体臭予防~原因と対処法~

だれでも気になっている体臭について、その原因と対処法について解説していきます。

view241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体臭について、様々な臭いの原因があります。以下には、その原因となるものと、対処法を解説していきます。

  • 便のにおい

  • 便秘になると、体臭が臭くなると聞いたことはありませんか?
    便が腸の中に溜まっていると、便から発生するガスが体内に吸収されてしまい、
    それが汗、皮脂とが体臭になって周囲ににおいを放ちます。

  • そもそも、なぜ便のにおいは臭いのでしょうか。
    それは、便には腐敗物が含まれているからです。
    腸に長くとどまれば、その分腐敗は進み、においも強くなっていきます。
    また、よく噛まずに飲み込むと便は臭くなります。
    これは、本来なら口の中で噛むことで唾液の酵素により分解されてから胃に行くべき食物が、その段階を飛ばして胃に下ろされ、消化不良を起こし、腸で栄養として吸収されずに腐敗材料となってしまうからです。
    出典 :便のにおい|体臭の原因と予防対策
  • 便のにおい 対処法

  • 便のにおいを少しでも軽くするために、食べた物をいつまでもからだの中にとどめておかないことです。
    栄養のあるものを「楽しいな」「おいしいな」と感じながら、よく噛み味わってから飲み込んでください。
    食物繊維の豊富なものなら、自然によく噛むようになります。
    水分もたっぷりと摂りましょう。
    食事の時間は楽しい時間であるべきです。
    ストレスを感じることなく、ゆったりと楽しく食事をし、からだに栄養を十分吸収させ、よい便が出るようにしましょう。
    出典 :便のにおい|体臭の原因と予防対策
  • 足のにおい

  • 一番においに気づきやすい場所

     

    例えば、一日お出かけして靴を脱いだ時に、ムワッとしたにおいにおそわれたことはありませんか?一番においに気づきやすい場所が、足だと思います。

  • 足のにおいの出どころは、汗と角質と靴にあります。
    足についている雑菌が、この汗や、皮膚が古くなった角質、皮脂などを分解して、あのにおいを発生させるのです。
    靴を履いた足というのは、温かくじめじめしていて、雑菌が繁殖するにはもってこいの場所なんですね。
    出典 :足のにおい対策|体臭の原因と予防対策
  • 足のにおい 対処法

  • 足のにおいを抑えるには、まず足を清潔に保ち、余計な角質や皮脂、汗を残さないことです。
    お風呂で足を洗うときは、指の間までしっかり洗いましょう。
    その後は湿気を残さないよう、きちんと拭いて乾かしてください。
    汗をかいたときも同様に、できることなら靴下を脱いで足を乾かすとよいです。
    靴下はなるべく通気性のよい綿などの自然素材がよいでしょう。
    出典 :足のにおい対策|体臭の原因と予防対策
  • 体のにおい

  • 体臭が気になる

     

    汗ばむ季節になると、体の匂いが気になる人も多くなるでしょう。

  • 体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解され、発生したガス(揮発性成分)が臭うものです。汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなります。
    出典 :体臭の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 体のにおい 対処法

  • 体臭を予防するには、まず清潔を保つことが大切です。
    体調が悪くてお風呂に入れない場合はともかくとして、入浴を面倒がってお風呂に何日も入らずにいると、体中からいやなにおいがしてくるのは当然です。
    出典 :体臭予防と入浴|体臭の原因と予防対策
  • まとめ

  • 体に関係するにおいについて解説してきました。
    基本は、清潔に保つようにすることです。
    面倒くさがらずに、対処をしていきましょう。