【妊娠中】猫を飼っているけど、何に気をつけるべき?

妊娠中、ペットを飼っている上で気をつけなければならないことはあるのでしょうか?なかでも猫と一緒に暮らす妊婦さんが気をつけていることとは一体何なのでしょう?ペットとその環境について、妊娠中に気をつけなければならないことについて、まとめてみました。

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 猫を飼っているけど、問題ない?

  • ペットには心も体も癒されるもの

     

    癒しの存在としてペットを飼っている人も多いのではないでしょうか?妊娠中はホルモンバランスの変化により身体も心も大きく変化するものです。その中で、いつも以上にペットの存在を癒しだと感じられるのではないでしょうか。

  • 子どもはいないけれど、猫を飼っている、という人も多いのではないでしょうか。その中で、妊娠した!という方もいるのでは?妊娠中、ペットとは今まで通りの接触をしていいのでしょうか?それとも、妊娠中はペットとの付き合い方を変えなければならないのでしょうか?妊娠中、飼い猫との関係で気をつけるべきこととは?

  • ネコに限らず、人と同じ空間に動物(ペット)がいる人の妊娠がわかると、周りから「動物を手放しなさい」といわれることが多いようです。
    出典 :妊娠したらネコはどうする?トキソプラズマ [猫] All About
  • 何となく妊娠中はお腹の赤ちゃんのことも考えて、できるだけ感染症などにかからないようにしたい、猫のいる環境よりも猫のいない環境の方が清潔面でもいいのではないか、そう考える人もいると思います。妊娠を機に飼っていた猫を手放した、という人もいたのではないでしょうか。妊娠したら、お腹の赤ちゃんのこと、自分自身の身体のことも考えて、やはり飼い猫との距離はおいたほうがいいのでしょうか?
    まずは、猫から人に移る可能性のある、感染症について。

  • 多くの妊婦さんが一番心配に思われることは、トキソプラズマ感染症でははないでしょうか。
    トキソプラズマ感染症は「人畜共通感染症=ズーノシス」のひとつです。
    出典 :妊娠したらネコはどうする?トキソプラズマ [猫] All About
  • 飼い猫から感染することもあるという、トキソプラズマ。トキソプラズマにかからないようにするにはどうすればいいのでしょう?
    まず、トキソプラズマとはどういう病気なのでしょうか?

  • トキソプラズマと言う原虫(細菌やウィルスのように小さい)が、ネコの排泄物から人に感染すると流産や奇形が生ずる、と言うものです。
    出典 :妊娠と赤ちゃんと動物と
  • 妊娠中にトキソプラズマに感染してしまうとどうなる?

  • 一度に大量に感染する→流産。
    妊娠初期に感染した場合→水頭症の赤ちゃんの可能性
    出典 :妊娠と赤ちゃんと動物と
  • 妊娠中のママにとっては、トキソプラズマはお腹の赤ちゃんに影響するとても恐ろしい病気です。飼い猫から感染する恐れがあると知っては、ペットである猫との生活をどうすればいいか悩んでしまうもの。トキソプラズマにかからないためにも、飼い猫とはどのような付き合い方をしていけばいいのでしょう。

  • トキソプラズマにならないために

  • 妊娠中も仲良く快適に過ごすために

     

    妊娠前から飼っている猫ならなおさら手放せないもの。家族の一員である飼い猫との暮らしを妊娠中はどのようにしていけばいいのでしょうか?猫を飼っている上で、妊娠中はどういう点に気をつける必要があるのでしょう?

  • 妊娠中、お腹の赤ちゃんを守るためにも、トキソプラズマにかからないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

  • トキソプラズマは妊娠中の感染が問題である。
    そうです。「妊娠中に初めて感染する」のが問題なのであって、妊娠前に感染し、すでに抗体がある場合は問題なし、なのです。
    出典 :妊娠と赤ちゃんと動物と
  • ここで重要になってくるのが、トキソプラズマの抗体検査!産婦人科で調べてもらうことができるようです。感染していなければ、出産まで感染しない、すなわち妊娠中に初感染することのないように気をつける必要があります。
    さらに、飼い猫のトキソプラズマへの感染を調べることも大切なようです。

  • もしあなたの愛猫が
    ・ 外出自由猫
    ・ 家に来てから1ヶ月以内の猫(とくに子猫)
    ・ 生肉を食べたり、ネズミやゴキブリなどの害虫を捕食したりする
    のいずれかに当てはまる場合は、動物病院でトキソプラズマ検査をしてください。
    出典 :トキソプラズマ症と猫と妊婦
  • 飼い猫のトキソプラズマ検査も同じく、感染していなければ感染しないように注意が必要です。感染していれば、特に心配はないようです。
    妊娠に関わらず守っておきたい、飼い猫との生活で必要なルールについて!日々の暮らしの中で、飼い猫との環境が良くなるように徹底しておきたい事項です。

  • 完全室内飼い
    食餌はネコ用のドライフードか缶詰のみ
    肉類を与えるときは十分に加熱する
    虫やネズミなどのほ乳類を口にしないよう注意
    出典 :3/3 妊娠したらネコはどうする?トキソプラズマ [猫] All About
  • ネコとの密接な接触(一緒に寝る,食べ物の口移し,顔を舐めさせる等)を避ける
    トイレ掃除はその日のうちに
    トイレの砂は定期的に捨て、トイレを熱湯消毒す
    トイレ掃除の時は手袋をするなど糞便を直接触らないように
    出典 :3/3 妊娠したらネコはどうする?トキソプラズマ [猫] All About
  • すでに全て実行している、という飼い主さんも多いとは思いますが、改めて確認しておくと安心ですね。トイレについては清潔が第一!妊娠中はもちろん、出産後も赤ちゃんを加えた生活を送る上で習慣づけておきたいルールばかりですね。妊娠中もママを癒してくれる飼い猫と和やかに生活を送るためにも、安心して妊娠生活を送れるよう、飼い猫との付き合い方をしっかりと学んでおきたいですね。