【妊娠中】カフェインはナゼNG?気になるその理由とは?

妊娠中のカフェインは良くないと、よく耳にします。コーヒーや紅茶、お茶にも含まれる、カフェイン。でも、一体何が問題なのでしょうか?カフェインが妊娠中の身体に及ぼす影響についてまとめてみました!

view98

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カフェインにはこんな影響が!

  • 普段口にする飲み物として、コーヒーや紅茶、お茶を挙げる人は多いのではないでしょうか?毎日飲んでいるという人も多いのでは?そんな身近な飲み物であるコーヒーや紅茶、お茶にはカフェインが含まれており、妊娠中には控えるように言われています。
    では、妊娠中のカフェイン摂取は、何が問題なのでしょうか?

  • カフェインは、流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられています。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • 胎児にも影響が!

  • ママがカフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、大人とは違いカフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまいます。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • カフェインは、母体のアドレナリンを増やし、血流を減らしてしまいます。その為、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • ママにとっては嗜好品でも、お腹の赤ちゃんにとっては負担になり、場合によっては発育不全などを引き起こすことも!
    妊娠を機に、カフェインは一切断った方がいいのでしょうか?

  • 少量なら問題ない?

  • 毎日のリラックスタイム

  • 毎日のコーヒータイムが楽しみだというプレママもいるのではないでしょうか?リラックスタイムが失われ、ストレスを感じるようでは、いくらお腹の赤ちゃんのためとはいえ逆効果。

  • カフェインは気分をリラックスさせる効果があるので、一日1~3杯のコーヒーは、妊婦のリラックスには良いといわれています。
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
  • カフェインは、過剰摂取をしなければ、直接胎児の発育や、流早産など妊娠に影響する可能性は少なく、少量であれば許容範囲と考えられています。
    出典 :3/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • 一日に何杯も飲むのでなければ、ママのストレス解消にもなり、お腹の赤ちゃんへの影響もほとんどないと考えられるようです!

  • 気になる人は、ノンカフェインを

  • コーヒーだけど、カフェインレス

  • 一日数杯のコーヒーなら大丈夫、と思ってもやっぱり気になる、というプレママには、ノンカフェインの飲み物がおすすめ!

  • カフェインの含有量の少ないもしくは含まないものとしては、ノンカフェインコーヒー(デカフェ)、ノンカフェイン紅茶、ノンカフェインコーラ
    出典 :カフェイン - Wikipedia
  • ノンカフェインコーヒーなら、カフェインを気にせず飲めるのが嬉しいですね!コーヒーだけでなく、紅茶にもノンカフェインのものがあるようです。
    ノンカフェインの飲み物も活用しながら、神経質になりがちな妊娠生活を楽しんで過ごしたいですね!