、目覚まし法といわれることを試したしても、大きな効果はありません。
    出典 :�i���R���v�V�[�̏Ǐ�
  • 原因は?

  • こうした一見不可解な睡眠障害は、どうして起こってくるのしょうか。こうした症状がおこるメカニズム、つまり症状の機序は、ある程度明らかになっています。
    出典 :�������Y��������錴���͂܂��s��
  •  

    ナルコレプシーの人の昼間の居眠りは、基本的には健康な人の眠りと同じです。脳波で測ると健康な人の居眠りと同じ変化が起こってきますし、強い刺激を与えるとすぐに目覚めます。さらに、夜中にしばしば目が覚めるということで、ナルコレプシーは睡眠そのものが違うということではなく、睡眠のリズムに乱れがあると考えられます。

  • ナルコレプシー患者にありがちなこと

  • 基本的に休日は薬を服用しないので、土日は日中寝てしまうことが多かったです。お医者さんも「寝溜めは出来ないけど、寝不足の分は寝ることで解消される」みたいな事を言っていたと思います。
    出典 :知っているようで知らない、ナルコレプシーの真実 - KYOHON
  • ナルコレプシーの治療

  • ・生活指導

  •  

    生活指導は、睡眠記録表に24時間の睡眠、覚醒状況を記録し、医師が規則正しい生活をするようにアドバイスをします。規則正しい生活、ことに夜間の十分な睡眠時間を確保することは、症状の軽減には不可欠です。

     また、不規則な生活は日中の眠気や睡眠障害を悪化させてしまいます。できるのであれば日中の昼休みなどに短時間に目をつむり、計画的に昼寝をすれば眠気は軽くなります。

  • ・薬物療法

  • 薬物療法には精神刺激薬を用います。よく使われるのはメチルフェニデート(リタニン)という薬です。この薬は作用時間が短いため(早く代謝され体外に排泄される)、朝と昼の2回服用する必要があります。
    出典 :ナルコレプシー(睡眠障害)治療