赤ちゃんを流産しないために、妊娠前からできること

せっかくお腹に宿った赤ちゃんを流産しないために、どんなことをすれば良いのでしょうか?
実は、流産しないためには妊娠前の体作りが大切のようです。

view898

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 流産の原因とは?

  • 妊娠初期の流産の大半は、染色体異常です。
    妊娠後にどれだけ気をつけても
    これは、防ぎようがないといわれています。
    出典 :初期流産の予防: 妊娠するためにできること
     

    流産の大きな原因は、染色体にあるようです。

  • そもそも受精卵にはもともと40%程度の確率で染色体異常があるそうです。
    妊娠初期の流産原因でもある染色体異常がコレだけの確率であるということは、無事に出産ができるということは、とてつもない確率だと思いませんか?
    出典 :流産は原因などによって予防できる?
     

    流産は決して珍しいことではないようです。
    健康な赤ちゃんが産まれることがどれだけすごいことなのか、思い知らされますね。

  • 流産しないために

  • 赤ちゃんの命を守るためには、健康で丈夫な母体が欠かせません。
    妊娠前から健康な体作りを始めましょう。

  • 子宮の状態の改善
     子宮の状態がよくないと、着床できたとしても継続できません。
     化学流産しやすくなってしまいます。
    出典 :初期流産の予防: 妊娠するためにできること
  • ■葉酸は卵胞の発育環境を整えてくれるので、排卵障害の予防に。
    ■妊娠前からの葉酸摂取は胎児の先天異常を防ぐ。
    ■葉酸は流産予防の効果もあると言われている。
    ■葉酸は精子の染色体異常を予防。
    出典 :妊娠しやすく、流産しないための体づくりを
     

    葉酸は、流産しないためにも妊娠前から摂りましょう。

  •  

    これらの食品から葉酸をたっぷり摂取しましょう。

  • 卵子の老化を食い止め、生命力の強い卵子を作る 
     卵子が老化していると、受精卵に染色体異常が発生しやすくなります。
     また、冷えなどで卵巣の血液の流れが良くないと、質の良い卵子ができにくくなります。
    出典 :初期流産の予防: 妊娠するためにできること
  • ■抗酸化作用の強いルイボスティーで細胞の若返りを。
    ■卵子が若く元気だと染色体異常による流産の確率も下がる。
    ■いつまでも体内年齢を若くキープできれば、妊娠のチャンスも広がるかも!?
    ■ノンカフェインだから流産予防にも!?(カフェインの多量摂取は流産率が上がるという研究結果が・・・)
    出典 :妊娠しやすく、流産しないための体づくりを
     

    ルイボスティーは飲みやすいため、長く続けられるはずです!

  •  

    毎日の飲み物をルイボスティーに替えてみませんか?

  • 生理周期を整える
     生理周期(低温期)が長くて排卵までに時間がかかると卵巣内ですでに卵子が熟しすぎてしまいます。
     成熟しすぎた卵子だと、受精卵に染色体異常が発生しやすくなります。
    出典 :初期流産の予防: 妊娠するためにできること
  • ■マカには妊娠力をUPさせるのに必要な栄養素が色々と、バランス良く含まれています。
    ■マカは、「卵胞刺激ホルモン」「黄体形成ホルモン」を上昇もしくは維持させてくれます。
    ■女性の体だけでは無く、男性の生殖機能にも働きかけてくれます。
    出典 :妊娠しやすく、流産しないための体づくりを
     

    不妊にはマカが効くと言われていますよね。

  •  

    マカの摂取はサプリメントが効果的です。

  • ■体が冷えていると子宮内に新鮮な血液(栄養)が届きにくくなる。
    ■血流が悪くなると体の機能が低下、、、生殖機能も低下へと・・・!?
    ■下半身を冷やさない!は、妊活女子の鉄則です。
    出典 :マカで妊娠/マカの効果【流産のベイビーライオン】
     

    冷えの改善も流産予防には欠かせません。