いびきと鼻炎の関係性

鼻炎は、「いびき」の原因のひとつです。治すことでいびきが治まることもあります。

  • cross 更新日:2013/12/12

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いびきと鼻炎の関連性

  • 鼻呼吸が出来ないとなると口で呼吸せざるを得なくなりますが、この口呼吸というのがいびきを引き起こすことになります。
    出典 :いびきと鼻の関係
     

    アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、花粉症、風邪などにより鼻詰まりなどで鼻詰まりが起きてしまうといびきが起こりやすくなります。

  • アレルギー鼻炎など鼻の病気が原因でいびきをかく人がいます。
    出典 :いびきと鼻炎の手術|いびき治療方法
     

    鼻の病気は鼻づまりでいびきの原因になるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしたり、鼻炎を悪化させて蓄膿症になる、など別の病気の原因もなります。

  • 鼻が詰まっていたりするといびきをかきやすくなるのですが、病気でなくても、鼻腔が狭かったり、鼻の骨が曲がっているために鼻腔に狭い部分があったりと、鼻呼吸がしにくい状態だと、口呼吸になりやすく、いびきもかきやすくなります。
    出典 :いびきに繋がる鼻の病気4種類 | いびき対策辞典
     

    また、鼻中隔湾曲症、慢性副鼻腔炎、鼻茸、肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎などの鼻の病気は、いびきと関連深いです。

  • いびきもかいてた。たぶんただの鼻炎だと思うけど、睡眠時無呼吸症候群なら、耳鼻咽喉科にかかる必要がある。咽喉科って分かる?
  • いびきのしくみは、睡眠中は筋肉が緩みます。空気の通り道である上気道も緩むことで狭くなり、のどの粘膜が振動して音がでます。太っている人は、首やのどの周囲に余分な脂肪がついていて、上気道を狭くしてしまいます。また、花粉症・鼻炎・のどや鼻にアレルギーがある人は空気の通り道が狭くなります
  • いびきうっせえwwww鼻炎だからしかたないけどwwwwww
  • 治療方法

  • 鼻詰まりの原因となってしまっている病気を治し、鼻詰まりが解消されることでいびきが治る可能性は高くなります。
    出典 :いびきと鼻の関係
  • 鼻づまりには副鼻腔炎、蓄膿症と自宅で改善するのは難しい症状ですが、重度な症状でなければ自宅での改善方法で治すことができます。その方法とは鼻うがいです。鼻の穴を直接洗浄する改善方法、鼻うがいは効果が高い対処法。
    出典 :鼻づまりをスッキリ治す!いびき改善のポイント鼻うがい | いびき改善プログラム徹底比較
  • お手軽治療法「鼻うがい」

  • 鼻うがい

  • 鼻に注入するための液体を作ろう
    出典 :鼻うがいのやり方
     

    まずは、鼻うがいをするための注入する液体を作っていきましょう。
    水道水をそのまま鼻に注入すると、鼻の粘膜が傷ついてしまうので、これを防ぐために生理食塩水を用意します。
    食塩水の濃度は、体液と一緒である0,9%が望ましいと言われているので、25度~30度ぐらいのぬるま湯250ccに対して2g強の食塩がベストです。
    とは言え、水道水でなければ全く問題はないので、少々濃くなったり薄くなったりしても問題はないので、そこまで神経質になる必要はありません。
    体液に近い濃度にすれば、目や鼻の粘膜に触れてもしみることはないのです。

  • 食塩水を吸い上げよう
    出典 :鼻うがいのやり方
     

    水が飛び散ってしまう可能性があるため、鼻うがいをする際は洗面所やお風呂場がベストです。
    そして、作った生理食塩水を顔に近づけて、片方の鼻を指で押さえ、もう片方の鼻から吸い上げていきます。
    勢い良く吸い過ぎると、大きな刺激となって鼻を痛める可能性があるため、ゆっくりと吸い上げるようにしてください。
    慣れるまでは直ぐに出してしまっても構いませんが、慣れてきたら飲み込まないように少し息を止めて、吸い込んだ食塩水を出しましょう。

  • もう片方の鼻も行おう
    出典 :鼻うがいのやり方
     

    片方の鼻が終わったら、今度はもう片方の鼻も同じ要領で、食塩水を吸い上げていきます。
    これを合計3回~5回ほど繰り返しましょう。
    そして、鼻の周りを清潔なタオルで拭いてください。
    この時に鼻をかみたいと感じると思われますが、勢い良く鼻をかむと中耳炎の危険性があるので、軽く拭き取って鼻の中の水分がなくなったら、鼻をかむと良いです。

  • 「鼻うがいのコツについて」
    吸い込む時にあまり上を向かないようにしよう
    食塩水を吸い込む際に声を出そう
    気管に入らないようにしよう
    出典 :鼻うがいのコツ