もっと抹茶を飲みましょう。

「利休にたずねよ」映画がヒット。今、抹茶が熱い!抹茶がアメリカでもヘルシーフードとして大注目。日本人ももっと抹茶を飲みましょう。というわけで、抹茶について調べてみました。

view62

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 抹茶の成分

  • カフェイン、カテキン、サポニン、テアニン、アミノ酸(グルタミン・アルギニン、ヒスチジン、メチオニン、チロシン等)ビタミン(C(アスコルビン酸)、 A(βカロチン)、B1, B2, E, K, ナイアシン)ミネラル(カリウム、カルシウム、リン、リカリウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、セレン)、フラボノイド、 ポリフェノール
    出典 :::: An Ancient Japanese Green Tea DO MATCHA :::
  • 主成分の効果について

  • カフェイン
    カフェインの主な作用として、覚醒作用・利尿作用などが挙げられます。
    カフェインは、脳の中枢神経に興奮的に作用するため、眠気を防いで知的作業能力を向上させたり運動能力を向上させたりする効果があります。

    ビタミン
    ビタミンE、ビタミンA(β-カロテン)、葉酸、ビタミンC、ビタミンB2

    ミネラル
    ヒトが内服する事で、止瀉作用や整腸作用があるといわれています。

    アミノ酸
    たんぱく質
    茶葉に含まれるたんぱく質の中で、お湯に溶けてうまみを形成するのがアミノ酸です。

    カテキン
    血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗う蝕、抗アレルギー作用など様々な効能が報告されています。昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。

    サポニン
    抗カビ作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・血圧降下作用・肥満防止作用・抗インフルエンザ作用などの有効性が確認されています(伊藤園の中央研究所の調査による)。
    出典 :抹茶の効能・成分|抹茶の豆知識
  • 特筆すべきは、カテキン

  • 抹茶に含まれるカテキンは、注目の抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的です。

  • 殺菌効果で外敵をシャットアウト(カテキン)
    メタボリズムを活性化して、肥満細胞を除去・ダイエット効果でウェイトロス(カテキン)
    出典 :::: An Ancient Japanese Green Tea DO MATCHA :::
  •  

    ランニングの前に飲むセレブもいるとか…

  • カテキンは虫歯予防に効果的
    虫歯予防、抗菌作用
    出典 :お茶の成分と健康性|お茶百科
  • 抹茶の製法

  • 新芽が吹く4月上旬、茶園全体に「寒冷紗」(かんれいしゃ)という黒い覆いを掛けます。

    摘まれた新芽はすぐに荒茶工場に運ばれ、乾燥茶に加工されます。新芽は、蒸して発酵を止めることにより鮮やかな緑色を少しでも長く保つことができます。その後、大型乾燥機でゆっくりと水分を取り除き乾燥茶になります。この状態を荒茶と呼びます。

    荒茶から茎、葉脈を取り除き、葉の部分のみを取り出して碾茶を精製します。

    花崗岩でできた茶臼によって、碾茶を挽きます。わずか数ミクロン(※1)という微粉末状に仕上がります。
    出典 :創業明治21年抹茶文化を世界へ発信する株式会社あいやのスイーツブランド西条園
  • 抹茶と煎茶の違い

  • 煎茶は摘んだ茶葉を蒸し、熱を加えながら揉むことによって風味を出しています。

    一方抹茶は、茶葉を粉末にしたものということでよく知られています。
    出典 :煎茶と抹茶
     

    煎茶は揉んでつくられるが、抹茶は茶葉に日光をあてない期間をつくる上に揉まないのです。
    この日光をあてないことで、カテキンが増すと言われています。

  • さらに…

  • 煎茶は、茶葉から抽出されたものを頂きますが、抹茶は、葉そのものを頂くことで、茶葉の成分を無駄なく摂取できるというわけです。

  • 抹茶のメニュー色々♪

  • 抹茶フォンデュ

  • 抹茶ヨーグルト

  • プロテインに入れたり、もちろん抹茶オレもおいしいですね。