無理をしないで!産後うつはママの心のSOS

待望のベビーにほほえみながら、ついつい頑張りすぎてしまうママが増えています。頑張りすぎて産後うつになってしまっては、本当に心から幸せをかみしめられないですよね。ママの心の健康にも目を向けて、知っておきたい産後うつについてご紹介します。

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後うつとは??

  • 出産によるホルモンバランスの激変により、産後すぐから涙もろくなったり、理不尽ないらだちを感じたり、これからの子育てに不安を感じるなどで気分がふさぐ状態。ホルモンは産後1~2週間で妊娠前の状態に戻り、精神的にも落ち着いてきます。
    出典 :マタニティブルー・産後うつ|プレママタウン
     

    マタニィティブルーとも呼ばれることがありますが、マタニィティブルーは一過性の症状です。出産を経験した3割以上の方が自覚症状もあるほど、誰でもなりうる可能性があります。時期や回復もバラバラで個人差の大きい症状です。

  • 出産直後からなんでもないことで、泣いたり落ち込んだりしました。自然に3カ月後頃には治りました。
    出典 :マタニティブルー・産後うつ|プレママタウン
     

    出産後ホルモンバランスが落ち着くと回復に向かうようです。

  • カワイイ赤ちゃんとご対面! そこからが悪夢の始まりでした…。
    どうして、こんなにつらいんだろう?
    どうして、こんなに悲しいのだろう?
    心の中が焦りと罪悪感でいっぱいで、どうしようもない。
    出典 :産後うつの傾向と対策
     

    中にはこんなご意見も。無理をしないで、誰かに助けを求めることも大事です。出産をして、「幸せじゃないといけない」とがんばりすぎないで!育児は誰でも大変です。みんなが、大変だなぁと感じて当たり前なほど、ママ達はみんながんばっています。

  • 産後うつは、防げるの?

  • 産後うつ病の原因については分かっていないことが多く、予防の方法も確立されていません。
    出典 :The page cannot be displayed
     

    しかし、なりやすい傾向はつかめています。多くの場合が、育児に対する理想と現実のギャップの中で頑張りすぎてしまうことと、育児に対する支援が少なく不安になることが原因と考えられています。

  • 赤ちゃんが寝たら一緒に寝るなど休める時には休むようにしましょう。完璧でなくても子供はしっかりと育っていくのです。
    出典 :産後うつ病の対策
     

    何より頑張りすぎてしまうことが一番の原因です。出産という大きな仕事を終えた後ママだって休養があってもいいんです。

  • 友人や家族が助けてくれるのであれば、それを受け入れる。
    出典 :The page cannot be displayed
     

    人からの意見はなかなか受け入れがたいものです。しかし、「手助け」をしてくれるものについては、受け入れてもいいのではないでしょうか?一人で頑張るより、楽しくなるかもしれません。悩んでいる人は一度、手を差し伸べてくれる誰かを頼ってみてはいかがでしょう。

  • こんなあなたは要注意です。

  • 完璧主義  まじめ  努力家  責任感が強い
    性格的にがんばりすぎてしまう人ほど、育児も家事もひとりで抱え込み、うまくいかないと自分を責めてしまいがち。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
     

    こんあ人は要注意です。育児に正解はありません。子どもの幸せはもちろん、ママだって幸せでいられることが一番の正解です。

  • 出産したら以前より○○しなくなった人は注意!

     

    メイクやお洒落、料理など今までは、楽しく出来ていたことが
    出来なくなっている人は、産後うつの黄色サイン。
    気持ちが落ち込んで、心がSOSを出しているのかもしれません。

  • ママだけじゃない、パパも気をつけてほしいこと

  • 一番身近なパパの支えが大切です。

     

    ママのSOSに一番に気づいてあげてほしい人はやっぱりパパ!
    どれだけ仕事が疲れていてもママとの会話を一日のなかで必ず何十分か取れるように心がけてほしいものです。

  • がんばりやさんのママは「がんばって」と励ますと、よけいにがんばってしまう傾向が大。それよりも、「いつもありがとう」とあたりまえの感謝の気持ちを、ちゃんと言葉に出して伝えることが大事です。
    出典 :パパも読んで! ママたちの心をレスキュー! - gooベビー
     

    パパは仕事を頑張っているんだから、ママは家庭のことと育児を頑張ってほしい。なんて気持ちの強いパパは要注意。子育ては誰もが初めての経験ばかりです。仕事以上にハードワークをママに「当然」と思わせないであげられる心配りが重要です。

  • 「子はかすがい」と、昔からいいますが、「かすがい」には二つの引き戸が必要です。
    出典 :産後うつの傾向と対策
     

    一人じゃ乗り越えられなくても二人で、もしくはみんなで力を合わせれば、きっと大丈夫。
    一人で悩んで、頑張りすぎているママは、素直に甘えてみませんか?