【はやい人は30代から要注意?!】老眼予防をお忘れなく

あなたは何か『老眼予防対策』をしていますか?
『老眼なんてまだまだ先!!』とタカをくくっているあなた!実は老眼は早い人では30代から症状が進行しはじめるのです。今回は『老眼』についてわかりやすくまとめてみました。

view76

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『老眼』とは?

  • 老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つ。個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。近視・近眼の方でも老眼になります。
    出典 :老眼の症状(初期症状)・予防・改善|老眼とは|目の病気・症状 チェック
     

    老眼は『近くのものが見えにくくなる』症状を指します。年配の方が、新聞の文字が読めなくて新聞を自分から遠ざけている、といった光景を見たことがありませんか?

  • 最近では、老眼と同じような症状が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。それは、読書やテレビ、パソコン、携帯電話などを見続けているために起こっています。
    出典 :老眼の症状(初期症状)・予防・改善|老眼とは|目の病気・症状 チェック
     

    『老眼の若年齢化』がある程度みられるのは仕方ないとしても『子ども』まで老眼の症状がでてしまうとは、何とも驚きですね!

  • 目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。
    出典 :老眼の症状(初期症状)・予防・改善|老眼とは|目の病気・症状 チェック
  • 歳を取るにしたがって、筋肉(毛様体)の力が弱くなったり、水晶体が硬くなるために、その調節力が衰えてくるのが老眼(老視)で、45歳前後から近くのものがだんだん見えにくくなってしまう原因です。
    出典 :老眼治療|老眼とは|レーシックのみなとみらいアイクリニック
  •  

    通常ならピントをあわせるために『水晶体』の厚みが変化し調整してくれるのですが、その水晶体が老化によりうまく機能しなくなってしまっているのです。

  • 眼の調整力とは?

  • ここで、意外と知られていない『眼の調整力』の単位についてご紹介します。

  • 目の調節力を表す単位は「ジオプター」といい、焦点距離をメートルで表した逆数をとったものです。1メートルで焦点が合えば1ジオプター、1/3メートルで焦点が合えば3ジオプターとなります。3ジオプター以上あると、本や新聞を読むなどの生活上で不便を感じません
    出典 :老眼治療|老眼とは|レーシックのみなとみらいアイクリニック
  • 子どもの頃をピークに調節力は年々減少し、45歳前後までは約3ジオプターの調節力がありますが、平均すると60歳前後で目の調節力はほとんど失われます。つまり、老眼は一生進行するわけではなく、60歳前後で止まります。
    出典 :老眼治療|老眼とは|レーシックのみなとみらいアイクリニック
     

    『老眼』はどんどん悪くなり続ける、というわけではないようですね。ですが『60歳前後で目の調節力はほとんど失われる』ということは、単に『それ以上悪くなりようがない』とも言えます。

  • 【早速はじめよう!!】老眼予防対策

  • 今回 紹介するトレーニングは水晶体体操法です。水晶体は その周りに毛様体筋という筋肉があり水晶体の厚みを厚くしたり薄くしたりしています。毛様体筋が弱くなるとこの調整がうまくいかず見づらくなります。
    出典 :老眼予防トレーニングのやり方 | トレンドライフ インフォメーション!
  • 水晶体体操は視力トレーニングの基本です。簡単に説明すると遠く、近くを交互に見るだけです。
    0、1以上の視力あれば裸眼でやります。0.1以下の方はメガネをかけてやってください。壁のカレンダーの数字でいいですから それを目標にします。カレンダーから2~3m離れます。
    出典 :老眼予防トレーニングのやり方 | トレンドライフ インフォメーション!
  • 目の前15センチのところに鉛筆を立てます。(※これは人差し指でも結構です。)そして鉛筆の先を3秒から5秒見つめます。そして次にカレンダーの数字を3秒から5秒見つめます。これを一回3分程繰り返します。これを1日3セット行います。
    出典 :老眼予防トレーニングのやり方 | トレンドライフ インフォメーション!
     

    いかがでしょう?
    一度手順を覚えてしまえば簡単なトレーニングですね!これを続けるだけで老眼進行予防になるのです。日常生活のなかに取り入れてしまいましょう。

  • 老眼予防には指圧という手段もあります。自分で行うこともできますので、空いた時間などに行うとちょっとした老眼予防にいいでしょう。まず、両眼球を両手の中指三本の指の頭で、眼底に向かって圧迫して指圧します。この状態を30秒持続します。これを3回繰り返します。
    出典 :老眼予防 | 老眼対策.net
  • 眼球は少し圧迫感を感じる程度に押しても破損はしませんので、おそるおそるすることもありません。眼球を押すことで、眼球や眼底にある網膜を圧迫すると、眼球の血行が良くなります。眼球の血行がよくなると、眼内の生理的な働きが活性化されます。
    出典 :老眼予防 | 老眼対策.net
     

    『眼球の血行』を良くすることが大切なのですね。

  • 30秒間圧迫している間に、濁ってたまっていた血液が押し出され、手を離したあとに、その部分に力の強い血液が流れ込むので、鈍くなっていた神経が活発化し、老眼や眼病などに効果があるのです。時間もかからず、手軽な老眼予防です。
    出典 :老眼予防 | 老眼対策.net