右肩が痛いのは肝臓が弱っている証拠!こんな病気の可能性も!

右肩が痛いのは肝臓の病気のサインかも知れませんよ。
たかが肩こりと思わず、1度検診に行きましょう。

view456

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 右肩の痛みは....

  • 右肩の痛みは内臓疾患の可能性も!
    それでも右肩の同じところばかりこった感じがするのであれば、病気の可能性もあります。
    実は、右側の肩こりと肝臓や胆嚢は関係があることが分かってきているのです。
    出典 :なんで右肩ばかりこるの?もしかしたら肝臓のSOSサインかも…
  • なぜ肝臓が弱っていると右肩が痛くなるの?

  • 肝臓機能が低下すると、筋肉、腱の収縮力が低下し、硬直しやすくなります。そのため、首こり、肩こり、背痛をはじめとして、ギックリ腰、関節痛になりやすいので、右肩がつるようにこり、首の筋もこることが多い。
    出典 :肝臓病 悪いときのサイン・注意と対処
     

    右肩が痛いのは肝臓の病気の可能性があります。
    では、右肩と肝臓にはどんな関係があるのでしょうか?

  • 右側の大胸筋は、胆嚢や肝臓と神経的に繋がっています。肝臓に問題が有るときは、肝臓の上にある横隔膜が刺激されて、右肩の動きが悪くなるため右肩がこってしまいます。
    出典 :肝臓病 悪いときのサイン・注意と対処
     

    右肩と肝臓の神経が繋がっていることを知らない人も多いのでは?

  •  

    右肩の痛みが酷い場合には、内科の検診を受けてみましょう。
    もしかしたら、重大な肝臓の病気かもしれません。

  • 肝臓の病気

  • 右肩が痛いのは肝臓からのサインと考えられますが、具体的にどんな病気になっているのでしょうか?

  • 脂肪肝
    脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症とも言える状態です。肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった脂肪肝は、動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病を引き起こす恐れがあります。
    出典 :肝臓の病気|初期症状・種類・原因 - 病気・症状 チェック
     

    自覚症状は無くても、脂肪肝になっている人はたくさんいるのです。

  •  

    日頃からアルコール摂取量が多い人は、定期的な健診を心がけましょう。

  • 肝炎
    アルコール性肝炎は長い間脂肪肝の状態が続くと起こるとされています。
    アルコール性肝炎になると、肝細胞が破壊されて炎症が起こるため、全身の倦怠感や黄疸、発熱、吐き気などの症状が現れます。
    出典 :肝臓の病気|初期症状・種類・原因 - 病気・症状 チェック
     

    脂肪肝が悪化した状態が肝炎です。

  • 肝硬変
    慢性肝炎の状態が長く続くと、「肝硬変」(肝臓が小さくて硬くなる)になります。
    肝硬変は、肝臓が小さくて硬くなるだけでなく、正常に働くことのできる細胞の数が減り、肝臓の機能が失われていきます。
    出典 :肝臓の病気|初期症状・種類・原因 - 病気・症状 チェック
     

    更に悪化すると、肝機能がどんどん低下していきます。

  • 肝臓がん
    肝臓がん(原発性肝臓がん)の多くは、肝硬変を経て肝臓がんになります。
    肝臓がんになってもほとんど自覚症状はありません。
    出典 :肝臓の病気|初期症状・種類・原因 - 病気・症状 チェック
     

    沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は、たとえ重症ながんになっても自覚症状がないため発見が遅れてしまうのです。

  • 肝臓は痛くなることがないため、右肩が痛いなど異変が起きた際に検診を受けることが重要なのです。

  • 他にもある!肝臓病のサイン

  • 顔が淡黄色になる 手のひらや足の裏が黄色くなる 体中の肌が黄色くなる
    爪の色が黄色みがかる 目の白い部分が黄色くなる
    出典 :肝臓病 悪いときのサイン・注意と対処
     

    肝臓の病気のサインは、肌の色に表れることが多いようです。

  • 自律神経失調を起こして不眠に 怒りっぽくなる
    肝臓の右上部が盛り上がる 下肢がだるい
    出典 :肝臓病 悪いときのサイン・注意と対処
     

    このような体の不調も肝臓の病気のサインと言えるでしょう。