【セレブ】マドンナはマクロビオティックダイエットで美ボディを維持!

マドンナの年齢を感じさせない美ボディの秘訣は、「マクロビオティックダイエット」だった!

view280

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マドンナ

     

    マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ(本名:Madonna Louise Ciccone、1958年8月16日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身のポピュラー音楽のシンガーソングライター、女優、映画監督、文筆家、実業家。身長164cm。愛称は代表曲から来た「マテリアル・ガール (Material Girl)」、または「ポップスの女王」とも言われる。
    出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%8A_(%E6%AD%8C%E6%89%8B)

  • 50過ぎてもマッチョな身体を維持し、更年期を感じさせないのは、ありとあらゆるメソッドによって体質が変わったからだと思うの。なかでも彼女の身体作りの基盤で、もっとも長続きしているマクロビ食生活があるから代謝がよくて、エイジレスなのかもね~。
    出典 :【ELLE】マクロビ生活に支えられる驚異のボディ|エル・オンライン
  • マクロビオティックとは?

  • マクロビオティックとは、古代ギリシャ語の「macro」(大きな)、「bio」(生命の)、「tic」(方法)を合わせた造語で、言葉通り「長く有意義に生きる方法」を指す。その方法とは「宇宙の法則に従って生きること」であり、これを実践するには「正しい食事」が最も重要であるというのが基本概念だ。
    出典 :西邨まゆみさんインタビュー - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト
  • 具体的な食事方法は?

  • 基本は前述の陰陽の法則と身土不二。万物には陰と陽の性質があり、食べ物も然りであるから、陰陽のバランスを考えた食事が大切と考える。日常の食事は、玄米や雑穀、野菜、豆、海草が中心。砂糖、化学調味料、乳製品、肉は避け、なるべく自分の生活する土地の近くで穫れた有機栽培の食材を使う。つまり伝統的な日本の食事スタイルに近い。
    出典 :西邨まゆみさんインタビュー - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト
  • ①1日に食べる食品の割合

     

    主食は、米を中心に、そばや麦、ひえ、あわ、きびなどを5割
    副食は旬の野菜や海草が3~4割
    魚介類が中心の動物性食品は1~2割
    出典:http://no-diet.jp/column/048.html

  • 玄米を食べる

     

    陰陽調和の考え方でも中庸である玄米は、マクロビオティックの基本です。玄米のヌカ層や胚芽にはビタミン、ミネラルなどの栄養素が多く含まれており、食物繊維も豊富なため腸の働きがよくなります。主食を切り替えることは大変に思うかもしれませんが、スタートは毎日でなくても少しずつ玄米を取り入れてみてはいかがでしょうか。炊くのが大変な方は、レトルト玄米ごはんを活用するなど、気軽に始めてみましょう。
    出典:http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/start.html

  • <圧力鍋で玄米を炊く方法>

  • 玄米は炊くのに時間や手間がかかる、というイメージが強いかもしれませんが、慣れてしまうと簡単です。もちろん炊飯器や土鍋でも炊けますが、圧力鍋で炊くともっちりしておいしく炊けます。
    出典 :始めてみましょう | チャヤ マクロビオティックス
  • 1.玄米のもみ殻やごみを取り除いた後、ボウルに玄米と水を入れ、手をこすり合わせるようにして玄米をやさしく洗います。水を3~4回取り替え、ざるに上げます。

    2.1を圧力鍋にいれ、玄米の1.3~1.5倍の水を加えます。塩をひとつまみ入れ、蓋をして中火にかけます。

    3.圧がかかったら、火を弱めて20~30分炊きます。

    4.火を止めて、15分蒸らして出来上がりです。
    出典 :始めてみましょう | チャヤ マクロビオティックス
  • ②調味料について

     

    食品添加物などの化学物質が入った食品は避け、調味料は伝統製法で無添加のものを使用。素材はできるだけ無農薬や低農薬、有機農法の作物を選び、白砂糖(精製された砂糖:上白糖など)は使いません。
    出典:http://no-diet.jp/column/048.html

  • だしの取り方

     

    マクロビオティックでは、昆布と干し椎茸のだしを使うことが基本です。料理にコクと深みを与えてくれるだしは、お味噌汁やおひたしなど、色々な料理に活用できます。ここでは、簡単な「水出し法」と「煮出し法」をご紹介します。他にも、白砂糖不使用の野菜ブイヨンを活用することも便利です。
    出典:http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/start.html

  • <水出し方法>

  • 1 清潔な密閉容器に水2カップ、さっとふいた5×10cmの昆布、干し椎茸2枚を入れます。
    2 冷蔵庫に入れ、6時間~ひと晩おいて完成です。
    [保存について]冷蔵保存し、翌日使い切りましょう。
    出典 :始めてみましょう | チャヤ マクロビオティックス
  • <煮出し方法>

  • 1 鍋に水2カップ、さっとふいた5×10cmの昆布、干し椎茸2枚を入れ、中火にかけます。
    2 煮立つ寸前に昆布を引き上げます。
    3 更に10分後に椎茸を引き上げて完成です。
    [保存について]完全に冷めたら清潔な密閉容器に
    入れて冷蔵保存し、早めに使い切りましょう。
    (消費期限の目安:3~4日間)
    出典 :始めてみましょう | チャヤ マクロビオティックス
  • ③食べる時の注意

     

    1回に50回噛みましょう。噛むことで、食べ過ぎを防ぐこともできます。
    腹八分目にし、寝る前の3時間前には食事を終わらせ、何も食べないようにしましょう。

    出典:http://no-diet.jp/column/048.html