パーキンソン病とは違う?パーキンソン症候群の治療法について

パーキンソン病の新しい治療法のニュースが最近ありましたが、パーキンソン症候群の治療法はあるのでしょうか?そのパーキンソン症候群の治療法について、まとめてみました。

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パーキンソン病の治療ができるようになるかも?

  • 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病の患者に移植する京都大の再生医療について、自分の細胞を使う場合は保険診療と併用する先進医療として平成30年度に始めることを京大の高橋淳教授が検討していることが15日、分かった。
    出典 :iPS移植でパーキンソン病治療 京大、先進医療を検討 - MSN産経ニュース
  • 患者の細胞からiPS細胞にし、移植用の神経細胞を作る場合が対象。国に承認されれば、保険診療で多くの患者が治療を受けやすくなると期待される。
    出典 :京大、iPSで「先進医療」検討 パーキンソン病治療  :日本経済新聞
  •  

    何かと話題のiPS細胞ですが、何にでもなれる細胞を作り出すことができるため、さまざまな治療法への期待が高まっています。

  • パーキンソン病は脳の神経伝達物質であるドーパミンを出す神経細胞が減ることで発症する。
    手足の震えや歩行障害などの症状が出る。国内に10万人以上の患者がいるとされる。神経細胞の減少を食い止める根本的な治療法はない。
    出典 :京大、iPSで「先進医療」検討 パーキンソン病治療  :日本経済新聞
  • 高橋教授らのチームは27年度から、パーキンソン病の患者にiPS細胞を移植する臨床研究を始める方針。iPS細胞を使ってドーパミンを放出する神経細胞を作り、患者の脳に移植する研究を進めており、これまで動物実験で効果を検証してきた。
    出典 :iPS移植でパーキンソン病治療 京大、先進医療を検討 - MSN産経ニュース
  • 高橋教授らは京大病院と連携し、15年度にiPS細胞から作った神経細胞を患者の脳に移植する臨床研究を始める計画で、来年初めに研究の実施を申請する。安全性や効果を確かめたうえで、17年度中に先進医療の適用を厚生労働相に申請することを目指す。
    出典 :京大、iPSで「先進医療」検討 パーキンソン病治療  :日本経済新聞
  • パーキンソン症候群とは?

  •  

    パーキンソン症候群とは、安静時震戦、固縮、無動、姿勢反射障害などのうち、2つ以上が認められる場合をいい、パーキンソン病の症状を持つ病気の総称です。

  • パーキンソン病の主な症状
    ・ふるえ
    ・歩行障害や筋固縮による動作障害
    ・姿勢異常
    ・精神症状
    ・嚥下障害
    ・言語障害
    ・認知症
    ・寝たきり

  • パーキンソン症候群の原因

  • パーキンソン病の原因は、現時点でハッキリと特定されてはいません。
    しかし、数々の研究により、仮説ではありますが以下のような要因が引き金になっているのでは?と考えられています。
    出典 :パーキンソン病の原因と診断のめやす
  • ・生活環境
    ・神経毒
    ・ストレス
    ・遺伝的素因など

  •  

    パーキンソン病の原因と、パーキンソン症候群の原因は異なり、パーキンソン症候群の場合には原因や要因が明確であると言われています。

  • パーキンソン病と大きく違うのは原因や要因が明確であること。その原因としては、血管性パーキンソニズム(脳梗塞などの脳血管障害)・薬剤性パーキンソニズム(抗精神病薬などの副作用)・中毒性パーキンソニズム(一酸化炭素中毒やマンガン中毒の後遺症)が挙げられます。
    出典 :パーキンソン病の原因と診断のめやす
  • パーキンソン症候群の治療

  • 唯一治療が可能となっているのは薬剤性パーキンソニズム。原因となっている薬剤の使用を中止することで、症状の改善が見られます。その他のパーキンソニズム治療は、対症療法が基本。パーキンソン病と同じく、根本的な治療方はまだまだ研究段階となっています。
    出典 :パーキンソン病の原因と診断のめやす
  • 原因となる病気が治療されると、症状が軽減または消失することがあります。パーキンソン病の治療薬(レボドパなど)は、多くの場合、パーキンソン症候群には効果がありませんが、ときとして若干の改善が得られることもあります。
    出典 :パーキンソン症候群: 運動障害: メルクマニュアル 家庭版
  • 薬剤性パーキンソニズムの治療

  • 精神安定剤や抗精神病薬(「向精神薬のいろいろ」)の副作用としておこるものです。パーキンソン病(「パーキンソン病(特発性パーキンソニズム)」)とほとんど同じ症状ですが、眼球が上転し、不規則に細かく回転する眼球回転症(がんきゅうかいてんしょう)がおこるのが特徴とされています。
    出典 :パーキンソン症候群 とは - コトバンク
  • 現在服用中の薬を点検し、まず疑わしい薬の使用量を少しずつ減量していきます。
    症状が軽減、または消失すれば、それが原因薬剤であることがはっきりします。
    原因薬剤の減量あるいは中止が治療となります。
    出典 :パーキンソン症候群 とは - コトバンク
  • 最後に

  • パーキンソン病とパーキンソン症候群は、症状は似ていますが原因は違い、治療法はまだ研究段階です。
    しかしパーキンソン病の治療方法について今回新たな発表されたように、パーキンソン症候群の治療についても今後確立されるかもしれません。