母乳白斑の治し方は、とにかくおっぱいを吸ってもらうこと!

母乳白斑の治し方で悩んでいるママも多いかと思います。
母乳白斑は、とにかく授乳することが1番効果的な治し方なのです。

view858

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳白斑ができてしまったら・・・・

  • 白斑とは、乳頭にできる白い小さな水ぶくれのようなもので、ニキビが膿んでいる感じとよく似ています。白斑ができている時に赤ちゃんにおっぱいを吸われるととても痛いです。
    出典 :すくすく育児 なんでも情報局 | おっぱいトラブル-白斑・乳腺炎-
     

    人によって違いますが、母乳白斑になると痛みを伴うことが多いようです。

  • ネットで白斑を検索すると乳腺炎と一緒になって紹介されている場合がよくあり、混同しがちですが、白斑や白斑による詰まりと乳腺炎は違います。白斑によっておっぱいが詰まり、結果として乳腺炎になることはあると思いますが、白斑=乳腺炎ではありません。
    出典 :すくすく育児 なんでも情報局 | おっぱいトラブル-白斑・乳腺炎-
     

    母乳白斑は、乳腺炎の一歩手前の状態と言えるでしょう。
    乳腺炎にならないためにも、母乳白斑の時点で治しましょう。

  • 母乳白斑の治し方は?

  • 白斑ができた場合は、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうのがいちばんです。
    溜まり乳さんは、脇やおっぱいの下側に赤ちゃんの飲み残しの母乳が残りやすく、それが詰まりやしこりの原因となり、白斑が出来やすくなるようです。
    出典 :白斑・つまり・しこり
     

    母乳白斑の治し方として最も有効なのが、赤ちゃんへの授乳です。

  • 吸い始めはかなり傷みますが、慣れてくると痛みは多少和らぎます。
    白斑は一度できると消えるまでに1週間から10日ほどかかります。その間は痛くて辛いと思いますが、普段通りに授乳していればそのうち消えてしまいます。
    出典 :すくすく育児 なんでも情報局 | おっぱいトラブル-白斑・乳腺炎-
     

    授乳中に痛みが伴うのが母乳白斑の特徴ですが、治すためにはひたすら我慢です!

  • いつも同じ抱き方で飲ませていると、赤ちゃんが同じ乳腺からしか母乳を飲んでいないことになり、飲んでもらえない乳腺・乳管のおっぱいは腐り乳となり詰まり・しこりになってしまいます。
    出典 :白斑・つまり・しこり
     

    母乳白斑の治し方として、様々な方法で授乳することが大切と言われています。

  • 授乳中の抱き方

  • 母乳白斑を少しでも早く治すために、様々な抱き方で授乳してみましょう。

  • 横抱き
    体が密着するので安定しやすく飲ませやすい姿勢です。授乳クッションや枕を使用すると授乳しやすいです。
    出典 :授乳方法-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    こちらが横抱きです。

  • 斜め抱き
    おっぱいを支える手が横抱きと逆になります。横抱きとは吸う場所が少し違うので、横抱きで飲み残しが多くなる部分を吸ってもらえます。授乳クッションや枕などを使うと授乳しやすいです。
    出典 :授乳方法-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    こちらが斜め抱きです。

  • 縦抱き
    おっぱいが口に入りやすいので、乳首が短い、扁平、陥没の方は授乳しやすい姿勢です。赤ちゃんの口の形におっぱいを少しつぶして入れてあげると赤ちゃんが吸いつきやすいです。横抱き、斜め抱きで吸えない部分の飲み残しの予防にもなります。
    出典 :授乳方法-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    こちらが縦抱きです。

  • ラグビー抱き
    縦抱きより安定しやすいので、首がすわる前でも授乳しやすい姿勢です。飲み残しの予防や乳首が短い、扁平、陥没の方は授乳しやすい姿勢です。脇に授乳クッションを置きその上に赤ちゃんを寝かせてあげましょう。赤ちゃんの体が反ってしまわないように気をつけましょう
    出典 :授乳方法-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    こちらがラグビー抱きです。